自然エネルギーを増やす 問題点と解決策

自然エネルギーを増やす

問題点と解決策

問題点:

地球温暖化

薄氷の上を歩くシロクマ地球上のすべての生物に影響をおよぼす地球温暖化が、いま人類が直面している最大の環境問題です。

過去100年で、世界の平均気温は0.74℃も上昇しました。
0.74℃と聞くと「そんなに少しなの?」と感じるかもしれませんが、19世紀までの1000年間の気温変動が約0.2℃だった事を考えると、過去に文明社会が経験したことがないほどの急激な気温上昇であることがわかるでしょう。

地球の生態系が共存していくためには、産業革命以前と比べた時の世界の平均気温上昇を2℃未満に抑える必要があります。

海に沈む世界の建造物平均気温の急激な上昇は、異常気象、洪水の発生、感染症の拡大、農作物の収穫への悪影響、水不足など、世界各地で様々な問題を引き起こしています。

温室効果ガスとして代表的なものは二酸化炭素ですが、二酸化炭素は一度放出されると、生態系などに吸収されない限り、いつまでも大気中に残り続けます。
そして人間の活動によって、二酸化炭素は年間72億炭素トン排出され、このうち41億炭素トンが、毎年大気中に蓄積されている
と言われています。

地球を汚すエネルギー:化石燃料と原子力

勢いよく煙を吐き出す石炭火力発電所日本のエネルギーの8割は石油や石炭などの化石燃料を燃やしてつくられており、日本は世界でもっとも多くの石炭を輸入している国のひとつです。

日本では近年、原子力発電が温暖化対策として推進されています。
発電量あたりの二酸化炭素排出量だけをみれば、原発は化石燃料と比べて少ないといえますが、原発は建設までに長い時間がかるうえ、放射性廃棄物や事故など深刻な危険がともない、さらに建設や点検・整備・解体に莫大な費用が必要です。

また原発は、出力の細かな調整ができないため、出力調整が容易な火力発電とセットで運転しなくてはなりません。
そして事故などで原発が停止したときに備えるためにも、火力発電所を必要とします。

つまり原発が増えても同じ分だけ火力発電所が減るとはいえず、原発推進は二酸化炭素の削減につながりません。

解決策 :

ソーラーパワー地球温暖化による危険な気候変動を避けるためにグリーンピースは、これまでのエネルギー政策の大変革(Revolution)とエネルギーの使い方の飛躍的な進化(Evolution)を呼びかけるエネルギー・[R]eボリューション(Energy [R]evolution)をすすめています。

エネルギー・[R]eボリューションとは:

自然エネルギー(太陽光・風力など)とエネルギー効率の向上(省エネ)で世界中のエネルギーを100%まかなう方法を記したシナリオで、世界の地域ごとに作成し、地球を汚すエネルギーの代替案として、政府や企業に提案と働きかけを行っています。

エネルギー・[R]eボリューションの特徴は:

ソーラーパワーイメージグリーンピースと欧州再生可能エネルギー評議会(EREC)が科学的データに基づいて作成したシナリオです。既存の技術を利用することを前提とし、経済発展と人口増加を考慮しており、節約と我慢を強いるハードなシナリオではありません

これにより、地球を汚すエネルギー(化石燃料・原子力)の段階的な廃止が可能になります。

エネルギー・[R]eボリューション(Energy [R]evolution)推進には、グリーンピースだけでなく市民1人1人が政府や企業に働きかけていく必要があります。
ぜひみなさまのご協力を、よろしくお願いいたします。

最新情報

 

投資家に警鐘:石炭火力への投資を続ける日本の金融機関による気候リスク

出版物|2018-04-25 18:00

グリーンピース、投資家向けブリーフィング・ペーパー『潮流に逆境する日本の銀行:石炭投資と気候変動』を発表

Investors warned of climate risk from Japanese banks’ financing of coal power

出版物|2018-04-25 18:00

Greenpeace Briefing: Swimming Against the Tide, Japanese Banks and Climate Change

[でんきのほんと でんきのこれから 2017改訂版 ] できました!

出版物|2018-01-24 14:50

[無料ダウンロード&配布]でんこれ2017年改訂版できました!

環境に優しい電子機器企業ガイド

出版物|2017-11-29 14:56

本ガイドは、スマートフォン、タブレット型端末、ノートPCといった電子機器製品を製造・販売するグローバルIT企業17社の環境への取り組みを評価した「Guide to Greener Electronics 2017」の日本語版です。

2017/03/29 【共同声明】トランプ米大統領による気候変動対策を見直す大統領署名についてーー パリ協定の脱炭素化の流れは揺らがない。引き続き行動強化を...

プレスリリース|2017-03-29 19:00

3月28日、アメリカのトランプ大統領は、オバマ前大統領が進めてきたクリーン・パワー・プランを含む、米国の気候変動対策を大幅に見直す大統領令に署名した。本来であれば、2016年に発効したパリ協定のもと対策を強化すべき時であるにもかかわらず、逆に後退させる方向で大統領令に署名したことは、世界の協調的な取組みに逆行し、世界第2位の排出国としての責任を放棄しようとするものであり、許されることではない。

2016/11/22 グリーンピース声明:規制委は強度不足問題を矮小化と批判ーー 日本の原発に「規格超える炭素濃度のおそれなし」との評価を受けて

プレスリリース|2016-11-22 13:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日、第45回原子力規制委員会において、フランスの原子力安全局で確認された原子炉容器等における炭素偏析の可能性に係る調査の結果について、規制委が日本の原発について「製品中に規格で定められた炭素濃度を超えるような部分が残っているおそれはないと評価できる」としたことを受けて、以下の声明を発表しました。

2016/11/21 グリーンピース声明:COP22、各国の新たな決意のもと閉幕、強いリーダーシップを示した国も

プレスリリース|2016-11-21 11:00

国際環境NGOグリーンピースは、11月7日から18日までモロッコ・マラケシュで開催された国連気候変動枠組み条約第22回締約国会議(COP22)の閉幕を受けて、下記の声明を発表しました。

2016/11/04 グリーンピース声明:歴史的な「パリ協定」発効、出遅れた日本政府は野心的な取り組みで挽回を

プレスリリース|2016-11-04 18:00

国際環境NGOグリーンピースは、気候変動対策の国際的枠組みである「パリ協定」が本日発効したことを受け、以下の声明を発表しました。来週7日から18日までモロッコのマラケシュで開催されるCOP22(第22回国連気候変動枠組み条約締約国会議)は、パリ協定発効後初の締約国会議となります。

2016/05/27 グリーンピース声明:G7伊勢志摩サミット首脳宣言・ 気候変動/エネルギーを受けて

プレスリリース|2016-05-27 17:00

国際環境NGOグリーンピースは、G7伊勢志摩サミットの首脳宣言(注)を受けて、下記の声明を発表しました。

1 - 1069の結果。

トピックス