581件のデータが見つかりました
 

第7回目調査

記事|2011-10-05 15:07

福島第一原子力発電所の事故により海洋に流出した放射性物質の海産物への影響を調べるために2011年9月13日~9月14日に行ったサンプリング調査の報告です。

第6回目調査

記事|2011-09-15 17:30

福島第一原子力発電所の事故により海洋に流出した放射性物質の海産物への影響を調べるために2011年8月21日~8月22日に行った調査の報告です。

第4回目調査

記事|2011-08-16 11:00

福島第一原子力発電所の事故により海洋に流出した放射性物質の、海産物への影響を調べるため、2011年7月22日~7月24日に行った、調査報告です。

配布資料 「海洋調査の申請に関連する日本政府の対応について」

記事|2000-05-01 0:30

2011年5月1日 記者会見 「海洋調査の申請に関連する日本政府の対応について」

海洋調査の申請に関連する日本政府の対応

記事|2011-05-01 0:30

2011年5月1日 記者会見 「海洋調査の申請に関連する日本政府の対応について」

2016/09/21 オンライン署名『命の楽園をまもって』9月21日開始〜「国際平和デー」、辺野古新基地建設と高江ヘリパッド建設の中止を求めて〜

プレスリリース|2016-09-21 14:00

国際環境 NGO グリーンピース・ジャパンは、国連が定めた平和の記念日「国際平和デー」の本日21日、平和への希求と、辺野古新基地建設及び高江ヘリパッド建設の中止を求めて、『命の楽園をまもって Voices from Eden』オンライン署名を開始しました。

2016/10/18 共同声明:IWC66スロベニアに向けて

プレスリリース|2016-10-18 12:30

10月20日から28日にかけスロベニアで開催される国際捕鯨委員会(IWC)の第66回総会に向けて、私たち、イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク、国際環境保護NGOグリーンピース・ジャパンを含む国内NGO16団体は、以下のことを日本政府に求めます。

2016/11/18 抗議声明:南極海鯨類捕獲調査に反対する

プレスリリース|2016-11-18 20:00

イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

2016/12/02 共同声明「日本政府の新北西太平洋鯨類捕獲調査計画(NEWREP-NP)の撤回を!」

プレスリリース|2016-12-02 13:00

日本国総理大臣 安倍晋三殿 農林水産大臣 山本有二殿 水産庁長官 佐藤一雄殿 日本政府がこの11月8日、国際捕鯨委員会科学委員会(IWC SC)に提出した新鯨類捕獲計画(NEWREP-NP)は、国際捕鯨委員会(IWC)の決議を無視し、またオホーツクの希少個体群の捕獲許可は、政府の主張する「持続的な利用」に疑問を抱かせるものです。早急な撤回を求めます。

2017/02/07 声明:日本政府は「アメリカ・ファースト」ではなく「沖縄民意ファースト」をーー辺野古海上工事再開に抗議

プレスリリース|2017-02-07 22:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、7日、防衛省沖縄防衛局が名護市辺野古の新基地建設に向け、汚濁防止膜固定のためのコンクリートブロックの海底への投下を開始したことを受けて、下記の声明を発表しました。

2017/07/21 グリーンピース声明:北極海を守る活動で司法判断ーーロシア政府に約540万ユーロ(約7億円)の賠償命令

プレスリリース|2017-07-21 12:00

国際環境NGOグリーンピースは7月18日、北極海でのロシアの油田開発に船で抗議していた同団体の活動家ら30人がロシア政府に逮捕された事件で、国際裁判所が同日、ロシア政府に対して損害賠償金約540万ユーロ(約7億円)をグリーンピースの船籍国であるオランダ政府に支払うようロシア政府に命じ、海上での平和的な抗議活動の権利を再確認する司法判断を下したことを受け、以下の声明を発表しました。

