げんぱつにNO!せんきょにGO!投票しようよ。脱原発のあしたに

安倍首相は11月18日、衆議院の解散を表明しました。
12月14日に衆議院選挙が行われます。

東電福島第一原発事故を経験したいま、地震の活動期の中で、
原発のリスクや増え続ける核のゴミとずっといっしょに暮らす未来を選ぶのか、
原発をやめて、核のゴミをこれ以上増やさないで、
省エネ・自然エネルギーで生きる社会を選ぶのか、

日本のあしたは、大人たちの一票一票にかかっています。

原発のないあしたのために、できること、いろいろ。
グリーンピースと いっしょに、やってみませんか?

アクション1 候補者に聞いてみる

「原発、いつ、ゼロにしてくれますか?」

「原発のないあしたのために、何をしてくれますか?」

街で候補者を見かけたら、ぜひ、聞いてみましょう。
候補者にとって、あなたは大切な「一票」。
きっと丁寧に答えてくれるはずです。
候補者事務所に電話をしたり、訪問して聞いてみるのも大事です。

アクション2 「げんぱつにNO!せんきょにGO!」ポスターを広める、はがきを送る

自分で投票するのはもちろん、どんどんまわりによびかけましょう。
グリーンピースでは、ポスター、ハガキなど選挙グッズを用意しています。
もちろん、プラカードとしても使えます。

おうちに貼ったり、お友だちにあげたり、そしてフェイスブックやツイッターなどのインターネットでも広めてください。

おうちに貼ったり、お友だちにあげたりして広めてください。

投票しようよ。脱原発のあしたに。

アクション3 国会議員にあなたの意見を伝える

原発はやめてほしいな…  日本の食の今後が心配…  豊かな海や森がいつまでも残るといいな…
あらゆる「こうなったらいいな」は政治とつながっています。

あなたの地元の国会議員は、いわばあなたの「マイ議員」。
マイ議員に電話して、あなたの実現してほしい政策をどんどん、リクエストしましょう。

議員に働きかける方法はこちら>>

グリーンピースは、原発に頼らない「脱原発の明日」を実現するため、具体的な行動を呼びかけています。
くわしくは下記をご覧ください。

最新情報

 

2017/09/21 プルトニウム輸送は核拡散と安全への脅威ーー破綻した日本の計画は中止するべき

プレスリリース|2017-09-21 7:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、関西電力高浜原発4号機用のウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を載せた輸送船が、本日9月21日早朝、福井県高浜港に到着したことを受けて、「今回の輸送は核拡散のリスクを増大させるもので、日本はプルトニウム使用計画をやめるべき」とする声明を発表しました。日本時間の7月6日にフランスを出港したパシフィック・イグレット号は、プMOX燃料集合体として、736kgものプルトニウムを積載しています。

2017/09/15 グリーンピース、本日クラウドファンディング開始ー ー「福島原発事故をめぐる政府の帰還政策は人権侵害」 国連勧告を目指して、被害者をジュネーブへ

プレスリリース|2017-09-15 10:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、「原発事故被害者10万人の声を代弁する福島のお母さんを国連に送りたい」(注1)と題して、東京電力福島第一原発事故により故郷からの避難を余儀なくされている女性(園田さん:注2)を、10月にスイス・ジュネーブで行われる国連人権理事会の普遍的定期的審査(UPR)事前セッションに送るプロジェクトの支援を求め、本日9月15日からクラウドファンディングを実施します。原発事故から6年半が経った現在、なお放射線レベルが高い地域へ...

2017/07/05 関西電力高浜原発4号機用MOX燃料、フランス出港間近ーーグリーンピース「プルトニウム計画の破綻を認め、MOX利用をやめるべき」と警告

プレスリリース|2017-07-05 16:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区)は、関西電力高浜原発4号機用のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を載せた輸送船が、現地時間7月5日、フランスのシェルブール港から日本に向けて出港するという情報を受けて、MOX燃料の使用は、原子炉の安全余裕を下げ、事故時の被害を拡大させる(注1)と警告しました。

2017/06/30 グリーンピース声明:「正義の道への歴史的一歩」東電元会長ら強制起訴ーー初公判に期待

プレスリリース|2017-06-30 8:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日6月30日、東電福島原発事故にかかかわる業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の元会長ら3人の初公判が東京地裁で開かれることを受けて、以下の声明を発表しました。勝俣恒久元会長、および武藤栄氏、武黒一郎氏の両元副社長の3名は、津波の襲来を予見していたにもかかわらず対策を怠り、事故により13名の東電関係者や自衛隊員にけがを負わせ、福島県双葉町大熊病院の入院患者ら44人を避難の間に死亡させたなどとして、起訴されました。

2017/06/23 グリーンピース、東京電力株主総会で「原発で経営もメルトダウン」と批判ーー再稼働前提の事業計画は幻想、株主・消費者の負担増は必至

プレスリリース|2017-06-23 10:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は本日6月23日、東京電力ホールディングス株式会社の第93回定時株主総会にあたり、会場の国立代々木競技場(東京都渋谷区)で「原発で経営もメルトダウン」と書いたバナーを掲げ、原発再稼動を進める同社を批判しました。グリーンピースはまた、午前10時からの株主総会に株主として出席し、同社の柏崎刈羽原発の再稼働を前提とした事業計画は幻想に過ぎず、株主・消費者の負担増は避けられないと訴えます(注1)。

1 - 5375の結果。

トピックス