こんにちは。核・エネルギー担当の鈴木かずえです。

グリーンピース・ジャパンは、これまで福島の子どもの問題に取り組んできたNGOとともに、7月19日に福島市で、原子力災害現地対策本部と交渉を行いました。

福島県民を中心に130人が集まり、「子どもの被ばく低減のため、選択的避難、サテライト疎開を含むあらゆる手だてを」と要請しました。

けれども、要請はまだ、実現していません。

福島県の中でも、福島市、郡山市などは放射線が高く、少なくとも避難費用を補償する「避難の権利」が認められるべきです。

また、現在の食品の暫定規制値は、理論的には年間17ミリシーベルとの被ばくを許容するものとなっていましたが、現在、改訂作業がおこなわれています。

その中で、被ばくを「生涯で100ミリ」以内になるようにするという考え方が打ち出されました。
これではあいまいで、これまでより厳しくなるかどうかも疑問です。


今回は、日本政府に「避難の権利」確立を求めると同時に、食品暫定基準の問題点を問いただします。

8月25日、国会議員会館で、政府のお役人に、直接質問したり、要請をしたります。

ぜひ、応援にきてください。

 

-----------------------------
対政府交渉 子どもたちを守れ!~食の安全と「避難の権利」確立を

とき 8月25日9:30~14:00
※9:00~10:30までロビーで入館証を配布します

ところ 参議院議員会館101
丸の内線・千代田線「国会議事堂前」駅出口1 徒歩3分
有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」駅出口1 徒歩1分

くわしいスケジュール

9:30-10:00 市民の事前打ち合わせ

10:00-11:00 テーマ(1): 食品暫定規制値と生涯100ミリ
相手方: 厚労省、食品安全委員会(内閣府)、原子力安全委員会
11:15-13:15 テーマ(2): 学校20ミリ、避難区域、給食
相手方: 原子力災害対策本部原子力被災者生活支援チーム、
原子力安全委員会、文部科学省
13:15-14:00 事後集会

資料代:500円
(事前質問書や問題点を整理した資料を配布します。)

 

申込み:下記のFoEジャパンのWebフォームよりお申込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/763c910e159862
(個人情報は、共催の国際環境NGO FoE Japan が管理します。)


共催団体は、国に、本交渉に向けて事前の質問書を提出しています。

事前質問書

テーマ(1):食品暫定規制値と生涯100ミリ[PDF]
http://www.foejapan.org/energy/news/pdf/110825_3.pdf

テーマ(2)避難区域、学校20ミリ、給食、県民影響調査など[PDF]
http://www.foejapan.org/energy/news/pdf/110825_2.pdf