グリーンピースの活動について

グリーンピースでは、それぞれの活動を「キャンペーン」と呼んで取り組んでいます。

企業からも政府からも経済的援助を受けず、中立の立場で、世界40カ国のグリーンピースが一致団結し、地球の未来のために日々活動しています。

グリーンピースの活動において、企業や政府機関が対象となる場合がありますが、これはその対象団体やそこで働く方々を批判するためではなく、地球環境保護のために協力を促すことを目的としています。

現在グリーンピースが取り組んでいるキャンペーンには、下記のようなものがあります。


© Christian Åslund / Greenpeace
放射能測定室 シルベク
東京電力の福島第一原子力発電所の事故で起きた放射能汚染について、魚介類など食品を中心に調査しています。
詳しく見る >>

© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace
原発フリーの明日
東京電力福島第一原発で起きた悲劇を二度と繰り返さないために、原子力発電を出来るだけ早く廃止し、原発のない社会を実現するための活動をしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel Beltrá
自然エネルギーを増やす
石油や石炭、原子力に頼るエネルギー政策では、気候変動が進むばかりなのをご存知でしょうか?
グリーンピースは、今、エネルギー政策の大変革(revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(evolution)を提案しています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Daniel M Ocampo
海をまもる
かつては美しい海に囲まれていた日本。
しかし今、海は汚れ、魚を遠い海域まで獲りに行かなければならなくなってしまいました。
グリーンピースと一緒に、美しく、魚が沢山いた海を取り戻しませんか?
詳しく見る >>

© Greenpeace / Kate Davison
森林をまもる
森林に暮らす人や動植物だけでなく、人類はすべて森林がなければ生きていけません。
しかし今、その森林がかつてないスピードで破壊されています。
グリーンピースと一緒に森林を守る活動に参加してください!
詳しく見る >>

© Greenpeace / Vinai Dithajohn
食と農をまもる
安全な食品を口にすることはみんなの願いのはず。
でもその安全な食品を手に入れることが脅かされているのをご存知ですか?
詳しく見る >>

© Lu Guang / Greenpeace
汚染をなくす
日々、私たちを包む大気や水や地球環境。
それらを破壊してしまったら、私たちはもう生きていけません。
手遅れになる前にグリーンピースと一緒に行動しましょう。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert
平和をまもる
戦争は尊い人命を大量に奪うだけでなく、最大の環境破壊でもあります。
グリーンピースは、国連から総合競技資格を認められた数少ないNGOとして、平和維持活動にも貢献しています。
詳しく見る >>

© Alanah Torralba / Greenpeace
市民社会をよくする
「環境破壊」「税金のムダ遣い」私たち市民が希望することとはかけ離れたニュースが流れるたびにあきらめていませんか?
グリーンピースは、市民が中心となれる民主的な社会をつくることが「環境保護」の重要な一歩であると考え、市民やNGOの権利拡大をめざしています。
詳しく見る >>

© Greenpeace / Hene Krauchi
企業をエコに変える
企業からも政府からも経済的支援を受けないグリーンピースだからこそできる活動。
これまでも数々の企業をエコに変えてきました。個人では難しい企業への働きかけを、グリーンピースと一緒にしませんか?
詳しく見る >>

これらの活動は、すべてみなさまのご支援によって支えられています。
グリーンピースは環境保護を願う市民の立場で活動するため、政府や企業から資金援助を受けず、個人の方々からのご支援で活動しています。
豊かで美しい地球を未来へ残すため、ぜひグリーンピースの活動をご支援ください。

活動を支援する >>

最新情報

 

オーガニックのお米作りで、地域も自然も自分もポジティブに

ブログ広報担当 土屋 | 2017-12-05

こんにちは。食と農業チームの土屋です。 みなさんは普段、おいしい、うれしいと感じる、心から満たされる食事をしていますか?忙しさに追われる毎日で、ゆっくり目の前の食事を味わうことや、心から満たされる食事について、考える余裕がなくなっているかもしれません。 千葉県佐倉市でオーガニックのお米作りをしている小川さんは、小学生の時に描いた夢である 「小さな生きものがたくさんいる田んぼ」 を実現しようとしています。 写真:千葉県佐倉市の農家、小川さん ...

海をまもるスーパーヒーローになろうよ!!WCPFC年次会合の開催地マニラより

ブログ海洋生態系担当 岡田幸子 | 2017-12-04

こんばんは。海洋生態系担当の岡田幸子です。 私はいま、マニラで12月3日から始まった中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の年次会合に、グリーンピース・東南アジアのスタッフと一緒にオブザーバーとして参加しています。 写真1(年次会合の様子) 中西部太平洋で世界のマグロ類の65%がとられている WCPFCとは中西部太平洋にいるマグロなどの魚に関して取り決めを行う国際会議ですが、世界のマグロの総漁獲量の65%は、この中...

