食と農をまもる

食と農をまもる

私たちが生きていくのに欠かせない食。
グリーンピースは、人と自然の共存や地域のつながりを大切にし、生態系を守りながら、持続可能な農業を推進する活動を続けています。
しかし、その安心・安全な食を手に入れることが容易ではなくなってきています。

グリーンピースと一緒に、安心で安全な食品がどこでも手に入る社会を実現しませんか?
その前に知っておいていただきたいこと・・・
ご存知ですか?

農薬について

ミツバチの大量死の一因といわれ、ヨーロッパで暫定的に使用が禁止されているネオニコチノイド系農薬。
この農薬は、子どもの脳や神経などへの発達神経毒性があるとの科学的見解も発表されています。
水溶性かつ浸透性なので、環境に広がりやすく、さらに作用が長期間にわたってつづきます。

ヨーロッパではネオニコチノイド系農薬の規制の強化や毒性の再評価がされています。
しかしこうした動きとは全く逆行して、日本ではネオニコチノイド系農薬の出荷量はこの15年で3倍に伸びています。
また、食品への残留基準もどんどん緩められようとしています。

Bee my Friend(農薬なしの有機農業を応援)サイトへのリンク

遺伝子組み換え作物について

日本では、現在のところ遺伝子組み換え作物の商業栽培はおこなわれていませんが、ダイズ、トウモロコシ、ワタ、そしてナタネなど実は日本は遺伝子組み換え食品の輸入大国です。

遺伝子組み換え食品の人体へのリスクとして、組み換えに使われた遺伝子に反応したアレルギー症状が報告されています。
そして、より長期的な人体への影響はまだ充分に研究されていないにもかかわらず、食品に大量に利用されています。

グリーンピースの取り組み

毒性が問題視されながらなお農薬の大量使用が続き、遺伝子組み換え作物が増え続ける原因のひとつに、一握りの多国籍企業の影響力があります。
その影響力は、種子から流通、食卓までと食糧の生産を支配し、さらに生産者と消費者が分断されている現状があると考えています。
毒性の高い農薬の使用中止を呼び掛け、遺伝子組み換え作物の作付け廃止を訴えるとともに、有機農業への転換を訴えています。

最新情報

 

こどもやミツバチのことを考えた規制になっていますか?「農薬ありき」より「食と環境の安全ありき」へ:農林水産省への署名提出報告

ブログ食と農業問題 | 2015-03-21

こんにちは、食と農業問題担当の関根です。 ネオニコチノイド系農薬の使用禁止と残留基準の規制緩和の撤回を求める署名は、皆さんの熱意により9,235筆が集まりました。ご協力ありがとうございました。今日、この署名を農林水産省に提出し、要請と意見交換をしました。     [写真]署名は、グリーンピース・ジャパン事務局長佐藤潤一より、農林水産省農薬対策室の瀬川雅裕室長に提出するとともに、ネオニコチノイド系農薬の使用規制、残留基準の緩和の撤回、有機農業の...

2015/3/20 農林水産省に署名9,235筆を提出--ネオニコチノイド系農薬の使用禁止と食品残留基準規制緩和の取消し求め

プレスリリース|2015-03-20 15:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは20日、農林水産省がネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの食品中における残留基準の更なる緩和を検討している事に対して、即時取消しと更なる農薬使用の禁止を求める署名9,235筆を集め、林芳正農林水産大臣宛てに提出しました。

住友化学からの回答がとどきました〜農薬メーカーもぜひ食べる消費者の声に耳を傾けてください

ブログ食と農業問題 | 2015-03-06

みなさん、こんにちは。 2月10日にグリーンピースから住友化学株式会社へ送った公開質問書(注1)に対して、2月27日に 回答をいただきました 。(注2) 同社の、市民団体と対話をする姿勢を歓迎したいと思います。 グリーンピースからは6つ質問をし、すべてに回答がありました。ここでは、主な点をまとめてご紹介します。     (1) 消費者の意見を聞いていますか? グリーンピースからは、農薬の使用の量や範囲を増やす申請をするま...

