bee my friend宣言

私たちの食生活を支えてくれているミツバチが、いま、世界規模で消えていっています。

"Yes! I will BEE your friend. 私は宣言します"

わたしたちの食べ物を支えてくれるミツバチを守るために、農薬に頼らないオーガニックな食材をチョイスして、環境にも健康にもやさしい有機農業や自然栽培の生産者をサポートします。

※ご参加の方には、この署名、その他の活動についての進行状況を、非営利活動を目的とする、メールマガジン、お電話でお知らせします。

※ご参加者1,000人ごとに抽選を行い、4名様にハチミツなど、生産者からのギフトをお届けします。(当選した方には、別途連絡いたします)

「ミツバチが減るとわたしたちの食事にも影響がある」って聞いたことありますか?

実は、世界で作られる農作物の約100種のうち、70種以上はミツバチたちの授粉が支えてくれています。
でも今、そのミツバチがいなくなるという現象が世界中でおきています。
原因の一つが、ネオニコチノイド系農薬と呼ばれる殺虫剤。

ヨーロッパでは農業を守るために、2013年12月からこの農薬の部分的な使用規制が始まりました。
最近では子どもたちの脳や神経に悪影響を与える可能性があることもわかってきました。
でもこの農薬、日本は規制がないどころか、この15年間で使用量が3倍に増加しています。

そんな日本に住んでいるわたしたちが出来ることがあります。

わたしたちが消費者として、農薬を使っていない有機野菜や果物を積極的に選ぶこと。
あなたの選択が、美味しくて新鮮で、そして環境にもやさしい食べ物をつくる生産者を増やす手助けになるのです。

つまり、ここで宣言する人が増えていくことで、ミツバチを守ることにもつながり、その土地にあった四季折々の食べ物を楽しむ事にもつながります。

できることから楽しくオーガニックを選んで、そしてそのつながりの環に参加すること。
それが「bee my friend宣言」です。

生産者からのメッセージ

  • 石川県能登の養蜂家 井上治子さん

    ハチが生きられる環境は、人間も生きやすい。そしてハチが生きられない環境は、人間が住む環境ではありません。花が咲き、ハチも人間も住みやすい美しい能登になってほしいです。

    石川県能登の養蜂家 井上治子さん
    石川県河北潟のお米農家 綿村裕さん

    農薬の空中散布をした後の自分の田んぼには、まったく虫がいなくなった。これだけ虫が死ぬってことは、まずいのかなと感じはじめました。そして、空中散布しないで、お米を育てようと思いました。

    石川県河北潟のお米農家 綿村裕さん
    熊本県阿蘇の生産者 山口次郎さん

    みなさんがもっと安いものがいい、簡単なものがいいとなればあまり受け入れてもらえないかな。でも、消費者が有機のものが食べたいというのが広がれば、有機農業が広がると思います。

    熊本県阿蘇の生産者 山口次郎さん
    高知県の養蜂家 河浦克紘さん

    ミツバチが受粉して実を結ばせ、それを食べた動物が種を落としそこで、芽生えて、という命の連鎖の一環を担うミツバチは、自然環境を循環させるカギともなる生き物。ミツバチの問題は、自然全体と人のつながりの問題でもあります。

    高知県の養蜂家 河浦克紘さん
    熊本県菊池市の生産者 渡辺明人さん

    食べ物の前提は安全が一番大事だと考えておりましたが、現場で農薬を使うことでこれが本当に安全かなという疑問がわきましたので有機栽培に転換いたしました。

    熊本県菊池市の生産者 渡辺明人さん
    熊本県大津の生産者 野村りょうほさん

    農「薬」と呼ばれるもののなかに、「くすり」はひとつもありません。すべて生き物を殺すための化学物質です。有機農業は害も益もなくすべての生き物のいのちを大切にしようというものです。

    熊本県大津の生産者 野村りょうほさん
    愛媛県中島の生産者 泉精一さん

    ふと気づいたら私の畑にはミミズが一匹もいない。ゼロなんです。身体も病気になった。それで、もう一度昔の農業をやろうと、化学肥料も農薬もやめました。

    愛媛県中島の生産者 泉精一さん
    熊本県南阿蘇村の生産者 高島和子さん

    無農薬無肥料での栽培は形が悪かったり、収穫量が減ったりということがあり、それを周りから言われたりはするけど、中に詰まっているエネルギーは倍以上です。

    熊本県南阿蘇村の生産者 高島和子さん