食と農をまもる

食と農をまもる

私たちが生きていくのに欠かせない食。
グリーンピースは、人と自然の共存や地域のつながりを大切にし、生態系を守りながら、持続可能な農業を推進する活動を続けています。
しかし、その安心・安全な食を手に入れることが容易ではなくなってきています。

グリーンピースと一緒に、安心で安全な食品がどこでも手に入る社会を実現しませんか?
その前に知っておいていただきたいこと・・・
ご存知ですか?

農薬について

ミツバチの大量死の一因といわれ、ヨーロッパで暫定的に使用が禁止されているネオニコチノイド系農薬。
この農薬は、子どもの脳や神経などへの発達神経毒性があるとの科学的見解も発表されています。
水溶性かつ浸透性なので、環境に広がりやすく、さらに作用が長期間にわたってつづきます。

ヨーロッパではネオニコチノイド系農薬の規制の強化や毒性の再評価がされています。
しかしこうした動きとは全く逆行して、日本ではネオニコチノイド系農薬の出荷量はこの15年で3倍に伸びています。
また、食品への残留基準もどんどん緩められようとしています。

Bee my Friend(農薬なしの有機農業を応援)サイトへのリンク

遺伝子組み換え作物について

日本では、現在のところ遺伝子組み換え作物の商業栽培はおこなわれていませんが、ダイズ、トウモロコシ、ワタ、そしてナタネなど実は日本は遺伝子組み換え食品の輸入大国です。

遺伝子組み換え食品の人体へのリスクとして、組み換えに使われた遺伝子に反応したアレルギー症状が報告されています。
そして、より長期的な人体への影響はまだ充分に研究されていないにもかかわらず、食品に大量に利用されています。

グリーンピースの取り組み

毒性が問題視されながらなお農薬の大量使用が続き、遺伝子組み換え作物が増え続ける原因のひとつに、一握りの多国籍企業の影響力があります。
その影響力は、種子から流通、食卓までと食糧の生産を支配し、さらに生産者と消費者が分断されている現状があると考えています。
毒性の高い農薬の使用中止を呼び掛け、遺伝子組み換え作物の作付け廃止を訴えるとともに、有機農業への転換を訴えています。

最新情報

 

そのお米はどうやって作られたの?~初めての稲刈り体験記~

ブログ食と農をまもる | 2014-10-23

こんにちは。グリーンピースでインターンをしている久保です。 先週、食と農業問題チームの有機農業を広める"bee my friend"活動の一貫で、石川県の金沢市での稲刈り体験に同行させて頂きました。 都会暮らしにどっぷり浸かっている私には、やっぱり、体験してみないとわからないことだらけでした。 今回は、「生きもの元気米」を栽培しているNPO法人 河北潟湖沼研究所さんと、金沢の有機農家さんにお世話になりました。 みなさんは、この河北潟の地域で...

農水省が農薬の残留状況を発表-ネオニコ系検出多い、グリーンピースの残留農薬調査からもレタスなどからネオニコ検出

ブログ食と農業 | 2014-09-24

みなさん、こんにちは。 今年の7月下旬、農林水産省から2012年度の「 国内産農産物における農薬の使用状況及び残留状況調査結果 」が発表されました。これは、農林水産省が、毎年、各都道府県に置く地域センターを通じて調査しているものです。 12年度は1197の農産物サンプルが調査されています。のべ6111サンプル※のうち897件から残留農薬が検出され、うちネオニコチノイド系が検出されたのは302件でした。(※のべ検体数:1つのサンプルについて2種類の農薬を分析...

ネオニコ系農薬のパブコメ結果発表。引き続き注目を!

ブログ食と農業 | 2014-09-19 1コメント

みなさん、こんにちは。 食品安全委員会が、7月に、ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの健康影響評価に関する報告書に対するパブコメを募集していたの覚えていますか?意見を送った方もたくさんいらっしゃったと思います。   このパブコメ、経緯を振り返ると: ① 去年(2013年)、ネオニコ系農薬のクロチアニジンについて驚くほど高い残留基準が厚生労働省から提案され、 ② それに対して、市民から1600を超える反対のパブリックコメントが集まり、グリーンピ...

