食と農をまもる

食と農をまもる

私たちが生きていくのに欠かせない食。
グリーンピースは、人と自然の共存や地域のつながりを大切にし、生態系を守りながら、持続可能な農業を推進する活動を続けています。
しかし、その安心・安全な食を手に入れることが容易ではなくなってきています。

グリーンピースと一緒に、安心で安全な食品がどこでも手に入る社会を実現しませんか?
その前に知っておいていただきたいこと・・・
ご存知ですか?

農薬について

ミツバチの大量死の一因といわれ、ヨーロッパで暫定的に使用が禁止されているネオニコチノイド系農薬。
この農薬は、子どもの脳や神経などへの発達神経毒性があるとの科学的見解も発表されています。
水溶性かつ浸透性なので、環境に広がりやすく、さらに作用が長期間にわたってつづきます。

ヨーロッパではネオニコチノイド系農薬の規制の強化や毒性の再評価がされています。
しかしこうした動きとは全く逆行して、日本ではネオニコチノイド系農薬の出荷量はこの15年で3倍に伸びています。
また、食品への残留基準もどんどん緩められようとしています。

遺伝子組み換え作物について

日本では、現在のところ遺伝子組み換え作物の商業栽培はおこなわれていませんが、ダイズ、トウモロコシ、ワタ、そしてナタネなど実は日本は遺伝子組み換え食品の輸入大国です。

遺伝子組み換え食品の人体へのリスクとして、組み換えに使われた遺伝子に反応したアレルギー症状が報告されています。
そして、より長期的な人体への影響はまだ充分に研究されていないにもかかわらず、食品に大量に利用されています。

グリーンピースの取り組み

毒性が問題視されながらなお農薬の大量使用が続き、遺伝子組み換え作物が増え続ける原因のひとつに、一握りの多国籍企業の影響力があります。
その影響力は、種子から流通、食卓までと食糧の生産を支配し、さらに生産者と消費者が分断されている現状があると考えています。
毒性の高い農薬の使用中止を呼び掛け、遺伝子組み換え作物の作付け廃止を訴えるとともに、有機農業への転換を訴えています。

最新情報

 

2015/05/19 グリーンピース声明: 厚生労働省の判断は「子どもや妊婦への脅威」 --ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンおよびアセタミプリドの食品残留基準の大幅緩和...

プレスリリース|2015-05-19 11:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、厚生労働省がネオニコチノイド系農薬クロチアニジンおよびアセタミプリドの食品残留基準の大幅な緩和が告示したことを受けて、下記の声明を発表しました。

2015/05/15 プレスリリース:グリーンピース初、『Change.org』 で「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」 5月15日(金)より署名開始...

プレスリリース|2015-05-15 15:09

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、「No Bees, No Food. 『子ども・ミツバチ保護法』を求める署名」をオンライン署名サイト『Change.org』で、本日5月15日(金)より開始します。本署名は、4月8日(水)よりグリーンピース・ジャパンのウェブサイトで実施しており、ネオニコチノイド系農薬の禁止と生態系と調和した農業の強化を幅広く訴えるために『Change.org』のプラットフォーム上で、同じ内容を展開します。

ネオニコ農薬の影響、証拠つぎつぎと~国会でも取り上げられています

ブログ食と農業問題 | 2015-04-27

みなさんこんにちは、食と農業問題担当の関根です。 桜前線は北海道へ届き、もう様々な生き物たちが夏に向かって活発に動き出していますね。 一方、ここ数年、カエルをあまり見かけなくなった、虫やミミズが少ない、夏秋にトンボの姿が減った...といったことを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 自然の生態系にネオニコチノイド系農薬が与える影響が深刻だ、ということを示す新しい研究が最近相次いででてきています。   ...

「ネオニコやめます」CSR報告書にも登場—アメリカのホームセンターがネオニコチノイド系農薬を含む商品の取り扱いをやめると約束

ブログ食と農業問題 | 2015-04-18

皆さん、こんにちは。  食と農業問題担当の関根です。 最近、アメリカのホームセンターがネオニコチノイド系の農薬を使った(入った)商品の取り扱いを段階的に廃止していくという方針をCSR報告書で公表しました。 企業は持続可能な社会との関係があってこそ存続でき、そのためには本来の事業活動を通して環境配慮・対策を行う社会への責任があります。この「企業の社会的責任」(CSR)を果たす行動の一つとしてネオニコチノイド系農薬を使った製品の取り扱いを段階的に廃止する...