おいしくて安全なお米をつくることは、田んぼの生きものを知ること

ブログサポーター窓口 金海初芽 | 2017-12-01

こんにちは。サポーター窓口の金海です。 いつもはメールやニュースレターなどでサポーターの皆さんにグリーンピースの活動をお知らせしていますが、今日はブログで、今年夏にグリーンピースが行なった田んぼの生きもの調査の様子をご報告します。 ご協力くださった石川県津幡町の田んぼにお邪魔したのは、7月終わりの暑い日のこと。 曇り空で少し風もあるお天気のなか、河北潟湖沼研究所の皆さんと、石川県内から来てくださったボランティアの皆さんといっしょに、農薬をこ...

老朽原発で白熱議論中。12/6高浜原発1、2号訴訟口頭弁論のお知らせ

ブログ鈴木かずえ | 2017-11-28

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。 運転開始から40年を超えた関西電力の高浜原発。この原発を廃炉にしてほしい、と求めている裁判の、第6回口頭弁論が開かれます。 「運転開始から40年を超える原発は廃炉」ーー老朽原発でもあった東京電力福島第一原発の事故の教訓から作られた最低限のルール。 それなのに、原子力規制委員会は、ゆるい審査で運転延長を認めてしまいました。 裁判では、老朽原発の危険性について、本格議論が始まっています。 ...

電力自由化から1年半。もう乗り換えた?よくある疑問、お答えします

ブログエネルギーチーム 柏木 | 2017-11-27

こんにちは。エネルギーチームの柏木です。 自分で電力会社を選べるようになった電力自由化から1年半が経ちました。みなさん、乗り換えはスムーズにできましたか? 今日は、パワーシフトとグリーンピース・ジャパンが行った1,000人アンケート*を元に、みなさんのリアルな乗り換え状況と、多くの人に共通していた疑問にお答えします! * アンケートは、「パワーシフト宣言」もしくは「iSwitch」参加者の約16,000名にお送りし、合計1...

やんばるの森の世界自然遺産登録を喜べない理由

ブログ沖縄プロジェクトアシスタント 山本真知子 | 2017-11-17

沖縄北部の森「やんばる」の森が、世界自然遺産の候補になっています。もし登録されれば、知床、白神山地、屋久島、小笠原諸島につづく国内の世界自然遺産になります。でも、素直に喜べない事情があります。(文:沖縄プロジェクトアシスタント山本)  1. やんばるの自然 やんばるの森 高江という集落は、「やんばる」と呼ばれる豊かな自然に囲まれた地域です。世界で唯一の湿潤な熱帯照葉樹林を棲み処として生息している動植物が数多くいます。そこには、教科書等でも...

神戸製鋼不正スキャンダル:原子力規制委が電力会社に調査を文書で指示しない理由

ブログ鈴木かずえ | 2017-11-16

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。 神戸製鋼の品質管理データ改ざん問題が毎日、新聞・テレビを騒がせていますが、神戸製鋼は、原発にもあらゆる製品を提供しています。(下図および 神戸製鋼パンフレット 参照)   グリーンピースは、原子力規制委員会に、電力会社と神戸製鋼に対し、調査・検査を文書によって指示し、その結果を公開するよう求めています。 11 月 15 日、原子力規制委員会で、それぞれの原発で安全上重要な設備に神戸製鋼...

気候変動で存亡の危機に直面する誰もが愛する4つの食べもの

ブログエネルギーチーム | 2017-11-14

みなさんの大好きな食ベ物が、気候変動の影響によりもはや存在しなくなるかもしれない、ということを想像したことはありますか?残念ながら、そんな事態が現実にありうるのです。 ご紹介する 5 つのなかに、あなたの好きな食べもの、必ずあるはずです。  1.チョコレートはすでに気候変動の餌食に    今まで長年カカオ豆を栽培するのに最適な気候であった諸地域で、既にカカオ豆の収穫量が減少しつつあります。チョコレート製造会社は被害を減らすために気象予報士まで...

神戸製鋼不正スキャンダル:不正40年。調査は1年分。

ブログ鈴木かずえ | 2017-11-10

こんにちは。エネルギーチームの鈴木かずえです。 神戸製鋼のスキャンダルが、原発にも及んでいます。すでに福島第二原発やウラン工場で、品質データが改ざんされた製品が納品されていることがわかっています。   (神戸製鋼不正を受けて、電力会社が調査結果を報告した「第4回主要原子力施設設置者の原子力部門の責任者との意見交換会」) 11月9日、電力会社が、原子力規制委員会に、神戸製鋼不正問題について、調査状況を報告しました。( 資料 ) ...

石炭が世界から消えている5つの理由

ブログブログ ラウリ・ミルヴィエルタ | 2017-11-08

化石燃料産業を擁護しようとする政治家(わざわざいう必要はないと思いますが、トランプ大統領とか…)がいる一方、世界中では静かなる革命が起きています。 2003年以降、それまで世界の主要なエネルギー源だった石炭にさよならする人々がこれまでになく増えています! 発電などのために石炭を燃やすことは、人間の生活の中で二酸化炭素量を排出する最大の原因です。また、石炭を採掘することは温室効果ガスであるメタンを地上へ排出することにつながります。 ...

1 - 101154の結果。