食と農をまもる

食と農をまもる

私たちが生きていくのに欠かせない食。
グリーンピースは、人と自然の共存や地域のつながりを大切にし、生態系を守りながら、持続可能な農業を推進する活動を続けています。
しかし、その安心・安全な食を手に入れることが容易ではなくなってきています。

グリーンピースと一緒に、安心で安全な食品がどこでも手に入る社会を実現しませんか?
その前に知っておいていただきたいこと・・・
ご存知ですか?

農薬について

ミツバチの大量死の一因といわれ、ヨーロッパで暫定的に使用が禁止されているネオニコチノイド系農薬。
この農薬は、子どもの脳や神経などへの発達神経毒性があるとの科学的見解も発表されています。
水溶性かつ浸透性なので、環境に広がりやすく、さらに作用が長期間にわたってつづきます。

ヨーロッパではネオニコチノイド系農薬の規制の強化や毒性の再評価がされています。
しかしこうした動きとは全く逆行して、日本ではネオニコチノイド系農薬の出荷量はこの15年で3倍に伸びています。
また、食品への残留基準もどんどん緩められようとしています。

遺伝子組み換え作物について

日本では、現在のところ遺伝子組み換え作物の商業栽培はおこなわれていませんが、ダイズ、トウモロコシ、ワタ、そしてナタネなど実は日本は遺伝子組み換え食品の輸入大国です。

遺伝子組み換え食品の人体へのリスクとして、組み換えに使われた遺伝子に反応したアレルギー症状が報告されています。
そして、より長期的な人体への影響はまだ充分に研究されていないにもかかわらず、食品に大量に利用されています。

グリーンピースの取り組み

毒性が問題視されながらなお農薬の大量使用が続き、遺伝子組み換え作物が増え続ける原因のひとつに、一握りの多国籍企業の影響力があります。
その影響力は、種子から流通、食卓までと食糧の生産を支配し、さらに生産者と消費者が分断されている現状があると考えています。
毒性の高い農薬の使用中止を呼び掛け、遺伝子組み換え作物の作付け廃止を訴えるとともに、有機農業への転換を訴えています。

最新情報

 

農水省の対策は効果無し:ネオニコ系など農薬とミツバチ被害を再確認—日本もただちに禁止を

ブログ食と農業問題 | 2015-06-25

こんにちは、食と農業問題担当の関根です。 農林水産省が6月23日、ミツバチの大量死などの被害について調査した結果を発表しました(注1)。 調査は3年計画で今年は2年めにあたりますが、昨年と同じく、ネオニコチノイドを始めとする農薬散布とミツバチ被害との関連があらためて確認されました。 もう、対策を先延ばしにしているときではありません。 調査結果を見てみると... 【ポイント1】農薬を撒く時期とミツバチの被害がほぼ一致: ...

2015/06/24 声明:農林水産省は今すぐ有害な農薬の禁止を −−農林水産省によるミツバチ被害調査結果を受けて 同日、新レポート「Plan...

プレスリリース|2015-06-24 18:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、農林水産省が三年計画のミツバチ被害調査の二年目にあたる「平成 26 年度蜜蜂被害事例調査結果」(注1)を6月23日に発表したことを受け、下記の声明を発表しました。

住友化学の株主総会:会場前で株主の皆さんにアピールし、総会で質問をしました

ブログ食と農業問題 | 2015-06-23

皆さんこんにちは。 今日は、ネオニコチノイド系農薬のメーカー住友化学の株主総会です(第134期定時株主総会)。食と農業チームは全員で同社の前で、住友化学の株主の方々に向けたアピールや、総会会場での質問をしました。   © Masaya Noda / Greenpeace   1. 株主総会会場前でアピール 朝、株主総会の開催前では、会場入りする住友化学の株主の方々に向けて「ミツバチと子どもに優しい社会へ Sumitomo...

2015/06/23 プレスリリース:住友化学(株)は、ネオニコ系農薬の製造中止を ――住友化学の株主総会で発言、会場前でアピール

プレスリリース|2015-06-23 12:40

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、住友化学株式会社の第134期定時株主総会で株主として発言し、同社が製造、販売するネオニコチノイド系農薬が、世界中で規制されはじめていることを指摘し、その製造中止と、生態系に配慮した農業の推進にビジネスモデルを転換するように求め、会場前でも株主に向けてアピールをしました。

「沈黙の春」をくり返さないために:グリーンピースレポート『農薬と健康』発表(続)

ブログ食と農業問題 | 2015-06-19

こんにちは。食と農業問題担当の関根です。 みなさんは気にしたことありますか? 食べ物だけでなく、空気や水からも、たくさんの種類の化学農薬を体に取り込んでしまっていることを。  化学合成農薬が使われるようになったのは1950年代頃から。     当初、多く使われるようになっていったのは、毒性が強く残留性で生物に蓄積する農薬(DDTなどの有機塩素系農薬)。これらが“害虫”だけでなく、その他の虫や鳥など生態系に深刻な悪影響を与えることを...

農薬は、特に子どもの健康にとって脅威:グリーンピースレポート『農薬と健康』発表

ブログ食と農業 | 2015-06-03

こんにちは。食と農業問題担当の関根です。 みなさんは健康のために日頃からどんなことに気をつけていますか? がん、発達障害、免疫疾患、ホルモンの異常…。 これは日本でもごく普通に使用されている農薬と関連する病気の例です。 グリーンピースでは、私たちの健康と農薬汚染の関係について「確定した既知の影響」と「不確実な影響」の両面から世界で発表されている研究を総合的に考察し、レポート『農薬と健康:高まる懸念』(注1)をまとめました。 ...

レポート「農薬と健康—高まる懸念」日本語版

出版物|2015-06-03 9:59

農薬への曝露と関連する健康への影響について

2015/05/19 グリーンピース声明: 厚生労働省の判断は「子どもや妊婦への脅威」 --ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンおよびアセタミプリドの食品残留基準の大幅緩和...

プレスリリース|2015-05-19 11:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、厚生労働省がネオニコチノイド系農薬クロチアニジンおよびアセタミプリドの食品残留基準の大幅な緩和が告示したことを受けて、下記の声明を発表しました。

ネオニコ農薬の影響、証拠つぎつぎと~国会でも取り上げられています

ブログ食と農業問題 | 2015-04-27

みなさんこんにちは、食と農業問題担当の関根です。 桜前線は北海道へ届き、もう様々な生き物たちが夏に向かって活発に動き出していますね。 一方、ここ数年、カエルをあまり見かけなくなった、虫やミミズが少ない、夏秋にトンボの姿が減った...といったことを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 自然の生態系にネオニコチノイド系農薬が与える影響が深刻だ、ということを示す新しい研究が最近相次いででてきています。   ...

「ネオニコやめます」CSR報告書にも登場—アメリカのホームセンターがネオニコチノイド系農薬を含む商品の取り扱いをやめると約束

ブログ食と農業問題 | 2015-04-18

皆さん、こんにちは。  食と農業問題担当の関根です。 最近、アメリカのホームセンターがネオニコチノイド系の農薬を使った(入った)商品の取り扱いを段階的に廃止していくという方針をCSR報告書で公表しました。 企業は持続可能な社会との関係があってこそ存続でき、そのためには本来の事業活動を通して環境配慮・対策を行う社会への責任があります。この「企業の社会的責任」(CSR)を果たす行動の一つとしてネオニコチノイド系農薬を使った製品の取り扱いを段階的に廃止する...

1 - 10127の結果。

トピックス