グリーンピース 放射能測定室 シルベク

グリーンピース放射線調査室シルベク

グリーンピースは、福島第一原子力発電所事故が起きた直後の2011年3月末から放射線調査チームを結成し、福島で放射能汚染の実態調査を行ってきました。
事故以降明らかになってきた食品放射能汚染と、長期的な環境モニタリングの必要性を受けて、2011年10月に「グリーンピース放射能測定室 シルベク」を東京に開設しました。

放射能測定室を拠点に、グリーンピースでは主に2つの活動をしています。

放射線調査

 

大切なご支援ありがとうございます。

寄付アイコン
グリーンピースは、東電福島第一原子力発電所事故が起きた直後の2011年3月末から放射線調査チームを結成し、福島で放射能汚染の実態調査を行ってきました。
こうした調査や活動は、全て市民のみなさまのご寄付のおかげです。
ありがとうございます。
一人一人のご寄付が、政府や企業からの援助を受けずに、独立した調査とキャンペーン活動を可能にしています。
ぜひ、グリーンピースをご寄付で支えてください。
寄付はこちらから
PC >>
モバイル >>

 

「グリーンピース放射能測定室 シルベク」の目的

  1. 公正で透明性の高い情報と分析を提供することで、周辺環境を守り、市民が自らの健康を守るために自衛の対策を取れるようにする
  2. 放射能汚染の証拠を集め、その結果をありのまま公表することで、市民、特に子どもが受ける被ばくをできる限り低減させる
  3. 深刻な被害の現状を明らかにし、被害を受けた市民や企業が東京電力に対して損害の補償を求める際に必要な証拠を集める
シルベク君

「シルベク」の由来
「シルベク」は、市民の“知りたい”にこたえる放射能測定室です。
“シル”は「知る」と「シーベルト」(放射線による人体への影響の大きさを表す単位)、“ベク”は放射線を出す能力を表す単位の「ベクレル」を意味しています。

シルベク君
白衣をまとって虫眼鏡を片手に東奔西走する男の子は「シルベク君」。
「脱原発」をモットーに調査活動を続ける「グリーンピース放射線調査」のキャラクターです。

 

グリーンピース放射能測定室 シルベク 概要

  • 所 在 地: 東京都新宿区西新宿
  • 設   立: 2011年10月20日
  • 人   員: 常駐1名
  • 設   備: 放射線値の測定と放射性核種の識別を迅速に行うため、下記の測定機器を使用
  • NaI(ヨウ化ナトリウム)シンチレーター検出器 ガンマ線スペクトロメーター(Berthold Technologies社製LB2045)
  • 高感度ガンマ線サーベイメータ:Thermo Scientific RadEye PRD-ER
  • 第三者機関: 公正で透明性ある情報提供のため、ゲルマニウム半導体検出器による測定依頼も行います。
  • 国内の厚生労働省登録検査機関 など
  • 国際的な放射能測定専門機関(フランスのACRO研究所):技術協力も含む

<スクリーニング検査について>

「シルベク」で行うスクリーニング検査(精密検査前の簡易検査)には、短時間(30分前後)でセシウムなどの放射性物質が食品に含まれるかどうかを迅速に検査できる、NaIシンチレーション検出器(Berthold Technologies社製 LB 2045)を使用しています。

また、この検査器で正確な計測を行うために必要な以下の作業を、ACRO(フランスの放射能測定専門機関)の協力のもと、導入時から定期的に行っています。

  • 検出器の校正:測定のずれを把握して補正する
  • 計数の更新:検出器から得られる計数率(※)を放射能(ベクレル/kg)へと換算する際に必要な計数を補正する

計数率とは
単位時間当たり(秒や分など、計測器・方法・目的によって異なる)に検出器に入射した放射線の数。

<ストロンチウムの測定について>

グリーンピースは、食品検査の結果をより多く、より早く消費者の皆さまへ伝えたいと考えています。
測定方法の違いにより放射性ストロンチウムの測定には、数週間の時間がかかり、費用も高額であることなどから、グリーンピースは放射性セシウムの測定を優先して行っています。

同時に、放射性ストロンチウムの調査規模が拡大されるよう、日本政府に要請しています。
引き続き、皆さまが自らの健康を守るため自衛の対策を取れるよう、そして皆さまと一緒に企業の方針や政府の政策を変えていくために、グリーンピースは調査を続けます。

最新情報

 

2013/7/10 グリーンピース、福島県の5つの港で放射能調査を実施 ――富岡港や小名浜港などで採取した魚介類8体からセシウム検出

プレスリリース|2013-07-10 10:59

国際環境NGOグリーンピースは7月10 日、福島県の5つの港で採取した魚介類の放射能調査の結果を発表し、福島第一原子力発電所から南へおよそ10kmの富岡港で採取した貝類のバテイラ(シッタカ)から、1キログラムあたり91ベクレルの放射性セシウムが検出されました。福島第一原発の海側の井戸で放射性物質が高い濃度で検出されるなど、依然としてこの海域の汚染は続いていますが、今回の調査でも、福島原発事故が収束からほど遠いことが改めて浮き彫りになりました。(注1)

2013/5/28 福島、宮城、茨城、千葉の漁港で放射能調査を実施 ――富岡港や久之浜港で採取した海藻や魚から放射性セシウム検出

プレスリリース|2013-05-28 10:30

国際環境NGOグリーンピースは5月28日、福島県、宮城県、茨城県、千葉県の8つの港で採取した海産物の放射能調査の結果を発表し、福島第一原子力発電所から南へおよそ10kmの富岡港(福島県富岡町)で採取したフクロフノリから1キログラムあたり167ベクレルの放射性セシウムが検出され、依然としてこの海域の魚介類が放射性物質によって汚染されていることが確認されました。(注1)

2013/1/18 グリーンピース、スーパーマーケット5社のお魚放射能調査を実施 ――全サンプル不検出も、調査を継続

プレスリリース|2013-01-18 11:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日18日、スーパーマーケット5社(イオン、イトーヨーカドー、ユニー[アピタ]、ダイエー、西友)の首都圏(東京都、神奈川県)の店舗を対象に、店頭で販売されているお魚の放射能調査を行い、サンプル全てが検出限界値(最大7.9ベクレル/キログラム)未満で、放射性物質が不検出だったと発表しました。(注1)

2012/12/14 千葉県と東京都三宅島の漁港で放射能調査を実施――全サンプル不検出も、引き続き調査を実施する方針

プレスリリース|2012-12-14 11:00

国際環境NGO グリーンピースは12月14日、東京都と千葉県にある7港の放射能調査の結果を発表いたしました。調査結果は、アジやイカなど22サンプル全てが検出限界値(5ベクレル/キログラム)未満で、放射性物質は検出されませんでした。(注1)

2012/12/7 スーパーマーケット5社の食品放射能調査を実施 ――ユニー(アピタ)戸塚店の「マダラ」から78ベクレルの放射性物質を検出

プレスリリース|2012-12-07 11:00

国際環境NGO グリーンピース・ジャパンは12月7日、スーパーマーケット5社(イオン、イトーヨーカドー、ユニー(アピタ)、ダイエー、西友)の首都圏・東北地方の店舗(東京都、神奈川県、千葉県、福島県、宮城県)を対象にした抜き打ちの放射能調査の結果を発表いたしました。(注1)

1 - 524の結果。