グリーンピース・インターナショナル事務局長2011年来日記録 | 国際環境NGOグリーンピース

グリーンピース・インターナショナル事務局長2011年来日記録

記事 - 2011-07-25
2011年6月、グリーンピース・インターナショナル事務局長 クミ・ナイドゥが日本を訪れました。 目的は、福島を訪問して被災地のみなさんとお会いし、みなさんが直面している問題を知ること、そして、原発から自然エネルギーへの転換を願う世界の声を日本に届けることでした。

福島訪問後には記者会見を開き、子どもや妊婦の早急な避難を政府に訴え、6.11脱原発100万人アクション東京主催のイベントに参加するなど、日本のみなさんと心をひとつにして、1週間の日程を終えました。

スケジュール 内容
6月6日(月)-
7日(火)
福島県南相馬市訪問
桜井市長と会談
保育施設などで地元の方とお会いし、放射線状況調査
ビデオで、日本政府による情報開示と、福島の住民へのさらなる救済を呼び掛ける
6月8日(水) 「6.11脱原発100万人アクション・東京」合同記者会見
(於:自由報道協会主催)
6月9日(木) 外国人記者クラブで、自身の目に映った福島の現状を報告
子どもや妊婦の早急な避難を訴える
6月10日(金) オンライン署名「菅さん、原発やめる政策支持します」を政府に提出
オンライン署名を提出するグリーンピース・インターナショナル事務局長クミ・ナイドゥ
6月11日(土) 6.11脱原発100万人アクション東京主催イベントに参加
「第3回エネルギーシフトパレード」(代々木公園)でオープニングスピーチを行い、パレードに参加後「・6.11新宿アルタ前アクション」でスピーチ