305件のデータが見つかりました
 

グリーンなお魚が買えるお店はどこ?「グリーンお買い物ガイド」の便利な使い方「お店検索」編

ブログ海洋生態系担当 田中 | 2014-02-04

こんにちは、海洋生態系担当の田中です。子ども達の食卓にも、魚を残したい。消費者として何かしたいけど、どうしたら良いかわからない・・そんな声にお応えしたアプリ「グリーンお買い物ガイド」、もうダウンロードはお済みですか? 「グリーンお買い物ガイド」ダウンロードは こちら から 前回のブログ ではアプリの便利な使い方として、実際にお店で魚介類を選ぶとき、「魚の数」(その種類が減っているかどうか)と「資源管理」(次の世代も魚介類を食べ続けることができるように管理...

【学校訪問】海の問題について考えてみよう

ブログ海洋生態系担当 田中 | 2014-04-17

こんにちは、海洋生態系担当の田中です。 今週、海洋生態系チームは清泉インターナショナルスクールの7歳から8歳のクラスで出張授業を行いました。 まず、海洋生態系担当の花岡和佳男から、海で起きている問題についてお話しました。 その後、問題を理解し、解決策について考えるために、フィッシング・ゲームを行いました。   <フィッシング・ゲームのルール> ● 各チームがそれぞれの漁船に乗って漁に出ます。 ● 1回の漁では、最多で2匹の魚を獲る...

土用の丑の日 – EEL DEAL-

ブログ海洋生態系担当 田中 | 2014-07-29

こんにちは。海洋生態系担当の田中です。 ついにやってきました土用の丑の日! 世界のウナギ生産量の70%を消費する日本。 そのうちの4割が今日1日で食べられています。 毎日毎日蒸し暑い。夏休みの子どもがうらやましい。会社に行きたくない・・。 今日は、夏バテ気味の企業戦士がこぞってウナギを食べる日です。 ところで、目の前の「蒲焼」についてあなたはどこまで知っていますか? 日本で消費されてきたウナギの99%は絶滅危惧種!   ...

マグロが絶滅しそうって本当なの?漁師さんたちに聞いてみた。

ブログ海洋生態系 田中 | 2014-08-23

みなさん、こんにちは。海洋生態系担当の田中です。 築地のマグロ仲卸業者、和歌山県那智勝浦の水産会社、漁師の方々に太平洋クロマグロ(本マグロ)の問題について「現場の声」を教えていただいたインタビューが本日公開となりました。  こちら からもご覧になれます。 いま、私たちが食べているマグロがどんどん絶滅危惧種になっています。   太平洋クロマグロは初期資源の約4%まで減ってしまったといわれています。つまり、私たちが日常的にマ...

規制の抜け穴? メキシコからの輸入に見る太平洋クロマグロの未来

ブログ海洋生態系担当 小松原和恵 | 2014-10-22

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。みなさま、10/16(木)に公開しました、オーシャンチームのウェブページ「 太平洋クロマグロ “未来を貿易する” 大手商社・水産会社 」はもうご覧いただけましたでしょうか?   9月に開催されたWCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)北小委員会にて、2015年以降の太平洋クロマグロの未成魚漁獲量半減(2002₋04年平均比)が決定したことは記憶に新しいかと思います。 私たちグリーンピースも、この決定を...

IATTCの結果出ました!さて、あなたは何をしますか?

ブログ海洋生態系担当 小松原和恵 | 2014-11-05

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。ついに東部太平洋における太平洋クロマグロの保存管理措置が決まりました。水産庁の発表によると、2015年および2016年の総漁獲枠は年間3,300トン、うち未成魚(30kg未満)の漁獲量を全体の50%である1,650トンに減らすよう努力することで合意に至りました。全体としては、現在の漁獲枠 (5,500トン) から40%削減になりますが、早急な対策が求められている未成魚の漁獲は、「努力目標」の設定にとどまりました。   ...

常夏の島、サモアからこんにちは!

