食と農をまもる

食と農をまもる

私たちが生きていくのに欠かせない食。
グリーンピースは、人と自然の共存や地域のつながりを大切にし、生態系を守りながら、持続可能な農業を推進する活動を続けています。
しかし、その安心・安全な食を手に入れることが容易ではなくなってきています。

グリーンピースと一緒に、安心で安全な食品がどこでも手に入る社会を実現しませんか?
その前に知っておいていただきたいこと・・・
ご存知ですか?

農薬について

ミツバチの大量死の一因といわれ、ヨーロッパで暫定的に使用が禁止されているネオニコチノイド系農薬。
この農薬は、子どもの脳や神経などへの発達神経毒性があるとの科学的見解も発表されています。
水溶性かつ浸透性なので、環境に広がりやすく、さらに作用が長期間にわたってつづきます。

ヨーロッパではネオニコチノイド系農薬の規制の強化や毒性の再評価がされています。
しかしこうした動きとは全く逆行して、日本ではネオニコチノイド系農薬の出荷量はこの15年で3倍に伸びています。
また、食品への残留基準もどんどん緩められようとしています。

Bee my Friend(農薬なしの有機農業を応援)サイトへのリンク

遺伝子組み換え作物について

日本では、現在のところ遺伝子組み換え作物の商業栽培はおこなわれていませんが、ダイズ、トウモロコシ、ワタ、そしてナタネなど実は日本は遺伝子組み換え食品の輸入大国です。

遺伝子組み換え食品の人体へのリスクとして、組み換えに使われた遺伝子に反応したアレルギー症状が報告されています。
そして、より長期的な人体への影響はまだ充分に研究されていないにもかかわらず、食品に大量に利用されています。

グリーンピースの取り組み

毒性が問題視されながらなお農薬の大量使用が続き、遺伝子組み換え作物が増え続ける原因のひとつに、一握りの多国籍企業の影響力があります。
その影響力は、種子から流通、食卓までと食糧の生産を支配し、さらに生産者と消費者が分断されている現状があると考えています。
毒性の高い農薬の使用中止を呼び掛け、遺伝子組み換え作物の作付け廃止を訴えるとともに、有機農業への転換を訴えています。

最新情報

 

ネオニコ農薬のメーカー住友化学に質問書を出しました。「どうして残留基準値を上げるのですか」

ブログ食と農業問題 | 2015-02-13

みなさん、こんにちは。 ただいまパブコメ募集中のネオニコ農薬のクロチアニジン。残留基準値が大幅に緩和されようとしていますが、もうパブコメは書きましたか? ところでこの緩和の動き、そもそもどうして始まったのでしょうか? それは農薬メーカーから、この農薬クロチアニジンを使う範囲を広げたり使い方を変更したりする申請が農林水産省へ提出されたことに始まります。 そこで、今回グリーンピースでは、残留基準値緩和の大元にいる、クロチアニジンのメーカー、住友化学...

全国の農産物エコラベル、ほんとにエコなの? 47都道府県に聞いてみました!

ブログ食と農業問題 | 2015-02-03

こんにちは。食と農業問題チームの関根です。  野菜やお米に、「エコ農産物」とか「特別栽培」とか「有機JAS」といったマークがついているのを見たことありますか? いま、土づくりなどの工夫をして化学肥料、農薬の使用を減らした「環境保全型」(注1)の農産物であることを示すマークが、国や都道府県や各地の農協などの取り組みとしてたくさんつくられています(ここではまとめて「エコラベル」と呼んでおきます)。 エコラベルが生産者や栽培方法の情報をきちんと伝...

2015/01/29 環境保全型農業のマークは、農薬の有無の明示を——全国47都道府県アンケート調査実施。エコラベル一覧発表

プレスリリース|2015-01-29 13:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは29日、全国47都道府県に対し、環境保全型農業の農産物を表すマーク等について行ったアンケート調査、および消費者への意識調査の結果を発表し(注1)、同時に一般消費者が農産物購入の参考にできるよう、都道府県別エコラベル一覧をウェブサイトに公開しました(注2)。

きのう農薬をまいたホウレンソウ、食べる? 意見を送ろう、ネオニコ残留基準のパブコメ募集開始

ブログ食と農業問題 | 2015-01-28

みなさんこんにちは。 食と農業問題を担当している関根です。 ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの食品への残留基準を決める再検討が、昨年暮れに厚生労働省で再開(注1)され、新たな残留基準案に対して再びパブリックコメントの募集がはじまりました。締め切りは2月21日(土)です。グリーンピースも パブコメ出しました 。 新たな基準案は、どう見ても、前回の1600通を超すパブリックコメントの意見を反映していません。実際、厚生労働省の説明も、食品安全委員会の検討結果...

