食と農をまもる

食と農をまもる

私たちが生きていくのに欠かせない食。
グリーンピースは、人と自然の共存や地域のつながりを大切にし、生態系を守りながら、持続可能な農業を推進する活動を続けています。
しかし、その安心・安全な食を手に入れることが容易ではなくなってきています。

グリーンピースと一緒に、安心で安全な食品がどこでも手に入る社会を実現しませんか?
その前に知っておいていただきたいこと・・・
ご存知ですか?

農薬について

ミツバチの大量死の一因といわれ、ヨーロッパで暫定的に使用が禁止されているネオニコチノイド系農薬。
この農薬は、子どもの脳や神経などへの発達神経毒性があるとの科学的見解も発表されています。
水溶性かつ浸透性なので、環境に広がりやすく、さらに作用が長期間にわたってつづきます。

ヨーロッパではネオニコチノイド系農薬の規制の強化や毒性の再評価がされています。
しかしこうした動きとは全く逆行して、日本ではネオニコチノイド系農薬の出荷量はこの15年で3倍に伸びています。
また、食品への残留基準もどんどん緩められようとしています。

遺伝子組み換え作物について

日本では、現在のところ遺伝子組み換え作物の商業栽培はおこなわれていませんが、ダイズ、トウモロコシ、ワタ、そしてナタネなど実は日本は遺伝子組み換え食品の輸入大国です。

遺伝子組み換え食品の人体へのリスクとして、組み換えに使われた遺伝子に反応したアレルギー症状が報告されています。
そして、より長期的な人体への影響はまだ充分に研究されていないにもかかわらず、食品に大量に利用されています。

グリーンピースの取り組み

毒性が問題視されながらなお農薬の大量使用が続き、遺伝子組み換え作物が増え続ける原因のひとつに、一握りの多国籍企業の影響力があります。
その影響力は、種子から流通、食卓までと食糧の生産を支配し、さらに生産者と消費者が分断されている現状があると考えています。
毒性の高い農薬の使用中止を呼び掛け、遺伝子組み換え作物の作付け廃止を訴えるとともに、有機農業への転換を訴えています。

最新情報

 

今からはじめよう オーガニックな暮らし!

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-07-26

こんにちは。食と農業の石原です。 7月23日土曜日、グリーンピース・ジャパンはオーガニックイベント、 「都会でできるオーガニックな暮らし」 を開催しました。 都会に暮らしながら、オーガニックな暮らし をするためにはどうすればいいのか? しばしば自然を求めて都会から脱出したくなる私にとっても、すごく気になるテーマです。 今回のスペシャルゲストは、 食と暮らしと環境をまるごと学ぶ「タカコナカムラWhole...

小売店からオーガニックのエネルギーが動きだす!

ブログ食と農業 石原 | 2016-07-21

こんにちは、食と農業担当の石原です。 アメリカやフランス、オランダなど、同じくらいの所得の国と比べて、 日本のオーガニック食品購入金額は最低レベル 。 同じアジアの 韓国や中国と比べてもオーガニックの作付面積が少ない … 数値で見てもやっぱり伸び悩んでいる日本のオーガニック業界。 どうして日本のオーガニックは伸び悩んでいるんでしょう?問題はどこにあって、どうしたら加速していくんでしょう? ...

2016/07/07 グリーンピース声明、ネオニコチノイド系農薬規制が急務 政府のミツバチ保護対策、依然効果なしと判明 ーー農林水産省「蜜蜂被害事例調査」の結果を受けて

プレスリリース|2016-07-07 17:45

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、農林水産省が3年計画で進める国内のミツバチの農薬被害調査の最終版「平成27年度蜜蜂被害事例調査結果」(注1)を公表したことを受け、下記の声明を発表しました。

土の本来の力で

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-07-07

【特別インタビュー】石川県 農事組合法人One 宮野一さん こんにちは、食と農業担当の石原です。 前回の 石川県河北潟の石橋さんのインタビュー に続き、 無農薬・減農薬で野菜やお米を栽培している農家さんの特別インタビュー をお届けします。 今回は、 土の本来の力を活かした農業を心がけているという、金沢市才田町の宮野さん 。 できるだけ農薬に頼らずに子どもたちに野菜を食べさせたいという思い や、...

