食と農をまもる

食と農をまもる

私たちが生きていくのに欠かせない食。
グリーンピースは、人と自然の共存や地域のつながりを大切にし、生態系を守りながら、持続可能な農業を推進する活動を続けています。
しかし、その安心・安全な食を手に入れることが容易ではなくなってきています。

グリーンピースと一緒に、安心で安全な食品がどこでも手に入る社会を実現しませんか?
その前に知っておいていただきたいこと・・・
ご存知ですか?

農薬について

ミツバチの大量死の一因といわれ、ヨーロッパで暫定的に使用が禁止されているネオニコチノイド系農薬。
この農薬は、子どもの脳や神経などへの発達神経毒性があるとの科学的見解も発表されています。
水溶性かつ浸透性なので、環境に広がりやすく、さらに作用が長期間にわたってつづきます。

ヨーロッパではネオニコチノイド系農薬の規制の強化や毒性の再評価がされています。
しかしこうした動きとは全く逆行して、日本ではネオニコチノイド系農薬の出荷量はこの15年で3倍に伸びています。
また、食品への残留基準もどんどん緩められようとしています。

遺伝子組み換え作物について

日本では、現在のところ遺伝子組み換え作物の商業栽培はおこなわれていませんが、ダイズ、トウモロコシ、ワタ、そしてナタネなど実は日本は遺伝子組み換え食品の輸入大国です。

遺伝子組み換え食品の人体へのリスクとして、組み換えに使われた遺伝子に反応したアレルギー症状が報告されています。
そして、より長期的な人体への影響はまだ充分に研究されていないにもかかわらず、食品に大量に利用されています。

グリーンピースの取り組み

毒性が問題視されながらなお農薬の大量使用が続き、遺伝子組み換え作物が増え続ける原因のひとつに、一握りの多国籍企業の影響力があります。
その影響力は、種子から流通、食卓までと食糧の生産を支配し、さらに生産者と消費者が分断されている現状があると考えています。
毒性の高い農薬の使用中止を呼び掛け、遺伝子組み換え作物の作付け廃止を訴えるとともに、有機農業への転換を訴えています。

最新情報

 

脱ネオニコに、あなたの一票を。

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-06-21

こんにちは、食と農業担当の石原です。 みなさん、いま、世界中からミツバチが減っていること、ご存知ですか?   日本だけ、世界の流れに逆行 via GIPHY 作物の受粉を助けるミツバチへの影響が次々と報告されているネオニコチノイド系農薬は、 ヨーロッパをはじめ、韓国、台湾、アメリカでも、どんどん使用規制 が進んでいます。   その流れに逆らうように、 日本では、新種のネオニコ系農薬が使用可能になったり、使ってい...

2016/06/21 住友化学はネオニコチノイド系農薬から撤退を 株主総会で発言・会場前アピール「脱ネオニコにあなたの一票を!」

プレスリリース|2016-06-21 14:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、住友化学株式会社の第135期定時株主総会会場前で、ミツバチなど生態系に影響があるネオニコチノイド系農薬の製造・販売を継続することはビジネスリスクだと指摘し、その製造中止と生態系農業の推進にビジネスモデルを転換するように求めました(注1)。グリーンピーススタッフとボランティア計13名が会場前に集まり、「脱ネオニコにあなたの一票を! Save The Bees」と書かれたプラカードを掲げ、株主に向けてアピールをしました。また株主に対して、住友化学の...

「ルール通りの農薬管理」の落とし穴

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-06-20

こんにちは、食と農業担当の石原です。 スーパーさんへのアンケートで、 消費者の食の安全のために「独自の農薬基準を持っていますか?」 と質問すると、多くの企業さんがこう回答しました。 「国のルールに則って農薬を使用しているので、独自の基準はない」 でも、 国が決めたルールに従うだけでは、消費者を農薬のリスクから守りきれない という事実があきらかになりました。 なぜなら…そもそも農家さんが購入する...

