こんにちは。

事務局長の佐藤潤一です。

突然ですが、本日、6月23日から約3ヶ月間、育児休暇を兼ねたサバティカル“休暇”をいただきます。

サバティカル休暇とは?

サバティカル休暇をご存知でしょうか?

簡単に言うと、研修休暇とも呼ばれる長期休暇で、ワークライフバランスを重視しようとする欧米などでは広く普及している制度です。

一般的には、ある一定期間勤務した従業員などを対象に、更なる専門性を極めてもらうため長期有給休暇を与え、従業員のキャリア創造の一端を担う仕組みとされます。

グリーンピースも、世界的にこのサバティカル制度を採用していて、7年以上勤務した職員は3ヶ月間のサバティカルを取得することができます。取得には、サバティカル中の経験が今後の仕事、個人のスキルアップ、そして社会意識の向上に寄与すること等を条件としています。

このサバティカル制度を利用して、大学に戻って勉強をしたり、ジェンダー問題について知見を広めたいとヨーロッパを訪れたり、植林活動に参加して環境保護活動に従事したりする人もいます。

革新的なアイデアや解決方法を提案して社会をより良い所に変えることを使命とするNGOにとって、スタッフが新たな考え方、知見、スキルを身に着けてそれを仕事に活かすことのできる仕組みを提供することは重要だと思います。

もちろん、このサバティカル制度は仕事に没頭し続けることで、考え方の幅が狭くなってしまったり、燃え尽き症候群に陥ってしまうことを防ぐことにも有効な仕組みです。

サバティカルで、育児休暇を取得

私は、グリーンピースに勤務して13年になりますが、今回初めてサバティカル制度を利用します。

事務局長という立場であるがゆえに、3ヶ月も事務所を留守にするサバティカル制度の活用は正直ためらいました。しかし、先週2人目の子供が誕生したこともあり、育児にもっと積極的に参加してみることと、これまで犠牲にしがちだった家族との時間を増やそうと考え、半年ぐらい前に育児休暇をサバティカルとして取得することを決めました。もちろん、この決断を後押ししたのは信頼できる職員の存在が大きいです。

男性の育児についてですが、日本でわずか2.63%の男性育休取得率(平成23年度)が、スウェーデンやノルウェーなどの北欧諸国では約80%、約90%だと言うことを聞いて、何がその違いを生み出すのだろうと興味を持ったことがきっかけです。

男性自身が仕事を休んで育児に参加することを後ろめたく感じることが、「男性が育児休暇なんて」という今の日本の雰囲気を作っている一因かもしれません。そのこともあって、自らのサバティカル育児休暇をブログで宣言することも大切だと思いました。

また、このサバティカル中には、これまで挑戦してみたいと思いながらなかなか挑戦できなかった野菜作りを通して食や農業について考えるきっかけを持つこと、また各地のダム建設現場を訪れてダムが破壊する河川環境などについても知りたいと思っています。

グリーンピースのスタッフとして直接関わっていなかった社会課題により身近に触れることで、自分自身の社会に対する考え方を築き直せればと思っています。

多様な働き方を考えるのは、社会問題の現場に触れること

育児だけではなく、今後は介護などと仕事を両立しなければならない人たちも多くなります。また、育児や介護だけではなく、様々な理由から、多様な働き方を必要とする人たちも増えてきました。生活と仕事をどのように両立していくかを真剣に考えるのは、現代の社会問題の「現場」を知ることなのだと思います。

NGOでサバティカル“休暇”なんて贅沢だというご意見もあるかもしれません。私はむしろ社会問題を扱うNGOだからこそ、普段の仕事を通じて直接かかわることがない社会問題に直接触れたり、多様な人間模様を肌で感じる機会が必要だと思っています。あらゆる社会問題について自ら積極的に考えようとしない人に、様々な社会問題が複雑に影響する環境問題を解決に導くことができるとは思えません。

そもそも、グリーンピースのサバティカル“休暇”は職場の仕事を離れることではありますが、むしろ人生という大きな仕事に積極的に取り組むことを奨励することなので、“休暇”という言葉はふさわしくありません。サバティカル“研修”制度と呼ぶのが適切なのでしょう。

今回、事務局長の私がサバティカル制度を利用することで、今後は、自らこの制度の利用をスタッフに促していきたいと思っています。

私は、事務所に9月後半に戻る予定です。3ヶ月間、連絡が取りにくいなどご迷惑をおかけすることもあると思いますが、ご理解いただけますようお願いいたします。

グリーンピースはスタッフを募集しています

余談ではありますが、現在グリーンピースでは、「社会を変えたい!」と思うスタッフを募集しています。

お金のために仕事をしたいという人ではなく、社会を良くするために働きたいという人であれば、さまざまなことに挑戦できる仕事場だと思います。

もちろん、大企業などに比べればまだまだ未熟な部分も多い組織ですが、国際組織としての強みもたくさんあります。今回、ご紹介したサバティカル制度などの利用もその一つです。

こちらの「日本仕事百貨」で、グリーンピースの働き方をご紹介いただいています。

以下のリンクをクリックすると仕事内容がわかると同時に応募もできます。

■ エネルギー問題や海洋問題を担当するキャンペーナー募集

■ 広報担当募集

20代、30代の企業からの転職者も増えています!ぜひご覧いただき、ご応募ください。