熊本県阿蘇郡で無農薬で根菜類や花を育てている、山口次郎さんにお話しを伺いました。

◆循環する農業

もともと私は農業者ではないので、最初からそういうふうに(無農薬で)取り組んでいたので、循環する農業を目指すと結果的に無農薬で作っているということになりました。

地元の方でもできれば農薬を使いたくないと、農薬を極力減らすような生産されている方は結構います。

もちろん在来種なので、この地域でとれた種だったりとか、この地域でとれた資材で昔から育てられていたので、昔は外から入ってくることがなかったので、昔の方の言われる通りに、草の堆肥や囲炉裏の灰などを利用して作る事により、暮らしと作物が繋がる形になります。

より地域に根ざし、地球に寄り添った暮らしが増えていけば、高齢化とか人口減少している農村部とかまた活性化していくんじゃないかと、またそういう資源が沢山あるところなので若い人たちにどんどん来てもらいたいなと思っています。

◆消費者の意識が変わるきっかけとは

直接消費者と会ってお話してこういう食べ方が美味しいですよと伝える事ももちろん大切ですし、それを調理して出してくれるレストランで地元の作物と説明してもらうこともありますし、もうひとつ考えてるのは来年、鶴の子芋に限ってなんですが、高齢化と生産者が少なくなっているので、都会の人たちとの交流を考えて里芋のトラスト運動なんかもちょっと取り入れていきたいなと、それによって、この地域だけでしか消費されていなかったものが、町でも色々消費されるようになるとうれしいなと思ってます。

ただ、消費される方がそういうものが食べたいというのが広がれば広がるだろうし、もっと安いものがいい、簡単なものがいいとなればあまり受け入れられないんじゃないかなとも思いますね。
ぜひ、阿蘇たかもり町に来た際は田楽でこの鶴の子芋を食べてみて下さい!

 


  

農薬、化学肥料、堆肥等も使用しない自然栽培に取り組んでいる熊本県菊池市の渡辺明人さんにお話しを伺いました。

◆農薬への疑問

食べ物の前提は安全が一番大事だと考えておりましたが、現場で農薬を使うことでこれが本当に安全かなという疑問がわきましたので有機栽培に転換いたしました。

自分自身が農薬を食っていました。混ぜる時に手袋やマスクを付けなければいけないんですよね。それはなぜか。それは自分の体の中に入れてはいけないから、そういう防護具を付けるわけで。それは本当に食べ物として問題じゃないかなという疑問がたったからですね

◆ミネラルたっぷり自然栽培!

作物はどうしても性質として肥料を与えれば必要以上に肥料を吸収していくものだと思います。与えられた肥料を吸収する分本来必要であるミネラル成分の吸収が少なくなると思うんですね。

その場合、自然栽培のほうが収量は少なく、形も小さいんですも、本来必要なミネラルの含有量が増すんではないか。現実的においしいとか、甘いと買っていただく方の感想を聞くとそうじゃないかなということ確信しております。

わかっていただける消費者の方と巡り合えた、これもありがたいことですけど、ほとんどの方は私のところに直接お電話やファックスでご注文いただいているのですが、あとはうちの地元菊池の渡辺商店さんをはじめ「こうせいさん」卸屋さんにおろしておりますので、そこは渡辺百姓の名前のついたやつのあるところでを購入していただければと思います。

 


  

熊本県阿蘇在住で無農薬無肥料でお米と、お茶、雑穀(麦、麦類と芋類含め40~50種類)を栽培している、高嶋和子さんにお話しを伺いました。

◆作物と虫は共存している!

無農薬無肥料での栽培ですが阿蘇では虫、病気の心配はしなくても大丈夫です。ただ、形が悪かったり、収穫量が減ったりということがあり、それを周りから言われたりはするけど、私は収穫量にはこだわらないし、中に詰まっているエネルギーは倍以上だと思っています。

虫に食べられる事はあっても作物が全滅することはなく、みんな仲良く共存しています。両方のバランスが取れれば片方に制覇されることはないです。

◆農業は楽しい

例えば汗を流して仕事をして見上げると青空で風がふいてきたり、そういう自然の中で豊かなものにつつまれるその、瞬間、瞬間を味わえるなあと、美味しいものが食べられるので農業は楽しいです!