ブログkkomatsu | 2014-12-01

海洋生態系担当の小松原です。今日から始まった、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)に花岡と一緒に参加しています。   ところで、みなさんサモアがどこにあるかご存知ですか?フィジーやツバルの近くに位置するポリネシアの島国の一つです(鳥取県ぐらいの大きさらしい)。 日本からは直行便がないため、オークランド(ニュージーランド)経由で来たのですが、成田で悪天候のため、離陸まで機内で3時間待機、さらにオークランドでは飛行機が5時間も遅れて、宿泊先にたどり着いた...

ノーモア乱獲@サモアWCPFC

ブログ花岡 和佳男 (海洋生態系担当) | 2014-12-03

こんにちは。海洋生態系担当の花岡和佳男です。 サモアで開催されている第11回WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)年次会合に参加しています。今日は3日目。   WCPFCって? WCPFCは名前の通り、中西部太平洋おけるマグロ類等の国際的な資源管理をする機関。その年次会合は一言で表せば、遠くから漁場にやってきて魚を獲る国(日本、韓国、中国、台湾など、いわゆる「遠洋漁業国」)の政府代表団と、漁場を排他的経済水域(EEZ)内に持つ国(島...

葛西臨海水族園だけじゃない?!海の中のミナミマグロもピンチ!パブコメに参加しよう!

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-01-23

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 葛西臨海公園のマグロたちが大量死のニュース見ましたか? 水族園によると、69匹いたクロマグロは1月20日には3匹になってしまったそう。ガラーンとした水槽の映像を見ると、なんともいたたまれないキモチになりますね。 この物悲しい水槽ですが、海の中のマグロたちもまさに同じ状態。水槽のマグロたちの死因にはウィルスが関係しているかもしれないと、一部報道されていますが、海からマグロたちがいなくなっているのは、...

出張授業 in 海浜幕張: 海の問題について中学生と一緒に考えてきました

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-02-19

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 2月17日、渋谷幕張中学校の国際コースで出張授業をして、海の問題について生徒さんたちと一緒に考えてきました。   今回、授業の一貫で捕鯨についてのゲストスピーカーとしてお呼びいただきました。教壇に立つのは今回がはじめて。生徒さんの鋭い質問にタジタジする場面もありましたが、オーストラリアの大学院で学んだことも動員し、私の専門分野である生態系保全の観点からお話しをしてきました。 ...

めひかりサミット in 福島。 目からウロコの魚トーク

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-03-12

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 先週の土曜日、福島県いわき市にある水族館、アクアマリンふくしまにお邪魔して、第9回めひかりサミットの講演を聞いてきました。   いまグリーンピースのオーシャンチームは、東京がオリンピックを迎える2020年までにサステナブル・シーフードのスタンダードを確立しようと奮闘しています。   2016年のリオデジャネイロ五輪は、選手村などで提供するシーフードは持続可能なものに限ると宣言して...

こいのち × グリーンピース。トークイベント参加報告(オーシャン編)

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-04-17

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 先週末 4月11日(土)、世田谷こどもいのちのネットワーク(通称:こいのち)とのコラボイベント「おさかなクンだいじょうぶ?」にゲストスピーカーとして食と農業担当の関根と一緒に参加してきました。(農産物編は こちら ) ご参加下さったみなさま、この場をお借りしまして、改めてありがとうございました。   オーシャンチームは、過去の放射能汚染についての活動紹介と過剰漁業の問題についてお話しをしました...

5月10日は母の日!お母さんマグロにも愛の手を!

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-05-07

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 今週の日曜日は母の日ですね。もう素敵なプレゼントは用意しましたか? 私も準備バッチリです! 今日は母の日にちなんで、お母さんマグロについて考えてみたいと思います。 突然ですが、「マタニティマーク」をご存知ですか? 妊産婦さんが付けることで、電車で席を譲るなど、周囲の人が配慮しやすくすることを目的としたマークです。 太平洋クロマグロの保護措置を訴えているグリーンピースですが、産卵期のお母さんマグロたち...

SAVE MY BABY: 今年もはじまっちゃった日本海太平洋クロマグロ巻き網漁。なんで禁漁期間ないの?