2016/06/20 グリーンピース調査、夏野菜の苗4製品から非表示の農薬見つかる ずさんなルールで広がる農薬使用、政府は生態系農業への転換を

プレスリリース|2016-06-20 14:31

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、農薬使用の実態を調べるため、国内の種苗販売店で購入した夏野菜の苗9製品(トマト苗3点、ナス苗3点、ピーマン苗1点、キュウリ苗2点)の分析を2016年5月23日から6月6日にかけて行い、全9製品中5製品からネオニコチノイド系農薬が検出されたことを発表しました(注1)。うち4製品では非表示の農薬が見つかり、いずれも接ぎ木苗から検出されました。サンプルは2015年5月19日から21日にかけ、JA東京むさし(本社 東京都)、株式会社コメリ(本社...

“農薬ありき”の農水省が、オーガニックの足を引っ張っている

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-06-13

こんにちは、食と農業担当の石原です。 今回のブログ、 「“農薬ありき”の農水省が、オーガニックの足を引っ張っている」 と、少々強気に始めています。 というのも、6月3日(金)、農林水産省に、みなさんから集まった 「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」23,655筆を届け 、農薬対策室の室長と話をしてきました。 農水省との対話では、普段冷静なわたしでも(?)ぐっと堪えなければならないほど、ネオニコチノイド系農薬(以下ネオニコ系農薬)のミツバ...

2016/06/07 グリーンピース声明: 厚生労働省によるネオニコチノイド系農薬の食品残留基準緩和決定に抗議 4 食品の残留基準緩和、トウモロコシは現行の10倍以上...

プレスリリース|2016-06-07 16:05

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、厚生労働省によるネオニコチノイド系農薬チアメトキサムの食品残留基準の緩和決定を受け、農薬使用に歯止めのない政策に抗議する下記の声明を発表しました。今回の食品残留基準緩和は全4食品(トウモロコシ、玉ねぎ、アボカド、トマト・ピーマン・なす以外のなす科野菜)に適用され、例えばトウモロコシでは現行の0.05ppmから0.7ppmと10倍以上に引き上げられました(注)。

農家さんの半分以上が「有機にしたい」!

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-06-07

みなさん、こんにちは。食と農業担当の石原です。 知っていますか?普通の農家さんの半分以上が 「有機農業に取り組みたい」 と考えていること。 農林水産省が2007年に発表したアンケート調査(注1)では、 49.4%の農家さんが「条件がととのえば有機農業にしたい」 と答えています。今後取り組むことを決めている農家さん(2.2%)を合わせたら半分以上! ちなみに、現在有機農業に取り組んでいる農家さんは全体の4.9%です。 ...

調査結果を発表!「有機食品を増やす予定なし」ってどういうことですか?

ブログ食と農業チーム 石原 | 2016-05-31

こんにちは、食と農業チームの石原謙治です。わたしたち食と農業チームは今日、新しいレポートを発表しました。その内容を、みなさんに最速報告です! 「有機野菜を選びたいのに、近所のスーパーに売ってない!」 食の安全を気にかける人が増え、雑誌やテレビでもたびたび”オーガニック”という言葉を耳にする昨今。「ご近所のスーパーに十分な品揃えがない」スーパーや生協へのそんな要望が、わたしのまわりでもよく聞こえてきます。 グリーンピースは、大手のスーパー6...

2016/05/31 グリーンピース「Goオーガニックランキング」発表 〜スーパーマーケット6社・生協の持続可能な農業への行動を評価〜 2020年までに有機商品の拡充を求め...

プレスリリース|2016-05-31 14:20

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、国内大手小売業スーパーマーケット6社(イオン、イトーヨーカドー、成城石井、バロー、ユニー、ライフ)と生協(コープネット事業連合)に対し行ったアンケート調査をもとに、持続可能な農業への取り組みを評価する「Goオーガニックランキング」を発表しました(注1)。アンケート結果から、農産物の取り扱いにおける有機の割合が1%にとどまる企業もあることが分かりました。グリーンピースは、スーパー6社と生協へ2020年までに半分以上の商品に有機の選択肢を導入するよ...

1 - 10181の結果。

トピックス