 


  

熊本県阿蘇で無農薬・無化学肥料栽培で、さつまいもや里芋を栽培している野村りょうこさんにお話しを伺いました。

◆農業をやめるつもりが、低農薬、無農薬を始める事に

きっかけは元々普通の農家の娘で、農業はきついし、しない方が良いよということで跡取り娘として、お勤め人のお婿さんをもらう予定だったんです。けれども、主人が大学時代に環境保全学部にいて、行き着くところ仕事として環境庁とかに入るよりは、農業とか自分で身近な所で環境を保全していきたいということになりました。そして、無農薬、自然農法も勉強した中で、まず、出来る所からやっていこうという事で、一緒に有機農業を始めたんです。

◆やっと理解され始めた自分達のやり方

最初は父達が有機農業に理解がなかったので、いったん他の農場などで栽培していました。今みたいにまだまだ有機農業に理解がなかった頃なので、生産したいと思っても買って下さる方がいなかった。周りの生産農家にも不思議がられていました。だんだんそれが、やっと最近農業で食べていけるようになり、経済が回っていくようになりました。

周りに無農薬栽培でも食べていけてるんだと、私たちが実践すれば皆がついてくるし、子ども達にも堂々と跡継ぎになって言える時代が来るかなと思ってがんばっています。後は、私たちは家が農家だったので機械も揃っていて畑もあったので父たちの理解を得ながら、少しずつ、私たちの有機農業にその機械を提供してもらっているのでいいのですが、これからは縁がなくてもやりたい人達を受け入れる体制をだんだん作っていきたいなというところまで今考えています。

 


  

2012年夏に農薬などの影響でハチの大量失踪を経験した石川県能登で、100%国産はちみつを育てている養蜂家の井上治子さんにお話を伺いました。

◆消えるハチ

ハチが減っている?一気に半分に減り、3~4日してみるとそれがまた半分になっていました。かれこれ1週間ぐらいで空っぽになって、でも死体があるわけでもないし。なんだろうこれって思いました。

ハチが消えたその年は、「粉になって飛ばすとハチに悪いから、水の中に薬を入れたよ」
という方がいらっしゃって。ハチはずいぶんお水を飲むから、水の中の方がむしろ悪いんじゃないかなと思って。たしかに、この辺はカメムシ防除の旗がはためいていましたから。

◆くらしの基礎

養蜂やっていると、なんていうの、すべてが基礎からわかる気がします。お花のところに行って、授粉をするから実がなったりとか、フルーツもそうですし

アインシュタインの話は何度もでますけれども、ミツバチが滅亡したら、人類は4年と生きられないだろうっておっしゃったように、そういったものも、基本から知ることができるのね。

農薬だけではなく、他の要因ももちろんありますが、今では、農薬が届かないところで養蜂を続けているそうです。

 


  

愛媛県中島でレモンを含む柑橘類12種を育てている有機農家の岡田義之さんにお話を伺いました。

◆“農薬は、それを撒く生産者に一番害が大きいので“

農薬は、それを撒く生産者に一番害が大きいので、出来れば使いたくなかった。
使わなくてもものはできるということもそれまでの経験で分かったので、じゃあ使わずにやってみようかなと。

その昔、オレンジとレモンの自由化というのがありまして、みかん農家は当然、ミカンは海外にないものなので、残ったんですけどレモンはどっとこう、安いサンキストレモンが入ってきて、レモン農家…レモン農家っちゅうのはなかったんでしょうけど、レモンを作ることをみんなやめてしまったんですね。

やっぱり有機の場合は自然災害、まあ自然災害というかな、環境によっても左右されるところもあるので。

有機のいいところは、何も考えずに食べるに尽きるんじゃないんですかね。なにも心配せずに…それに尽きると思います。

◆消費者にできること

買ってもらうのが一番なんですけど。あくまでも生産者を応援するという意識を持ってもらいたいですね。

ともかくこの中島は柑橘の、日本でもめずらしいぐらいの適地で、あまりにも適地なので ほっといてもそこそこいいものができるんですよね。

▲トップへ戻る

 