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-06-04

こんにちは。子どもを産まないで数が増えるサカナがいたら教えてほしい、海洋生態系担当の小松原です。 今日は日本海での太平洋クロマグロの巻き網漁について考えてみます。   ニュースでも流れてますが、5月下旬から日本海での巻き網漁がはじまりました。なんでこの話題にピリピリしているかというと ・太平洋クロマグロの産卵場は日本の海にある(日本海、南西諸島) ・今はまさに産卵期(4-7月) ・なのに、産卵期の太平洋クロマグ...

ひと目でわかる エコな海への道のり

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-06-15

こんばんは。海洋生態系担当の小松原です。 私たちグリーンピース・ジャパンの「海をまもる」のページがリニューアルしました!新しいページでは、私たちオーシャンチームが日々奮闘している「過剰漁業」の問題を「パッ」と見てわかるようにご紹介。 私たちオーシャンチームは、海を脅かす環境問題のなかでも、特にこの「サカナの獲り過ぎ」問題が引き起こす海洋生態系への影響を心配しています。解決するためのキーワードは「持続可能」。毎日の生活には関係なさそうに聞こえますが、...

SAVE MY BABY: 見て見ないふり、かっこ悪くないですか?

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-06-29

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。以前の ブログ で、 産卵 しに 日本海 に戻ってきた 太平洋クロマグロ (本まぐろ)の お母さんたち が 一網打尽 にされている実態について紐解きました。今日は 私たちとのかかわり について書いてみます。   お母さんマグロの行きつく先は、あなたがいつも行くスーパーやデパートだった 初夏 のこの時期、 スーパー や デパートのお魚屋さん で ...

東北の若手漁師集団、フィッシャーマン・ジャパンのイベントに参加! 〜水産業界をカッコ良く未来につなげる〜

ブログ広報担当 土屋亜紀子 | 2015-07-16

本日のオーシャンブログは、食べるの大好き!広報担当の土屋がお届けします。 先週、東北からかっこいい漁師さんたちが集まり、しかも美味しい魚が食べれるイベントがあると聞きつけ、早速現場に行ってきました。 美しい!銀鮭とホヤの解体ワークショップ イベントはその名も「銀鮭&ホヤ漁師カフェ 〜都心で漁師と語りながら魚を食べる夜」。 現役の漁師さんから銀鮭とホヤの生態を学んだり、解体ワークショップ、漁師料理を食べることができます。 ...

連投ブログ最終日 −ウナギお怒り編

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-08-05

こんにちは、海洋生態系担当の小松原です。 ついに今日は今夏 2 回目の土用の丑ですね。お夕飯のお買い物に行く前に読んでほしいな、ウナギのブログ第三弾・最終日。今日はスーパーとあなたのお話です。 実は、今年も大手スーパー 15 社にご協力いただいて、ウナギ DNA 検査とアンケート調査を行いました。あなたのお近くのスーパーは、絶滅危惧種のウナギたちをいっぱい売ることをどう思っているのでしょう?   ...

マグロ漁が抱える問題〜グリーンピース事務局長のブログご紹介

ブログ海洋生態系担当 吉野良子 | 2015-08-13

はじめまして。新しくグリーンピース・ジャパンの海洋生態系担当となりました吉野良子です。どうぞよろしくお願いいたします。 今日は、グリーンピース・インターナショナル事務局長 クミ・ナイドゥ(Kumi Naidoo)のブログをご紹介したいと思います(原文でご覧になりたい方は こちら をどうぞ)。 少し長いですが、マグロ漁が抱える問題がわかりやすくまとめられています。その上で、私たち一人一人の力は小さいかもしれないけど、小さな力が集まれば、大きな変化をもたら...

虹の戦士号がゆく。マグロ産業に革命を!

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2015-08-26

こんばんは。海洋生態系担当の小松原です。 相も変わらずテーマはマグロですが、今日は日本の近くを離れ、遥か遠く太平洋の南側で起きていることをお伝えします。ナビゲートしてくれるのは、私たちオーシャンチームのシンボルでもあるグリーンピースの船の一隻、虹の戦士号と私の同僚のクルーたち。 彼女らは、7月31日にニュージーランドのオークランドを出発し、今この瞬間も太平洋を航行中です! 世界最大かつ最深の海、太平洋は世界最大のマグロ漁場でもあります。今回が6度目とな...

61 - 80305の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50