海をまもる

海をまもる

かつては美しい海に囲まれ、豊富な漁場に囲まれていた日本。
しかし今では、汚染や魚の減少など急速な環境の変化で、はるか遠い海域まで魚を獲りに行かなければならなくなってしまいました。

そして漁業現場では、乱獲や違法漁業など、魚が育つ暇もないようなサイクルや方法で魚が獲られ、このままでは魚が食べられなくなる日が、今の子どもたちが大人になるころにはやって来ると言う試算も出ています。

また、2011年3月11日に起きた地震および津波により、福島第一原子力発電所で事故が起こり、海に大量の放射性物質が放出され、今なお汚染が続いています。

日本だけでなく、地球の70%は海に包まれ、宇宙から見た地球はきれいな青い色をしています。
海の環境が壊れることは、私たちの命を絶つのと同じこと。
そんな恐ろしいことを黙って放っておくわけには行きません。

グリーンピースは、海の環境をまもるため、地域の漁業復興のため、消費者が安心して口にできる魚介類の流通のため、次世代にも魚を残すため、以下の事を求めて活動しています。

  • 海洋放射能汚染をすぐに止めること
  • 放射性物質の調査を強化し、結果を公平かつ速やかに発表すること
  • 大手スーパーが安全かつ持続可能な魚介類の調達方針を策定すること
  • 漁業規制などの資源管理による持続可能な漁業の確立
  • 海洋保護区の設立

グリーンピースと一緒に、サンゴや魚にあふれた美しい海を取り戻し、持続可能な漁業を応援し、子どもたちやその後の世代にも海と魚を残す活動に、参加しませんか?

 

グリーンピースの取り組み

グリーンピースは現在、海の環境をまもるために、主に3つの問題に焦点を当てて取り組みを行っています。

放射能汚染

豊富な海洋生態系が形成されている世界三大漁場の一つであり、ワカメ、カツオ、サンマなど日本の食卓に欠かせない魚介類の主要な産地である東日本太平洋沖。

2011年3月11日に起きた地震および津波により、福島第一原子力発電所で事故が起こり、大量の放射性物質がこの海の豊富な生態系と環境を汚染しています。

福島第一原子力発電所近辺の海域で採取された多くの魚介類サンプルから、日本政府の定める基準値を超えた放射性物質が検出されており、その影響は何十年も続いてしまうことが懸念されています。

放射性物質は海洋生態系や環境を汚染するだけでなく、海からの生態系の恩恵を受ける水産関係者や、私たち消費者の生活や健康にも、長期にわたり影響を及ぼします。

グリーンピースは、東日本大震災の被害を受けた被災者の方々の生活を一刻も早く取り戻すことが何よりも大切だと考えています。

地域の漁業復興のためにも、消費者が安心して魚介類を口にできるためにも、海洋放射能汚染をすぐに止めることが大切です。

日本政府に対してグリーンピースは、海洋生態系に関わる放射性物質調査の強化、その調査結果の公平かつ速やかな発表、そして消費者や水産業関係者へのわかりやすい説明の実施を求めています。

グリーンピースが行った海洋放射能汚染の調査と、その結果に基づく政府への要請について:

小売店・飲食店の問題

私たち消費者が小売や飲食店などで手に取る魚介類には、重要な情報が提供されていない事にお気づきですか?

  • どの海域で獲られた魚なのか
  • 放射能汚染されていないのか
  • どのような漁法で獲られた魚なのか
  • 違法に獲られたものではないか
  • 過剰に漁獲されていないか

魚介類消費大国であるにもかかわらず、日本の大手小売店や飲食店の多くは、十分な情報提供をしないまま、魚介類を店頭に並べています。
このため、消費者が知らないうちに内部被ばくをしてしまったり、過剰漁業や、海の環境破壊に手を貸すことになっていたりしています。

グリーンピースは、消費者が水産業をサポートすることにより、消費者が安心して魚介類を口にでき、子どもたちの世代に海と魚を残す体制を作る、4つの提案と働きかけを行っています。

  1. 海の生物多様性を破壊する原因となっている、大規模な漁業を後押しする、4定(定時、定質、定量、定価)を追及する画一的な流通・販売形態と、それを望む消費者の需要の改善。
    例えば、スーパーマーケットの鮮魚コーナーが世界中から集められた魚介類であふれ、回転ずしで旬に左右されない豊富な種類の魚介類が低価格でコンベヤーの上を回っているような流通・販売方法に対して、消費者が「NO」を表明する事です。
  2. 過剰に漁獲されている海の生物の中で特に象徴的な魚介類をリストアップし公開し、消費のあり方の見直しを提案。
  3. 流通・小売の大手企業に対する、持続可能な魚介類の調達方針作成を求める働きかけ。
  4. 大手小売業界に対し、放射能汚染の自社測定と、その数値の消費者への公表、水揚げ港ではなく漁獲海域の表示、そしてこれらの方針を明文化することなどを求める働きかけ。

グリーンピースが、飲食店・小売店に対して行っている具体的な活動について:

漁業問題

いま世界の海の環境が急激に壊され、魚がいなくなっています。
その主な原因は、生物が自然に増えるスピードを超えるレベルでの漁業が続けられていることです。

このままのペースでは近い将来、マグロやタラなどの大型魚から次々と海から姿を消し、最後には世界の海はクラゲとプランクトンしかいなくなってしまうかもしれません。

この問題は、世界最大規模の魚介類消費国である日本にとって、真剣に取り組むべきものです。

すでに世界の主な水産資源の80%は限界まで漁獲されていて、特にマグロ・カジキ・タラなどの大型魚は、漁業が産業化した最近の60年で90%が世界の海から姿を消してしまいました。

