農薬をむやみに使わないお米がいい!

6月18日に大阪府北部を中心に発生しました地震により、お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、被災されました皆さまに心からお見舞い申し上げます。
また、被災者の救済と被災地の復興支援のためにご尽力されている方々に深く敬意を表します。 皆さまの安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

  • 食と農をまもる
  • 海をまもる
  • エネルギーを変える

保存

保存

最新情報

 

肺炎、気管支炎、花粉症…東京や大阪に忍び寄る大気汚染の影響は?

ブログエネルギーチーム | 2018-04-02

今年もまた、花粉症に悩まされていますか?(幸運にも)まだ花粉症でないというあなたも、家族や友達の誰かにはマスクやティッシュが手放せないという人がきっといるはずです。しかも東京、神奈川、愛知、千葉、大阪あたりにお住まいという方は? 残念なことに、特にこの辺りのエリアで、花粉症やもっと深刻な健康問題が、この先さらに悪化していく恐れがあります。スギやヒノキのせいだけではありません。実はエネルギー問題が関係しています。 拡大する石炭火力発電 ...

全店でオーガニックが見えてきた!イトーヨーカドーとライフが回答

ブログ食と農業 石原 | 2018-03-30

こんにちは。食と農業担当の石原です。 全国各地のスーパーで、オーガニックの野菜やお米を買える。消費者も農家さんも夢見ていた暮らしが見えてきました。 「オーガニックの野菜やお米を身近に買えるように、国産オーガニックの野菜やお米を全店舗に置いてください」という9,254筆の署名を大手スーパーに提出して、スーパーからポジティブな返答がきています! 先んじて署名を受け取ってくれていたコープデリからは、「全店舗でのコーナー化まではいかないがオーガニック商品を今後も拡大して...

2017年 年次報告書

出版物|2018-03-29 14:00

国際環境NGOグリーンピースの取り組み」2017年度の活動報告と財務報告

2018/03/29 『お魚スーパーマーケットランキング7』発表 ーー個別の取り組みは進展も、絶滅危惧種は販売継続。 揺らぐ持続可能性の定義

プレスリリース|2018-03-29 14:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は本日29日、国内大手スーパーマーケット15社の「持続可能な魚介類の調達方針」を調査した『お魚スーパーマーケットランキング7』(注1)を発表しました。調査の結果、持続可能な魚介類の調達の柱となる調達方針を策定し、公開しているのは、イオン、イトーヨーカドー、コープデリの3社のみでした。前回の調査後、新たに調達方針を策定・導入したスーパーマーケットはなく、全体的に大きな進展はありませんでした。

ペンギンたちのエサが奪われている 今南極で起きていることとは?

ブログ海洋生態系チーム | 2018-03-23

こちらのジェンツーペンギン。どう見てもアザラシに何かを訴えているように見えます。寝床を捉えて怒っているのかもしれませんが、もしかしたらこう言っているかもしれません。「ちょっと起きて!俺たちのエサが奪われるよー」 小さなエビのような甲殻類・オキアミは、南極のほとんどの動物たちにとって、なくてはならない存在です。ペンギンから巨大なクジラまで、たくさんの生きものがオキアミを主要なエサにしているからです。 オキアミが大好物の、お腹の空いたシロナガスクジラ...

41 - 453017の結果。