【1分でわかる】ミツバチが世界中から消えている? - bee my friend動画 -

ビデオ|2014-09-17 11:00

世界中で起こっているミツバチの異変に気付いていますか? もしもミツバチがいなくなってしまったら・・・

お茶に農薬? インドからの報告

ブログ食と農業問題 | 2014-09-05

みなさんお茶はお好きですか?  今回はインドのお茶の残留農薬の問題です。 インドと言えば、ダージリン、アッサムなどで有名な世界最大の紅茶生産国ですよね。そのインドではいま、グリーンチャイが流行っているそうです。使われているグリーンの茶葉には多くの栄養素が含まれていて、さらにスパイスで味を際立たせた伝統的なお茶で、世界でも重要な生産物だそうです。 しかし、そのお茶に有害な農薬(殺虫剤)が含まれているとしたら、みなさんどう思いますか? ...

愛媛・今治市を訪ねて~その(3)地域をまるごとプロデュース

ブログ食と農業 | 2014-08-28

こんにちは、食と農業問題担当の関根です。 愛媛県今治市を訪ねてのインタビュー最終回は、“有機農業で地域をプロデュース”しているお話です。ひき続き、今治市玉川支所長の安井さんにうかがいました。   【逆転の発想から】 安井さん:旧玉川町の鈍川(にぶかわ)という地区は、ダムよりも上流で水のきれいなところなんですよ。水源の森を持っているところで、山の上だから、棚田も多いし、日中の気温差が大きいからおいしいお米ができる。 ...

愛媛・今治市を訪ねて~その(2)TPPでも国産有機なら勝てます

ブログ食と農業 | 2014-08-25

こんにちは、食と農業問題担当の関根です。 前回に続いて、愛媛県今治市での有機・地産地消の給食と地域づくりについて、今治市玉川支所長、安井さんのインタビューをお送りします。 輸入農産物に負けないためには「有機農業と地域のつながり」が大事という安井さん。詳しく聞いてみましょう。 【有機・無農薬の将来性】 日本では7割以上の人が国産は安全だと感じているそうです。ネオニコチノイド系農薬の残留基準はEUと比べると日本がずっと高いですが。 ...

愛媛県今治市を訪ねて~その(1)有機の給食はこうして始まった

ブログ食と農業 | 2014-08-21

こんにちは。食と農業問題担当の関根です。 みなさんの給食の思い出は何ですか? 愛媛県今治市は地産地消、有機農産物の給食を通して、子どもたちの食育や地元でお金が回る仕組みづくりを進めていて、いま注目されている地域の一つです。現地を訪ねてのインタビューを3回にわたってお届けします。 今治で地元の有機農産物を給食に取り入れるきっかけは、小学生の子どものいるお母さんたちの運動だったといいます。それを市役所側で受けとめ、市内のさまざまな人や資源を結びつけてきた...

【生産者紹介】石川県で脱ネオニコした生産者

ビデオ|2014-08-07 18:30

石川県河北潟でネオニコチノイド系農薬を使わずに、お米の生産に挑戦しているNPO法­人河北潟湖沼研究所の方と、今年から、ネオニコチノイド系農薬を使わずにお米作りをし­ている生産者の綿村裕さん(NPO法人河北潟湖沼研究所 理事)。

ネオニコ残留農薬の基準、またもや規制緩和か? パブコメ出そう!締切は7月31日17時

ブログ食と農業問題 | 2014-07-23

みなさんこんにちは。 食と農業問題「bee my friend」を担当しています関根です。 ネオニコチノイド系農薬の一種で、EUでは使用規制が始まっているクロチアニジン。日本では食品中における大幅な残留農薬の基準緩和が進められようとしています。再審議となったあと、またパブコメ募集が始まっています。締切は7月31日17時。 募集詳細はこちら。 実はこのクロチアニジン、去年から大幅な基準緩和が提案されていました。2000倍の緩和!

1 - 1097の結果。

トピックス