こいのち × グリーンピース トークイベント参加報告(農産物編)

ブログ食と農業 | 2015-04-16

皆さんこんにちは。 食と農業担当の関根です。 4月11日、世田谷区こどもいのちのネットワークさん(通称:こいのち)とのコラボイベント「おさかなクンだいじょうぶ?」にゲストスピーカーとして海洋生態系担当の小松原と一緒に参加してきました。   食と農業問題の分野からは ネオニコチノイド系農薬をめぐっては、いま新しく始まっている署名運動と、それがなぜいま必要なの?という話をしました。ここでは、そのときお話ししたトピックを一つご紹介しま...

子どもとミツバチを守る法律が必要な「4つの理由」

ブログ食と農業問題 | 2015-04-13

皆さん、こんにちは。 食と農業問題チームの関根です。 グリーンピースではこのたび、子どもの健康や、安全な食、そしてそれを支えてくれるミツバチ達を守って!と国会議員の方たちに求める署名を始めました。 【求めていることは次の2つ】 ● 私たちの食べ物や子どもの健康、ミツバチなどの花粉媒介生物を、農薬の影響から守る法律を作ってください。 ● 有機農業や自然農法など、生態系に調和した農業の価値を評価し、支援を強化してください。...

予防原則なしに子どもや環境は守れません!〜「農薬を口にする量はなるべく少ないがよい」とみとめない厚生労働省:署名提出報告(つづき)

ブログ食と農業問題 | 2015-04-02

こんにちは、食と農業問題担当の関根です。 みなさんからの、ネオニコチノイド系農薬の残留基準を緩和しないように求める署名、農林水産省につづき、3月31日に厚生労働省に提出し、要請・交渉をしてきました。 交渉では厚生労働省から驚きの発言が…     [写真:厚生労働省の基準審査課の黒羽課長補佐に手渡しました]   交渉は、ネオニコチノイド系農薬中止を求めるネットワーク(略称ネオニコネット)NPOダイオキシン・環境ホルモン対策国民...

ネオニコフリーの田んぼ、消費者の予約で拡大中!あなたもネオニコフリーの田んぼを増やしませんか?

ブログ食と農業 | 2015-03-30

こんにちは。食と農業担当の関根です。 棚田や美しい景観を守る棚田オーナー制度や、田んぼトラストなど、環境や地域を守り支えたいと願う都会の人たちが地方の生産者さんや生産資源つながる試みが各地で行われています。 これまでグリーンピースでもビデオやメルマガでご紹介してきた石川県河北潟のネオニコチノイド系農薬を使わないお米作りも、そんな試みの一つ。 今年も、NPO法人河北潟湖沼研究所の皆さんと地元の農家さんたちがネオニコフリーの「生きもの元気米」の準備をして...

こどもやミツバチのことを考えた規制になっていますか?「農薬ありき」より「食と環境の安全ありき」へ:農林水産省への署名提出報告

ブログ食と農業問題 | 2015-03-21

こんにちは、食と農業問題担当の関根です。 ネオニコチノイド系農薬の使用禁止と残留基準の規制緩和の撤回を求める署名は、皆さんの熱意により9,235筆が集まりました。ご協力ありがとうございました。今日、この署名を農林水産省に提出し、要請と意見交換をしました。     [写真]署名は、グリーンピース・ジャパン事務局長佐藤潤一より、農林水産省農薬対策室の瀬川雅裕室長に提出するとともに、ネオニコチノイド系農薬の使用規制、残留基準の緩和の撤回、有機農業の...

2015/3/20 農林水産省に署名9,235筆を提出--ネオニコチノイド系農薬の使用禁止と食品残留基準規制緩和の取消し求め

プレスリリース|2015-03-20 15:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは20日、農林水産省がネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの食品中における残留基準の更なる緩和を検討している事に対して、即時取消しと更なる農薬使用の禁止を求める署名9,235筆を集め、林芳正農林水産大臣宛てに提出しました。

1 - 10119の結果。

トピックス