海をまもる

海洋生態系担当 小松原和恵がFM FUJI 【What's JOGIN】に出演しました!
オンエアの様子は>こちらから文章でもご覧いただけます。

 

はっきり言ってわたしたち食べ過ぎっ!

「みんなのいつでも・安く食べたい」を叶える、365日お得なスーパーマーケットのお魚売り場や激安回転寿司。でもそれって自然界にとってはすっごく理不尽!
今すぐアクション

あと4%しか残ってない!?

みんな大好きマグロはもうおしまい!特に本マグロは絶滅寸前なのに、未だに獲り放題。このままでは本当にもうすぐ食べられなくなります。
※ 太平洋クロマグロは初期資源の残り4%しかいなくなっていると言われています
売る側の意識は?

漁師さんももう限界

魚はどんどん減っているのに、みんなの「食べたい」は止まらない。高く売れる大きな魚はもういない。小さな魚は良い値がつかないからたくさん獲らなきゃいけない。そしてますます減っていく。これじゃあ儲からん!
安く買えるヒミツ

スーパーを変えなくちゃ

おうちで食べる魚介類の70%はスーパーで売られてます。海と消費者をつなぐスーパーがもっとエコになってくれたら。わたしたち「お客様の声」で変えられます。
スーパーの取り組み

世界無形文化遺産「和食」をいつまでも

なくなったら困るっ!めんつゆ。だし。かつお節。和食にかかせないお魚も実はピンチ!海もまもって、文化もまもる。 エコな買い方・食べ方はきもちいい。
どのお魚がピンチ?

絶対に外せない行政のサポート

あなたが食べてるそのマグロ、実はお腹にこどもがいたかも...。スーパーや消費者がエコになるだけじゃ海はまもれない。水産庁さん、獲り放題を止める仕組み、今年こそつくってくれますよね?

生きることは命をつなぐこと

食べ過ぎていることに気づく。スーパーの売り方をウォッチする。絶滅するほど獲らせない。ちゃんと大事にすれば海は再生してくれます。海をまもるルールを日本がリードしよう。魚も人もハッピーな地球がいいね。
あなたの声が必要!

 

 

 

最新情報

 

生物多様性の日に贈る、地球上のかわいい生きもの7選

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2016-05-20

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 5月22日は、国際生物多様性の日です。 そこで、グリーンピースが世界で活動するなか出会った、ふだん簡単にはお目にかかれないかわいい生きものたちをご紹介しちゃいます!  スヴァールバル諸島で雪とたわむれる北極アザラシの赤ちゃん    アイスランドで夏毛をまとった北極キツネの子ども     ブラジル・アマゾン熱帯雨林にくらす、ティティモン...

ただ今、インド洋をパトロール中!

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2016-04-29

おはようございます! 海洋生態系担当の小松原です。 今日は、グリーンピースの船、エスペランサ号がインド洋で行っている調査のお話です。 昨年の夏に、虹の戦士号が南太平洋をパトロールしていたことを覚えていらっしゃいますでしょうか? 今回は、まだまだ監視の目が行き届いていないインド洋が目的地です。 インド洋を旅する船の名は、エスペランサ。スペイン語で希望という意味の名を冠する船です。ステキ! さて、そんなエスペランサが、どん...

世界で一番美しいサンゴ礁、グレートバリアリーフが直面しているリアル

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2016-04-08

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 世界遺産に登録され、観光地やダイビング・スポットとしても名高い世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフが、今まさにこの瞬間、過去最悪の危機にさらされています。 私もオーストラリア留学時代には訪れたいと思っていた場所の一つですが、近い将来、たくさんの生きものたちを育む美しい海は消えてなくなってしまうかもしれません。 グレートバリアリーフ南部のラグーンを空から撮った様子 ...

うちのネコ缶だいじょうぶ?

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2016-03-17

お久しぶりです。海洋生態系担当の小松原です。 空前の猫ブーム到来、やったー!ほっこりするためのニャンコ写真に事欠かず、猫好きにはウハウハですね。 ツナサンドやお寿司だけじゃない。ペットも食べてる怪しいマグロ! 猫が大好きなマグロが使われている、ちょっと高級なキャットフードとしてお店の棚に鎮座する商品。リッチな質感の中身のエサと、思わず顔がゆるんじゃう、ふわっふわのニャンコの写真のパッケージが目を引きます。 ...

4月のオーシャン・カフェのご案内

ブログ海洋生態系担当 小松原 和恵 | 2016-03-17

こんにちは。海洋生態系担当の小松原です。 海にまつわる問題について、ゆる〜く語る会、オーシャン・カフェのご案内です! 日本にサステナブル・シーフードを広げるために、私たちができること。   「好きなシーフードがいつでも安い」近所のスーパーでのお買い物。 その影では、サステナブルな漁業を目指す漁師さんも困っています。 実際に、魚の王様「本マグロ」の数は減りに減って、いま獲られている 98% が 3 ...

1 - 5435の結果。

トピックス