グリーンピースの活動について

グリーンピースでは、それぞれの活動を「キャンペーン」と呼んで取り組んでいます。

企業からも政府からも経済的援助を受けず、中立の立場で、世界40カ国のグリーンピースが一致団結し、地球の未来のために日々活動しています。

グリーンピースの活動において、企業や政府機関が対象となる場合がありますが、これはその対象団体やそこで働く方々を批判するためではなく、地球環境保護のために協力を促すことを目的としています。

現在グリーンピースが取り組んでいるキャンペーンには、下記のようなものがあります。


© Christian Åslund / Greenpeace
放射能測定室 シルベク
東京電力の福島第一原子力発電所の事故で起きた放射能汚染について、魚介類など食品を中心に調査しています。
詳しく見る >>

© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace
原発フリーの明日
東京電力福島第一原発で起きた悲劇を二度と繰り返さないために、原子力発電を出来るだけ早く廃止し、原発のない社会を実現するための活動をしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel Beltrá
自然エネルギーを増やす
石油や石炭、原子力に頼るエネルギー政策では、気候変動が進むばかりなのをご存知でしょうか?
グリーンピースは、今、エネルギー政策の大変革(revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(evolution)を提案しています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel M Ocampo
海をまもる
かつては美しい海に囲まれていた日本。
しかし今、海は汚れ、魚を遠い海域まで獲りに行かなければならなくなってしまいました。
グリーンピースと一緒に、美しく、魚が沢山いた海を取り戻しませんか?
詳しく見る >>

© Greenpeace / Kate Davison
森林をまもる
森林に暮らす人や動植物だけでなく、人類はすべて森林がなければ生きていけません。
しかし今、その森林がかつてないスピードで破壊されています。
グリーンピースと一緒に森林を守る活動に参加してください!
詳しく見る >>

© Greenpeace / Vinai Dithajohn
食と農をまもる
安全な食品を口にすることはみんなの願いのはず。
でもその安全な食品を手に入れることが脅かされているのをご存知ですか?
詳しく見る >>

© Lu Guang / Greenpeace
汚染をなくす
日々、私たちを包む大気や水や地球環境。
それらを破壊してしまったら、私たちはもう生きていけません。
手遅れになる前にグリーンピースと一緒に行動しましょう。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert
平和をまもる
戦争は尊い人命を大量に奪うだけでなく、最大の環境破壊でもあります。
グリーンピースは、国連から総合競技資格を認められた数少ないNGOとして、平和維持活動にも貢献しています。
詳しく見る >>

© Alanah Torralba / Greenpeace
市民社会をよくする
「環境破壊」「税金のムダ遣い」私たち市民が希望することとはかけ離れたニュースが流れるたびにあきらめていませんか?
グリーンピースは、市民が中心となれる民主的な社会をつくることが「環境保護」の重要な一歩であると考え、市民やNGOの権利拡大をめざしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Hene Krauchi
企業をエコに変える
企業からも政府からも経済的支援を受けないグリーンピースだからこそできる活動。
これまでも数々の企業をエコに変えてきました。個人では難しい企業への働きかけを、グリーンピースと一緒にしませんか?
詳しく見る >>

これらの活動は、すべてみなさまのご支援によって支えられています。
グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。

活動を支援する >>

最新情報

 

原発事故が変えた風景

ブログ鈴木かずえ | 2017-12-15

わたしの知っている福島は、福島駅を降りて少し歩けば阿武隈川のほとりから青い山並みがぐるりと見えるうつくしい福島。   その風景は今も変わっていません。 けれど、放射線調査のために訪れた福島は違います。 それがこのビデオに収められた福島です。   原発事故が変えた風景 何段にも積まれた黒いフレコンバッグ。 それらをビニールシートで覆った山、また山 。 そして森の中に隠すかのように存在する除染廃棄物...

アップル、Facebook…IT企業が自然エネルギー100%を目指す理由とは?

ブログエネルギー担当石川 | 2017-12-14

アップルやイケアなど、世界の大企業が次々と自然エネルギー100%をめざすことを約束しています。なかでも動きが早いのが、フェイスブック、グーグルなどのIT企業。 エコなだけではない、IT企業が自然エネルギーをめざす理由とは? グリーンピース・アメリカの上級ITアナリスト、ギャリー・クック( 「環境に優しい電子機器企業ガイド」 執筆者)、そしてCSRスペシャリストのEY Japanのムーラン・ムー氏をゲストスピーカーに、先週日本のビジネスパーソンに向け...