「高すぎる」ネオニコ系農薬の残留基準〜厚生労働省の案が明らかに!

ブログ食と農業 | 2014-12-25

みなさんこんにちは。冬至を過ぎ、学校もお休み入り、年の瀬の雰囲気になってきました。 そんな折、農薬などの残留基準を審議している厚生労働省の部会(注1)では、ネオニコチノイド系農薬のクロチアニジンの食品への残留基準を決める検討が再開されました。グリーンピースの食と農業問題チームも傍聴に行ってきました。 この日(12月24日)の部会で出されたネオニコの残留基準の案には、委員の方からも思わず「ずば抜けて高い」(ほうれん草について)との意見が。   ...

アメリカ、ハワイなど野生生物の保護区でもネオニコ禁止に〜オバマ大統領令につづくアメリカの動き(2)

ブログ食と農業 | 2014-12-20

みなさん、こんにちは。食と農業問題担当の関根です。 ヨーロッパでネオニコチノイド系農薬の規制が始まって一年がたちました。 アメリカでも、ハワイなど太平洋側の野生生物の保護区でネオニコチノイド系農薬の使用を2015年末までに全廃することが決まりました。 「太平洋地域では、国立野生生物保護区の野生生物のため、農作物の栽培でのネオニコチノイド系農薬の使用を効果的に、速やかに、廃止するための段階的アプローチに着手する」(魚類・野生生物保護局...

「べつの道」は、あなたを待っている:イタリアの小さな村が農薬全廃を決定~日本でも各地で農薬に頼らない試み

ブログ食と農業 | 2014-12-16

皆さんこんにちは。食と農業問題担当の関根です。 衆議院選挙で「この道しかない」と叫んでいた自民党が291議席を獲得しました。「この道」って?原発の再稼働、武器輸出、特定秘密保護法、そして集団的自衛権…? 農薬のもたらす被害を告発した『沈黙の春』の著者、レイチェル・カーソンは、本の終章「べつの道」で、こんな風に書いています。 「私たちは、いま分かれ道に立っている。 長いあいだ旅してきた道は、一見、快適な高速道路で、超スピードで進むことができるけれど、...

ミツバチを守れ!アメリカの国会議員60人が環境保護庁に要求〜オバマ大統領令に続くアメリカでの動き(1)

ブログ食と農業 | 2014-12-11

皆さんこんにちは。 アメリカのオバマ大統領が、「 ミツバチ 、その他花粉媒介生物の健康を促進する連邦レベルの戦略の策定」を命じる大統領令を出してから半年。その後アメリカでどんな動きがあるか、3回に分けてお伝えします。 今回は、アメリカの連邦議員(下院議員)60人が、環境保護庁に対して花粉を媒介する生物を守るよう求めた書簡についてです。 オバマ大統領は今年の6月、アメリカの各部門が協力してネオニコチノイドの問題に対処する特別委員会を立ち上...

米シアトルでも、ネオニコ系農薬が禁止に。 世界と逆行する日本

ブログ食と農業問題 | 2014-11-20

米シアトルでも、ネオニコ系農薬が禁止に。 ミツバチや人間への影響が懸念され、世界中で規制が進むネオニコチノイド系農薬ですが、米国ワシントン州の中心都市シアトルでも、禁止が発表されました(注1)。 9月下旬に開催されたシアトル市議会で、同市内や、市が保有する土地で、ネオニコチノイド系農薬の使用について禁止令を制定する決議が全会一致で採択されました。 また、この決議ではネオニコ系農薬の全国的な一時使用中止を要求するとともに、対策を取るようにホワイトハウスの花粉媒...

そのお米はどうやって作られたの?~初めての稲刈り体験記~

ブログ食と農をまもる | 2014-10-23

こんにちは。グリーンピースでインターンをしている久保です。 先週、食と農業問題チームの有機農業を広める"bee my friend"活動の一貫で、石川県の金沢市での稲刈り体験に同行させて頂きました。 都会暮らしにどっぷり浸かっている私には、やっぱり、体験してみないとわからないことだらけでした。 今回は、「生きもの元気米」を栽培しているNPO法人 河北潟湖沼研究所さんと、金沢の有機農家さんにお世話になりました。 みなさんは、この河北潟の地域で...

1 - 10109の結果。

トピックス