食と農をまもる

食と農をまもる

私たちが生きていくのに欠かせない食。
グリーンピースは、人と自然の共存や地域のつながりを大切にし、生態系を守りながら、持続可能な農業を推進する活動を続けています。
しかし、その安心・安全な食を手に入れることが容易ではなくなってきています。

グリーンピースと一緒に、安心で安全な食品がどこでも手に入る社会を実現しませんか?
その前に知っておいていただきたいこと・・・
ご存知ですか?

農薬について

ミツバチの大量死の一因といわれ、ヨーロッパで暫定的に使用が禁止されているネオニコチノイド系農薬。
この農薬は、子どもの脳や神経などへの発達神経毒性があるとの科学的見解も発表されています。
水溶性かつ浸透性なので、環境に広がりやすく、さらに作用が長期間にわたってつづきます。

ヨーロッパではネオニコチノイド系農薬の規制の強化や毒性の再評価がされています。
しかしこうした動きとは全く逆行して、日本ではネオニコチノイド系農薬の出荷量はこの15年で3倍に伸びています。
また、食品への残留基準もどんどん緩められようとしています。

遺伝子組み換え作物について

日本では、現在のところ遺伝子組み換え作物の商業栽培はおこなわれていませんが、ダイズ、トウモロコシ、ワタ、そしてナタネなど実は日本は遺伝子組み換え食品の輸入大国です。

遺伝子組み換え食品の人体へのリスクとして、組み換えに使われた遺伝子に反応したアレルギー症状が報告されています。
そして、より長期的な人体への影響はまだ充分に研究されていないにもかかわらず、食品に大量に利用されています。

グリーンピースの取り組み

毒性が問題視されながらなお農薬の大量使用が続き、遺伝子組み換え作物が増え続ける原因のひとつに、一握りの多国籍企業の影響力があります。
その影響力は、種子から流通、食卓までと食糧の生産を支配し、さらに生産者と消費者が分断されている現状があると考えています。
毒性の高い農薬の使用中止を呼び掛け、遺伝子組み換え作物の作付け廃止を訴えるとともに、有機農業への転換を訴えています。

最新情報

 

ヨーロッパのネオニコ禁止は、いまどうなっているの? ネオニコ規制の今(上)

ブログ食と農業 | 2016-02-02

みなさん、こんにちは。食と農業担当の関根です。 みなさんは「ミツバチ」と聞くと何を思い浮かべますか? 私たち人間と関係すること、それはハチミツだけではありません。 リンゴやイチゴといった果物、アーモンドなどのナッツ類、トマトやかぼちゃなどの野菜に至るまで、じつに農産物の3分の1もがミツバチが花粉を運んでくれることによって、豊かに実ることができています。もしもミツバチがいなくなったら...私たちの食の多様性にとって一大事なのです。 ...

遺伝子組み換えの「神話」を暴く シリーズその7 「遺伝子組み換えは世界の農業や食料事情を改善するって本当?」

ブログ食と農業 関根 | 2016-01-26

みなさん、こんにちは。食と農業担当の関根です。 今回、 レポート「遺伝子組み換え 失敗の20年」 の発表にあわせて皆さんにお送りしてきたこの「神話」シリーズ。 大量生産して大量に売って市場を支配する・・・「工業」のようなことを農業にもとめ、それを実現できるのが遺伝子組み換え(以下GM)作物だ、というのが最後の「神話」です。 単一性、独占、巨大企業がキーワードのGM作物と、多様性、共有、地域の農家主体の有機農業。 ...

遺伝子組み換えの「神話」を暴く シリーズその6  GM作物は他の農業システムと共存できる?

ブログ食と農業 石原 | 2016-01-24

こんにちは。食と農業担当の石原です。 遺伝子組み換え(以下GM)の「神話」を暴くシリーズ、6回目のテーマは「共存」。 GM作物の畑と普通の作物の畑、これらが隣同士にあったら共存できるのでしょうか・・?     【Q】私の畑はGMじゃないし、わけて育てていれば大丈夫? 【A】いいえ。普通の品種と思って育てていた作物から、組み換えられた遺伝子が検出された...。そんなGM汚染が2013年までに世界中で400件も報告されて...

遺伝子組み換えの「神話」を暴く シリーズその5「遺伝子組み換え作物は農家の収入にプラスなの?」

ブログ食と農業 関根 | 2016-01-22

みなさん、こんにちは。食と農業担当の関根です。 遺伝子組み換え(以下GM)作物にまつわる神話の一つは、「GM作物は経済的だ」というもの。価格が手頃でコストがかからない、と宣伝されてきました。でも本当は…正反対。   【A】GM作物の種の値段はどうなってるの? 【Q】GM種子の値段は非GMの種子よりかなり高く、しかもどんどん高騰しています。 たとえば、GMダイズが2000年にアメリカの市場を支配し始めてから、GMダイズ種...