沖縄・高江:命の森からの伝言

記事|2016-10-16 17:00

沖縄・那覇から車で県道70号線を北上するとうっそうとしたスダジイ、ウラジロガシなどの自然林が広がる。やんばるの森だ。雨あがりの森の中は緑の粒子が飛び交っているようだ。ヤンバルクイナやノグチゲラなど、天然記念物に指定されている貴重な動植物が生息する。

2015/11/25 プレスリリース:グリーンピース国際署名「辺野古・大浦湾を海洋保護区に」 ーー合計28,759筆を安倍晋三首相宛てに提出

プレスリリース|2015-11-25 13:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日11月25日、国際署名「辺野古・大浦湾を海洋保護区に」(英語名 “Save The Dugongs”)」28,759筆を海外から集め、安倍晋三首相に宛てて防衛省普天間代替推進グループに提出しました。 =English Below=

2015/11/13 【NGO共同声明】 国際司法裁判所強制管轄権受諾宣言の修正と調査捕鯨新計画実施の撤回を

プレスリリース|2015-11-13 14:00

【NGO共同声明】 国際司法裁判所強制管轄権受諾宣言の修正と調査捕鯨新計画実施の撤回を

2015/09/15 グリーンピース:虹の戦士号、太平洋で違法操業の台湾船を報告 ーー台湾政府に違法漁業の取り締まり強化を求めて

プレスリリース|2015-09-15 16:10

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、グリーンピースの船「虹の戦士号」が9月10日(火)にパプアニューギニアの周辺海域で違法操業する台湾籍のマグロはえ縄漁船(Shuen De Ching No.888,詳細は注1)を発見したことを受け、台湾政府に違法漁業の取り締まり強化を求めました。

2016/01/27 「お魚スーパーマーケットランキング5」発表:イオン首位維持、持続可能なビジネスモデルへの転換が急務

プレスリリース|2016-01-27 12:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、国内大手スーパーマーケット5社(イオン、イトーヨーカドー、西友、ダイエー、ユニー)に対し行ったアンケート調査をもとに、魚介類の調達方針の持続可能性を評価する「お魚スーパーマーケットランキング」の第5版を発表しました(注1)。アンケートは2015年12月18日から2016年1月8日にかけて実施し、5つの質問項目(過剰漁業における「問題意識」、取り扱う魚介類の「調達方針」、「持続可能性」、「トレーサビリティー」、「情報公開」)を調査しました。今回の...

2015/8/28 共同声明 希少なアイスランド産ナガスクジラの鯨肉輸入を憂慮する(イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン)

プレスリリース|2015-08-28 15:00

大阪港使用状況によると、今月30日にアイスランドからナガスクジラの肉1815トンを積んだ船(WINTER BAY)が大阪港に到着します。昨年、アイスランドで捕獲された137頭すべてです。ナガスクジラは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストの絶滅危惧種に分類され、ワシントン条約では付属書Iに掲載をされているため商業取引を禁止されていますが、アイスランド国内では食習慣がなく、もっぱら日本向けに捕獲しており、アイスランドも日本も、「留保」という手段によって取引しています。

沖縄・辺野古:不屈のストーリー

記事|2015-01-22 16:00

絶滅が危惧されるジュゴンやウミガメが生息する沖縄・辺野古の海。アオサンゴ群衆もある自然豊かな大浦湾が、米軍普天間飛行場の移設にともなう新基地建設のために、今にも埋め立てられようとしています。

一週間、魚食べずに過ごせる?-署名

アクション|2013-02-07 13:30

「1週間、魚を食べずには過ごせない」あなた! 実は1週間どころではなく、ずっと食べられなくなるかもしれない事をご存知ですか?それも遠い「いつか」ではなく、私たちや子どもの世代のうちに……。

2018/04/11 NGO共同声明:ワシントン条約を遵守し、イワシクジラの流通を停止することを求めます

プレスリリース|2018-04-11 12:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、本日4月11日、NGO14団体と共に、ワシントン条約を遵守し、イワシクジラの流通停止を求める下記の声明を発表しました。

81 - 100581の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50