また、世界の漁獲総量に占めるIUU(違法、無報告、 無規制)漁業の割合は30%にものぼります。

さらに、売り物にならないからと、漁獲してその場で海に捨てられてしまう生物は、世界の漁獲量の4分の1(年間約2000万トン)にのぼり、エビの底引き網漁では、網の中の 80%~90%もがエビ以外の生物で占められて、捨てられる場合もあります。

この様な環境や生態系の破壊を食い止めるため、グリーンピースは2つの働きかけと提案を行っています。

  1. 海洋保護区の設立
    海の環境と生物や生態系をまもるには、産卵・生育・回遊などのため生態系にとって、特に重要な海域に海洋保護区(Marine Reserves)を設置し、世界の国々が協力してその保護区をまもって行くことが最も効果的です。
    海洋保護区とは、漁業や開発などあらゆる人為的関与を禁止する保護海域のことで、陸上の国立公園のようなものと考えればわかりやすいでしょう。
    グリーンピースは世界の海の40%を海洋保護区にすることで、地球規模での生物多様性と水産業の持続可能性を追及しています。
  2. 持続可能な漁業の確立
    マグロやカツオなどをはじめ、私たちの食卓に並ぶ多くの魚は国境を越えて回遊します。
    そのため、漁業は国際的な枠組みの中で管理していくことが、海の環境と生態系をまもる上でも、未来の食卓をまもる上でも、とても重要です。

    グリーンピースは太平洋や大西洋など世界の海で、乱獲や混獲を止め、違法漁業や破壊的な漁法を取り締まり、国際的に合意された枠内で漁業を行う体制を作ることと、その国際合意が予防原則に基づくものにすることで、水産業や魚食の持続可能性を追求しています。
    海洋保護区に指定されていない海域で、各国政府および各漁業管理機関に対し、漁業管理へのエコシステム・アプローチと予防原則の導入、その国際的合意の遵守、そしてIUU(違法、無報告、 無規制)漁業の厳格な監視・管理の徹底を求めています。

グリーンピースが、漁業問題について行っている活動について:

最新情報

 

税関検査をにゅるにゅる抜ける不正貿易ウナギ

ブログ花岡和佳男(海洋生態系担当) | 2014-07-11

こんにちは。海洋生態系を担当している花岡和佳男です。 スーパーマーケットは土用丑の日を間近に控え、ウナギの特設コーナーを設けるなど、今年も販売プロモーションを展開しています。パックされた加工商品のラベルには「うなぎ」としか記載されていないですが、実はウナギは世界に19種類いて、そのうちの「二ホンウナギ」「ヨーロッパウナギ」「アメリカウナギ」「ビカーラウナギ」という4種類が、食用として日本で流通されています。あなたが最近食べたウナギは、何ウナギでしょうか? ...

ぐっちゃぐちゃのウナギ流通

ブログ花岡和佳男(海洋生態系担当) | 2014-07-10

こんにちは。海洋生態系担当の花岡和佳男です。 今日は、日本で最も多く食べられている「二ホンウナギ」が国際的に絶滅危惧種に指定されてからちょうど1か月です。大手スーパーマーケット15社は依然として同種の販売を続けていて、そろそろウナギ特売コーナーを目にするようになりました。みなさん、今年はウナギ、スーパーで買いますか?   大手スーパーは絶滅危惧種二ホンウナギの薄利多売を続けるだけでなく、もう一つの絶滅危惧種「ヨーロッパウナギ」も取り扱ってい...

2014/07/10 グリーンピース新DNA調査発表 ― 絶滅危惧ウナギ、大手スーパーマーケットで不正に流通 ―

プレスリリース|2014-07-10 14:00

国際環境NGOグリーンピースは10日、国内大手スーパーマーケット14社(注1)のウナギ取り扱い実態を把握するため、5月28日から6月25日にかけて、店頭で販売されている輸入ウナギ商品のDNA検査と各社アンケート調査結果を実施、本日結果を発表しました(注2)。調査の結果、14社17商品のうち4社4商品で、企業からの回答とDNA検査の結果に不一致が生じ、誤った種の把握のもとでウナギ商品が販売されていた実態が判明しました。

2014/6/12 グリーンピース声明:スーパーマーケットはIUCN絶滅危惧種二ホンウナギの薄利多売を中止すべき

プレスリリース|2014-06-12 9:01

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、二ホンウナギが、2014年6月12日に国際自然保護連合(IUCN)が絶滅する恐れのある野生生物を分類した「レッドリスト」の改訂版に登録され、国際的に絶滅危惧種に指定されたにも関わらず、大手スーパーのほとんどが同種の取り扱いを続けること(注1)について、日本食文化の継承と相反するとして、以下のとおり声明を発表しました。

二ホンウナギ、IUCNレッドリストに記載され、国際的に絶滅危惧種に!

ブログ花岡和佳男(海洋生態系担当) | 2014-06-12

こんにちは。海洋生態系を担当しています、花岡和佳男です。 二ホンウナギ、国際的に絶滅危惧種に指定! 「和食」を代表する魚で、日本で最も多く食べられているウナギ、「二ホンウナギ」が、国際自然保護連合(IUCN)が2014年6月12日に発表した「絶滅のおそれのある生物種のレッドリスト」の最新版に、「近い将来における野生での絶滅の危険性が高い種(絶滅危惧IB類:EN)」として記載されました。   日本で食されるウナギの99%以上が絶滅危惧種 ...

1 - 5315の結果。

トピックス