遺伝子組み換えの「神話」を暴く シリーズその4 「遺伝子組み換え作物で、農業がラクになる?」

ブログ食と農業 石原 | 2016-01-20

こんにちは。食と農業担当の石原です。 遺伝子組み換え(以下GM)の「神話」を暴くシリーズ、今回で4回目です。 農業は、作物の成長を妨げる雑草や害虫との戦いです。そこに登場したのがGM作物。除草剤も殺虫剤もいらない、育てるのが簡単。 そう思っていませんか?しかし、その現実は・・・。     【Q】GM作物だと雑草を処理する手間が省ける? 【A】 「スーパー雑草」の出現により、当初期待されていたメリット...

遺伝子組み換えの「神話」を暴く シリーズその3  「遺伝子組み換え作物って安全なの?」

ブログ食と農業 関根 | 2016-01-18

みなさん、こんにちは。食と農業担当の関根です。 最近、アメリカで200万人の反対の声を押し切って、遺伝子組み換え(以下GM)のサケが食用認可されるなど、GMについて不安な要素は増えるばかり。 シリーズ3回めのブログは、消費者がもっとも気になるGM作物の「安全性」です。   【Q】GM作物は食べても安全なの? 【A】「食べても安全だ」とする科学者のコンセンサスはありません GM作物は、組み込まれた遺伝子が作物の中で...

遺伝子組み換えの「神話」を暴くシリーズ その2  「気候変動を乗り越えるためには遺伝子組み換えが必要?」

ブログ食と農業 石原 | 2016-01-16

みなさんこんにちは。食と農業担当の石原です。 遺伝子組み換え(以下GM)の「神話」を暴くシリーズ、今回は気候変動についてです。   【Q】 気候変動と農業って関係あるの? 【A】あります。 気候変動というと、地球温暖化で海面が上昇するとか、異常気象が起きるといった印象が強いかもしれませんが、その影響は農業分野にも深く関係しています。 特に、温暖化による作物の被害で世界的な食料不足の危険性や、干ばつ・塩害などによ...

遺伝子組み換えの「神話」を暴く シリーズその1「遺伝子組み換えで世界の食料問題が解決するって本当?」

ブログ食と農業 関根 | 2016-01-14

みなさんこんにちは。 食と農業担当の関根です。 遺伝子組み換え作物(以下GM作物)はお菓子やパンにも入っている? GM作物に使う除草剤の発がん性はどうなの? 子どものアレルギーにも関係が...? 最近、GM作物について心配が高まっているようです。 グリーンピースでは、好評いただいている「ハッピーランチガイド」で、今日新たに「遺伝子組み換え食品への配慮をしている」という 幼稚園のリスト を公開しました。 ▼クリックするとガイドをご覧いただけます...

2016/01/14 グリーンピースレポート「遺伝子組み換え失敗の20年」日本語版発表、遺伝子組み換え食品に配慮する幼稚園501件も同時発表

プレスリリース|2016-01-14 11:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、米国での商業栽培開始から20年以上が経過した遺伝子組み換え作物に関する最新の科学的、社会的な実態を分析したレポート「遺伝子組み換え失敗の20年〜遺伝子組み換え作物をめぐる7つの『神話』と現実〜」(注1)を発表しました。レポートでは遺伝子組み換え作物は「世界の食料供給」および「気候変動への対応」の鍵となるという『神話』は現実と乖離しており、生物多様性を保ちながら気候変動に対応する生態系農業こそが解決策であると指摘します。グリーンピースはレポート発...

あなたの声を力に!新たなネオニコの解禁を止めるために、パブコメを送ってください

ブログ食と農業 関根 | 2015-12-28

みなさんこんにちは。食と農業担当の関根です。 先のブログ で、新しいネオニコが解禁されそうな段階にきていることをご報告しました。もうパブコメを出したよ、というお便りもとどいています。 アメリカでもヨーロッパでも裁判になっているこの新ネオニコ(スルホキサフロル)。アメリカではもう使用許可が取り消しとなっています。一方、日本ではそんな事実も公表されず、このままではこっそり解禁されてしまいそう。 締め切りは1月2日です。年の瀬の忙しいときですが、まだ...

1 - 10157の結果。

トピックス