国連人権理事会の勧告を受け入れて 原発事故被害者の暮らしをまもってくださいーー署名にご協力を

ブログ鈴木かずえ | 2017-12-08

東京電力福島第一原発事故後、山形県に避難した8家族が、立ち退けということで、住宅を管理する独立行政法人に裁判所に訴えられています。 避難したのは原発事故のせいなのに、他に行くところもない人々を追い立てるなど、人権侵害です。 これに対して、「原発事故避難者の強制立ち退きに反対する会」が日本政府に立ち退き裁判の取り下げを求めて 署名運動 を展開しています。   同時に、知っていただきたいことがあります。 11月に、国連人権理事会の会議で...

高浜原発、設計も古すぎる--高浜美浜老朽原発廃炉裁判傍聴記

ブログ鈴木かずえ | 2017-12-07

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。 神戸製鋼スキャンダルで再稼動が延期 九州の玄海原発、福井県の大飯原発の再稼動が延期になりましたね。 データ不正を行った神戸製鋼部品の調査に時間がかかるためです。 「調査してください、情報公開してください」と何千人もの方が 声 をあげ、国会議員やメディアに働きかけた結果、より時間をかけた調査を行うことになったのではと思います! 神戸製鋼の不正は40年以上続いていたということですから、...

オーガニックのお米作りで、地域も自然も自分もポジティブに

ブログ広報担当 土屋 | 2017-12-05

こんにちは。食と農業チームの土屋です。 みなさんは普段、おいしい、うれしいと感じる、心から満たされる食事をしていますか?忙しさに追われる毎日で、ゆっくり目の前の食事を味わうことや、心から満たされる食事について、考える余裕がなくなっているかもしれません。 千葉県佐倉市でオーガニックのお米作りをしている小川さんは、小学生の時に描いた夢である 「小さな生きものがたくさんいる田んぼ」 を実現しようとしています。 写真:千葉県佐倉市の農家、小川さん ...

海をまもるスーパーヒーローになろうよ!!WCPFC年次会合の開催地マニラより

ブログ海洋生態系担当 岡田幸子 | 2017-12-04

こんばんは。海洋生態系担当の岡田幸子です。 私はいま、マニラで12月3日から始まった中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の年次会合に、グリーンピース・東南アジアのスタッフと一緒にオブザーバーとして参加しています。 写真1(年次会合の様子) 中西部太平洋で世界のマグロ類の65%がとられている WCPFCとは中西部太平洋にいるマグロなどの魚に関して取り決めを行う国際会議ですが、世界のマグロの総漁獲量の65%は、この中...

2017/12/4 グリーンピース声明「北極を守るための歴史的合意を称賛」

プレスリリース|2017-12-04 13:30

アメリカ・ワシントンで12月1日(コペンハーゲン現地時間)、すべての商業漁業から北極海中央部の公海を保護する協定の国際的な枠組みが合意されました。アメリカ、カナダ、ノルウェー、ロシア、デンマーク、アイスランド、日本、韓国、中国、そしてヨーロッパ連合(EU)は、地中海とほぼ同じ大きさにあたる280万平方キロメートルの公海における16 年間の商業漁業の禁止に合意しました。これを受け、国際環境NGOグリーンピースは以下の声明を発表しました。

おいしくて安全なお米をつくることは、田んぼの生きものを知ること

ブログサポーター窓口 金海初芽 | 2017-12-01

こんにちは。サポーター窓口の金海です。 いつもはメールやニュースレターなどでサポーターの皆さんにグリーンピースの活動をお知らせしていますが、今日はブログで、今年夏にグリーンピースが行なった田んぼの生きもの調査の様子をご報告します。 ご協力くださった石川県金沢市・津幡町の田んぼにお邪魔したのは、7月終わりの暑い日のこと。 曇り空で少し風もあるお天気のなか、河北潟湖沼研究所の皆さんと、石川県内から来てくださったボランティアの皆さんといっしょに、...

2017/12/1 グリーンピース声明「高浜、川内原発を止めない正当性あるか」ーー神戸製鋼製品調査で原発再稼動遅れ

プレスリリース|2017-12-01 12:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、昨日、関西電力と九州電力が、神戸製鋼所データ改ざん事件を受けての調査に時間がかかるとして、それぞれ大飯原発3、4号機、玄海原発3、4号機の再稼動を約2カ月遅らせる計画を示したことを受けて、本日12月1日、以下の声明を発表しました。

2017/12/1 Greenpeace: Takahama & Sendai reactors must be shut down immediately...

プレスリリース|2017-12-01 11:50

Tokyo, 1 December 2017 – On 30 November, Kansai Electric and Kyushu Electric announced that they are delaying the restart of four nuclear reactors for approximately two months due to ongoing investigations into Kobe Steel components. Greenpeace...

1 - 101942の結果。