「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」にご参加を!

子ども・ミツバチ保護法を求める署名

『ミツバチ・子ども保護法』を求める署名に今すぐご参加を!
国会議員にこの問題を深刻にとらえてもらうには、今国会期中に市民の声を国会に届ける必要があります。
食べ物の3分の1は、ミツバチの授粉が支えています。
しかしいま、ミツバチが急減し食の豊かさが脅かされています。
原因は、日本で広範囲に使われているネオニコチノイド系農薬。ミツバチだけでなく、子どもの脳の発達にも悪影響があります。
この危険な農薬から私たちの大切なものを守るには、決定的な解決策である「法律」が必要です。 今すぐ『ミツバチ・子ども保護法』を求める署名に参加し、あなたの意志を届けましょう。
ミツバチは、花粉を媒介することで、私たちが食べる農産物の3分の1を支えています。
ネオニコチノイド系農薬の使用は世界で急激に増えている一方、ミツバチの減少が各地でおきています(たとえばヨーロッパで25%減)。
ネオニコチノイド系農薬はタバコの成分に含まれるニコチンに似た働きをもち、子どもの脳や神経の発達に影響する可能性があります。

グリーンピースは「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」を開始し、生態系に調和した農業が一般的となる社会をめざしていきます。
ひとりひとりの力をあわせて、子どもとミツバチに優しい未来を作りましょう。

▼要請内容をご覧ください

国会議員の皆様
cc. 農林水産大臣
  厚生労働省大臣

いま、世界そして日本で、花粉を運び、農業生産を支えているミツバチなどの生物の減少が報告されています。

ミツバチに対して毒性の強いネオニコチノイド系農薬は、ヨーロッパでは使用が一時的に中止され、韓国やアメリカでも規制がはじまりました。この農薬は、環境に長く残留して土壌、水、そして野生生物へ悪影響をおよぼす可能性だけではなく、子どもの脳や神経の発達にも影響を与える恐れが科学者によって指摘されています。

しかし日本では、ネオニコチノイド系農薬の使用の拡大や残留基準の緩和がすすめられており、ミツバチや子どもの健康そして安全な食を十分に守ることができていません。
早急にネオニコチノイド系農薬やハチに毒性の強いその他の農薬の規制が必要です。

よって、わたしたちは、以下のことを求めます。

【署名内の要請項目】

● 私たちの食べ物や子どもの健康、ミツバチなどの花粉媒介生物を、農薬の影響から守る法律を作ってください。
● 有機農業や自然農法など、生態系に調和した農業の価値を評価し、支援を強化してください。
 

※は入力必須項目です。

必須項目を入力してください

あなたの署名で子どもたちと
ミツバチの未来を作ってください!

 
info

※姓・名の間にスペースを入れてください

info

Eメール

info

お電話番号はハイフン( - )を入力してください

ご参加の方には、この署名、その他の活動についての進行状況を、 非営利活動 を目的とする、メールマガジン、お電話でお知らせします。

【現在の署名数】目標:10,000筆
ご参加の方には、この署名、その他の活動についての進行状況を、非営利活動を目的とする、メールマガジン、お電話でお知らせします。

『ミツバチ・子ども保護法』を求める署名に今すぐご参加を!

国会議員にこの問題を深刻にとらえてもらうには、今国会期中に市民の声を国会に届ける必要があります。
食べ物の3分の1は、ミツバチの授粉が支えています。
しかしいま、ミツバチが急減し食の豊かさが脅かされています。
原因は、日本で広範囲に使われているネオニコチノイド系農薬。ミツバチだけでなく、子どもの脳の発達にも悪影響があります。
この危険な農薬から私たちの大切なものを守るには、決定的な解決策である「法律」が必要です。 今すぐ『ミツバチ・子ども保護法』を求める署名に参加し、あなたの意志を届けましょう。

【現在の署名数】目標:10,000筆

  

▼クリックして詳細を見る

ミツバチは、花粉を媒介することで、私たちが食べる農産物の3分の1を支えています。

ネオニコチノイド系農薬の使用は世界で急激に増えている一方、ミツバチの減少が各地でおきています(たとえばヨーロッパで25%減)。

ネオニコチノイド系農薬はタバコの成分に含まれるニコチンに似た働きをもち、子どもの脳や神経の発達に影響する可能性があります。

グリーンピースは「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」を開始し、生態系に調和した農業が一般的となる社会をめざしていきます。
ひとりひとりの力をあわせて、子どもとミツバチに優しい未来を作りましょう。

  

▼要請内容をご覧ください

国会議員の皆様
cc. 農林水産大臣
  厚生労働省大臣

いま、世界そして日本で、花粉を運び、農業生産を支えているミツバチなどの生物の減少が報告されています。

ミツバチに対して毒性の強いネオニコチノイド系農薬は、ヨーロッパでは使用が一時的に中止され、韓国やアメリカでも規制がはじまりました。この農薬は、環境に長く残留して土壌、水、そして野生生物へ悪影響をおよぼす可能性だけではなく、子どもの脳や神経の発達にも影響を与える恐れが科学者によって指摘されています。

しかし日本では、ネオニコチノイド系農薬の使用の拡大や残留基準の緩和がすすめられており、ミツバチや子どもの健康そして安全な食を十分に守ることができていません。
早急にネオニコチノイド系農薬やハチに毒性の強いその他の農薬の規制が必要です。

よって、わたしたちは、以下のことを求めます。

【署名内の要請項目】

● 私たちの食べ物や子どもの健康、ミツバチなどの花粉媒介生物を、農薬の影響から守る法律を作ってください。
● 有機農業や自然農法など、生態系に調和した農業の価値を評価し、支援を強化してください。

あなたの署名で、子どもたちとミツバチの未来を作ってください

※姓・名の間にスペースを入れてください
※お電話番号はハイフン( - )を入力してください
※ご参加の方には、この署名、その他の活動についての進行状況を、非営利活動を目的とする、メールマガジン、お電話でお知らせします。