来春スタート!電力会社が選べるように。あなたのベストチョイスに必要なものは? 来春スタート!電力会社が選べるように。あなたのベストチョイスに必要なものは?

2016年4月から、私たちが電力会社を選べる「電力自由化」がスタート!

2016年4月から、私たちが電力会社を選べる「電力自由化」がスタート!

これからは自由に電力会社を乗り換えられるようになるんです。

この電力自由化、実は「原発のない明日」をつくるための大きなきっかけになりそう。
私たちみんなが、原発の電気を選ばなければ、電力会社も原発を使わなくなる→「原発離れ」が進むというわけなんです。

署名に参加する

point1 来春、電力会社が自由にえらべます point1 来春、電力会社が自由にえらべます

住む地域によって、自動的に電力会社が決まっているいま、一般家庭では電力会社を自由に選ぶことはできません。
でも、来年4月から、携帯電話会社を乗り換えるように、一般家庭でも電力会社が選べる「電力自由化」が始まります。(マンションなどの集合住宅でも、選べないと決まっている訳ではありません。オーナーさんや、ご近所の方と、ぜひ確認してみてくださいね)

電気、送電鉄塔

「電力自由化」によって新しくうまれる市場は全国で7.5兆円とも。このチャンスに、新しい電力会社が続々と名乗りをあげ、その数は600社近くにのぼっています。(2015年3月末現在)

point2 電力会社のベストチョイスに必要なものは・・? point2 電力会社のベストチョイスに必要なものは・・?

たくさんある中から、ベストな電力会社をチョイスしたいもの。
どのように賢く「あなた好み」を見つけられるでしょうか?

ヒントになるのが「電気の原材料」
電気には、太陽光や風力などの自然エネルギー発電、原子力発電、石炭などの火力発電など、その「原材料」ごとに、さまざまな発電方法があります。

太陽光発電、風力発電、火力発電、原理力発電 太陽光発電、風力発電、火力発電、原理力発電

コスメや、食品と同じように、「原材料」をチェックして、電気を買う。
価格だけではなく、ほしい将来を考えた選択こそが、電力会社のベストチョイスです。

食品ラベル

point3 世界にはでんきの「原材料表示」があたり前の国も! point3 世界にはでんきの「原材料表示」があたり前の国も!

日本よりも先に電力自由化したドイツでは、電気の原材料を「知る権利」がとても大切だとされています。その上で、電力会社を選ぶことが当然とされているんです。

ドイツでは、電気料金の請求書や広告に、電気を何で発電したか、発電のときに出る二酸化炭素排出量、放射性廃棄物量などを分かりやすく表示することが義務づけられています。

太陽光発電、風力発電、電力会社を選ぶ女性、地球

ドイツでは、下記の3つを電気料金の請求書や広告にを分かりやすく表示することが10年前から義務づけられています。

  • 電気を何で発電したか(電源構成)
  • 発電のときに出る二酸化炭素排出量
  • 放射性廃棄物量

point4 毎日、使うものだから。知りたい、でんきの「原材料」。 point4 毎日、使うものだから。知りたい、でんきの「原材料」。

あなたのベストチョイスのためには、すべての電力会社が、電気の「原材料」を分かりやすく表示してくれることが必要不可欠。

太陽光発電、風力発電、選ぶ女性 火力発電、原子力発電、怖がる女性

今、専門家や政府が、電気の表示について議論していますが、「原材料を表示したい会社だけが表示すればよい」という方向性。 でも、すべての電力会社が表示しなければ、私たち消費者は比較ができないし、ベストチョイスもできません。

今、「電気の原材料が知りたい」という、あなたの声が、必要です。
あなたのリクエストをグリーンピースが政府と電力会社にとどけます。
30秒でできる「分かりやすい電気の“原材料”表示を求める」署名に、
ぜひご参加ください。

毎日、使うものだから、ちゃんと知って選びませんか?
そして、原発のない明日を、みんなでつくりませんか?

署名に参加する