虫たちの活躍するWin-Win な農業〜高知県の天敵農法の現地を訪ねました

ブログ食と農業問題 | 2015-03-03

こんにちは、関根です。 食と農業チームでは昨年、化学農薬の代わりに天敵昆虫の利用が全国一進んでいる高知県を訪ねました。 黒潮の海と山に囲まれたの高知県では、昔から施設園芸(温室での栽培)が盛んです。狭い平地面積を最大限活用して、全国一の生産を誇る野菜がいくつもあります。 ナス、米なす、みょうが、しょうが、ししとう、 にら。 この中にも、天敵となる昆虫を活用することにより、化学農薬をほとんど使わずに生産されている野菜があります。 ...

ネオニコ農薬のメーカー住友化学に質問書を出しました。「どうして残留基準値を上げるのですか」

ブログ食と農業問題 | 2015-02-13

みなさん、こんにちは。 ただいまパブコメ募集中のネオニコ農薬のクロチアニジン。残留基準値が大幅に緩和されようとしていますが、もうパブコメは書きましたか? ところでこの緩和の動き、そもそもどうして始まったのでしょうか? それは農薬メーカーから、この農薬クロチアニジンを使う範囲を広げたり使い方を変更したりする申請が農林水産省へ提出されたことに始まります。 そこで、今回グリーンピースでは、残留基準値緩和の大元にいる、クロチアニジンのメーカー、住友化学...

レポート「花と毒薬」

出版物|2015-02-12 13:00

  

全国の農産物エコラベル、ほんとにエコなの? 47都道府県に聞いてみました!

ブログ食と農業問題 | 2015-02-03

こんにちは。食と農業問題チームの関根です。  野菜やお米に、「エコ農産物」とか「特別栽培」とか「有機JAS」といったマークがついているのを見たことありますか? いま、土づくりなどの工夫をして化学肥料、農薬の使用を減らした「環境保全型」(注1)の農産物であることを示すマークが、国や都道府県や各地の農協などの取り組みとしてたくさんつくられています(ここではまとめて「エコラベル」と呼んでおきます)。 エコラベルが生産者や栽培方法の情報をきちんと伝...

2015/01/29 環境保全型農業のマークは、農薬の有無の明示を——全国47都道府県アンケート調査実施。エコラベル一覧発表

プレスリリース|2015-01-29 13:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは29日、全国47都道府県に対し、環境保全型農業の農産物を表すマーク等について行ったアンケート調査、および消費者への意識調査の結果を発表し(注1)、同時に一般消費者が農産物購入の参考にできるよう、都道府県別エコラベル一覧をウェブサイトに公開しました(注2)。

きのう農薬をまいたホウレンソウ、食べる? 意見を送ろう、ネオニコ残留基準のパブコメ募集開始

ブログ食と農業問題 | 2015-01-28

みなさんこんにちは。 食と農業問題を担当している関根です。 ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの食品への残留基準を決める再検討が、昨年暮れに厚生労働省で再開(注1)され、新たな残留基準案に対して再びパブリックコメントの募集がはじまりました。締め切りは2月21日(土)です。グリーンピースも パブコメ出しました 。 新たな基準案は、どう見ても、前回の1600通を超すパブリックコメントの意見を反映していません。実際、厚生労働省の説明も、食品安全委員会の検討結果...

「高すぎる」ネオニコ系農薬の残留基準〜厚生労働省の案が明らかに!

ブログ食と農業 | 2014-12-25

みなさんこんにちは。冬至を過ぎ、学校もお休み入り、年の瀬の雰囲気になってきました。 そんな折、農薬などの残留基準を審議している厚生労働省の部会(注1)では、ネオニコチノイド系農薬のクロチアニジンの食品への残留基準を決める検討が再開されました。グリーンピースの食と農業問題チームも傍聴に行ってきました。 この日(12月24日)の部会で出されたネオニコの残留基準の案には、委員の方からも思わず「ずば抜けて高い」(ほうれん草について)との意見が。   ...

1 - 10112の結果。

トピックス