【いま、私たちにできること】

日本では多くの農産物に農薬が使われていて、それらは野菜・果物の生産を花粉媒介で支えているミツバチや、子どもたちの健康に影響を及ぼす可能性があります。
世界では、こうした農薬を規制する国が次々と増えていますが、日本は使用を拡大する傾向に。
グリーンピースは「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」を開始し、生態系に調和した農業が一般的となる社会をめざしていきます。

▼こちらのバナーをクリックすると署名ページへ移動します。

 

子どもが毎日食べる給食、ほんとに安心・安全?

私立幼稚園の給食の安全性についてのアンケートをまとめた「ハッピーランチガイド」〜無農薬の安全安心な給食はどこ?〜 関東地方版を公開!小さなお子さんやお孫さんがいる方には、必見のガイドブックです。
農薬の問題や、オーガニック食材の魅力もわかりやすくお伝えしています。ぜひ周りの方にもこのプロジェクトをシェアしてください。

▼ガイドはこちらからダウンロードいただけます

 

Facebookグループ「Bee My Friend」でも、食と農業についての情報をシェアしています。グループに参加して、安全で安心できる食の未来をみなさんで作りましょう!
▼こちらのバナーをクリックするとfacebookグループへ移動します。

 

▼メールマガジンでも、食と農業の情報を発信中!ぜひご登録ください。

 

最新情報

 

「ネオニコやめて」14630人の声、届けました。農水省「科学的根拠を元に見直す」

ブログ食と農業 関根 | 2018-06-28

こんにちは。食と農業担当の関根です。 6月26日、農林水産省に、「むやみに農薬を使わないお米がいい!」という14,630人の賛同(の声を農家、養蜂家、消費者団体と共に提出してきました(注1)。 要請内容は、この2つです。 -ネオニコチノイド系農薬の使用を禁止すること -特にミツバチへの被害の大きい水田にネオニコ系散布を使用せずにすむよう、水田にネオニコを散布させる原因になっていた斑点米の規定をなくすこと*  ...

農家と消費者がつくる、コウノトリの暮らせる田園~ネオニコフリーの好循環ができている理由とは?

ブログ食と農業 関根 | 2018-06-23

こんにちは、食と農業担当の関根です。 無農薬やネオニコ不使用のお米の商品を扱い、契約する農家がどんどん無農薬に転換していっている生活協同組合(生協)があります。近畿・四国に展開する生協「コープ自然派」を訪ねて、その魅力的な活動をうかがいました。 お話は、コープ自然派生活協同組合の鎌田妙子さんと、コープ自然派のお米専門部門「コープ有機」の佐伯昌昭さんです。     鳥たちが田んぼに戻ってくる ...

地球をまもる美味しい野菜レシピ5選

ブログ広報担当 土屋 | 2018-06-15

みなさんこんにちは、広報担当の土屋です。 梅雨に入り、色鮮やかな紫陽花に心癒される日々です。 今週は、ワールドミートフリーウィーク! 今週月曜日からの一週間は、 世界ワールドミートフリー週間(World Meat Free Week)!  世界中の都市で、さまざまな美味しいイベントが開催されています。さて、それは何故でしょうか? 野菜料理が美味しく、私たちの健康に良いというメリットもありますが、肉や乳製品を使わない料理を実践すると、...

えっお米の見た目、厳しい基準に根拠ないの?情報公開で判明!

ブログ食と農業 関根 | 2018-05-25

こんにちは。食と農業担当の関根です。 5月も下旬になり、田植え前線は、東北〜北海道に到達しているようですね。 関東ではアマガエルや、畦にまだちいさなクモの姿を見かけるようになりました。 のどかな風景ですが、育苗箱ごと農薬に浸した苗を田に植える場合もあり、また、あとふた月もすると、農薬を空中散布するヘリやドローンが飛び交うようになります。 ネオニコチノイド系農薬などの農薬の散布は、ミツバチの大量死を引き起こしているほか...

1 - 5205の結果。

トピックス