7.10選挙に行こう! 政党アンケート、結果発表

ブログプログラム副部長 エネルギーチームリーダー 高田 | 2016-07-05

こんにちは、プログラム副部長の高田です。 7月10日は、参議院選挙の投票日。そこで、グリーンピースが気になること、各政党に尋ねてみました。 グリーンピースは、原発のない自然エネルギーの社会、そして、未来の食卓を支えるサステイナブルな農業や漁業をめざして活動しています。そんな社会をつくるために、政治の力が欠かせません。 選挙は、わたしたち市民がひとりひとりの声を直接、確実に政府に届けられる機会。 この調査は、わたしたちの声を代弁し...

農薬ではなく生きものの力を借りた農業を

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-07-01

【特別インタビュー】石川県 楽園果実石橋農園 石橋英朗さん こんにちは、食と農業担当の石原です。 ネオニコ系農薬をはじめとした、化学農薬 は、ハチにも子どもたちの脳や神経にも危険。 だから減らしたい。 だけど、 農薬の効果に助けられている農家さんにとって、大きな負担になってしまうんじゃないの? みなさんから、よく聞かれる質問です。食と農業担当として勉強中のわたし自身にとっても、実は少し気がかりになっていたことでした。 ...

脱ネオニコに、あなたの一票を。

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-06-21

こんにちは、食と農業担当の石原です。 みなさん、いま、世界中からミツバチが減っていること、ご存知ですか?   日本だけ、世界の流れに逆行 via GIPHY 作物の受粉を助けるミツバチへの影響が次々と報告されているネオニコチノイド系農薬は、 ヨーロッパをはじめ、韓国、台湾、アメリカでも、どんどん使用規制 が進んでいます。   その流れに逆らうように、 日本では、新種のネオニコ系農薬が使用可能になったり、使ってい...

2016/06/21 住友化学はネオニコチノイド系農薬から撤退を 株主総会で発言・会場前アピール「脱ネオニコにあなたの一票を!」

プレスリリース|2016-06-21 14:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、住友化学株式会社の第135期定時株主総会会場前で、ミツバチなど生態系に影響があるネオニコチノイド系農薬の製造・販売を継続することはビジネスリスクだと指摘し、その製造中止と生態系農業の推進にビジネスモデルを転換するように求めました(注1)。グリーンピーススタッフとボランティア計13名が会場前に集まり、「脱ネオニコにあなたの一票を! Save The Bees」と書かれたプラカードを掲げ、株主に向けてアピールをしました。また株主に対して、住友化学の...

「ルール通りの農薬管理」の落とし穴

ブログ食と農業担当 石原 | 2016-06-20

こんにちは、食と農業担当の石原です。 スーパーさんへのアンケートで、 消費者の食の安全のために「独自の農薬基準を持っていますか?」 と質問すると、多くの企業さんがこう回答しました。 「国のルールに則って農薬を使用しているので、独自の基準はない」 でも、 国が決めたルールに従うだけでは、消費者を農薬のリスクから守りきれない という事実があきらかになりました。 なぜなら…そもそも農家さんが購入する...

2016/06/20 グリーンピース調査、夏野菜の苗4製品から非表示の農薬見つかる ずさんなルールで広がる農薬使用、政府は生態系農業への転換を

プレスリリース|2016-06-20 14:31

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、農薬使用の実態を調べるため、国内の種苗販売店で購入した夏野菜の苗9製品(トマト苗3点、ナス苗3点、ピーマン苗1点、キュウリ苗2点)の分析を2016年5月23日から6月6日にかけて行い、全9製品中5製品からネオニコチノイド系農薬が検出されたことを発表しました(注1)。うち4製品では非表示の農薬が見つかり、いずれも接ぎ木苗から検出されました。サンプルは2015年5月19日から21日にかけ、JA東京むさし(本社 東京都)、株式会社コメリ(本社...

1 - 10182の結果。

トピックス