福島の子どもたちを守るために | 国際環境NGOグリーンピース

福島の子どもたちを守るために


© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace

放射能には、これ以下なら被曝しても安全という値はありません。
日本では、毎時0.6マイクロシーベルト(3か月の積算線量が1.3ミリシーベルト)を超えるところは「放射線管理区域」として立ち入りを制限し、18歳未満の作業を禁止しています。

しかし文部科学省は2011年4月19日に発表した「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」で、子どもの被ばく限度を年20ミリシーベルトに引き上げ(チェルノブイリでは、年間積算線量5ミリシーベルトで強制移住となりました。)野外で毎時3.8マイクロシーベルト未満なら活動してもさしつかえないとしました。

毎時3.8マイクロシーベルトは「放射線管理区域」の約6倍の深刻な値です。
また、グリーンピースが行った調査では、原発から約60Km離れた福島市や郡山市で「放射線管理区域」の2倍から8倍もの放射線が計測され、公園や通学路など子どもの生活圏のあちらこちらに、毎時数十マイクロシーベルトの「ホットスポット」も見つかっています。


© Jeremy Sutton-Hibbert / Greenpeace

このため、福島の多くの子どもたちは「放射線管理区域」に相当する線量の中で、遊び、学んでいます。

グリーンピースの調査に立ち会ってくださった「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」のあるお母さんは、「子どもだけでも避難させたい。
でも、受け入れ先、仕事のことなどを考えると、まだ決断できないのです」と涙ながらに打ち明けてくださいました。

グリーンピースは今、日本政府に以下を求めて活動しています。

  1. 高線量地域に住む妊婦、乳幼児、子どもについて、すみやかな避難の経済的支援、その他の必要な支援を行い、適切な除染を行うこと。
  2. 放射線を浴びるリスクについて、市民に適切な説明をすること。
  3. 人々、とくに子どもの内部・外部被ばく量積算について調べ、その結果を市民に提供すること。

グリーンピースは今後も、現地の放射線調査・食品や海産物の放射線調査を行って、事実を公表し、行政に対策を提案します。
ぜひみなさまのご支援をお願いします。

Twitterでも随時、福島の子どもたちのための活動をお知らせしています。gpjTweetをフォロー

  • 放射線と子供の専門家緊急来日(2011年12月) >>
  • 放射線調査について(2011年6月)
  • 保育施設「こどものいえ そらまめ」での放射線調査について
    原発事故後、グリーンピースは合計3回にわたって(2011年5月6日、6月7日、8月6日)福島市にある保育施設「こどものいえ そらまめ」で放射線調査を行ってきました。
    「こどものいえ そらまめ」では、今も先生やお父さん、お母さんが除染作業を続けています。
    この保育施設で働く石山誠先生が、自分たちの除染作業を絵本にしましたのでご覧ください。

最新情報

 

2017/09/28 グリーンピース、11日間でクラウドファンディング250万円目標達成ー ー「福島のお母さんを国連に送りたい」800人に支えられ、原発事故被害者の実情を...

プレスリリース|2017-09-28 16:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、東京電力福島第一原発事故により故郷からの避難を余儀なくされている女性(園田さん:注1)を、10月にスイス・ジュネーブで行われる国連人権理事会の普遍的定期的審査(UPR:注2)事前セッションに送るプロジェクトの支援を求め、9月15日からクラウドファンディングを実施し、短期間で当初の目標額を大幅に上回るご寄付をいただきました。深く感謝申し上げるとともに、皆さまの当問題への関心をしっかりと受け止め、原発事故被害者の実情...

2017/09/21 プルトニウム輸送は核拡散と安全への脅威ーー破綻した日本の計画は中止するべき

プレスリリース|2017-09-21 9:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、関西電力高浜原発4号機用のウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を載せた輸送船が、本日9月21日早朝、福井県高浜港に到着したことを受けて、「今回の輸送は核拡散のリスクを増大させるもので、日本はプルトニウム使用計画をやめるべき」とする声明を発表しました。日本時間の7月6日にフランスを出港したパシフィック・イグレット号は、プMOX燃料集合体として、736kgものプルトニウムを積載しています。

2017/09/15 グリーンピース、本日クラウドファンディング開始ー ー「福島原発事故をめぐる政府の帰還政策は人権侵害」 国連勧告を目指して、被害者をジュネーブへ

プレスリリース|2017-09-15 12:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、「原発事故被害者10万人の声を代弁する福島のお母さんを国連に送りたい」(注1)と題して、東京電力福島第一原発事故により故郷からの避難を余儀なくされている女性(園田さん:注2)を、10月にスイス・ジュネーブで行われる国連人権理事会の普遍的定期的審査(UPR)事前セッションに送るプロジェクトの支援を求め、本日9月15日からクラウドファンディングを実施します。原発事故から6年半が経った現在、なお放射線レベルが高い地域へ...

2017/07/05 関西電力高浜原発4号機用MOX燃料、フランス出港間近ーーグリーンピース「プルトニウム計画の破綻を認め、MOX利用をやめるべき」と警告

プレスリリース|2017-07-05 18:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区)は、関西電力高浜原発4号機用のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を載せた輸送船が、現地時間7月5日、フランスのシェルブール港から日本に向けて出港するという情報を受けて、MOX燃料の使用は、原子炉の安全余裕を下げ、事故時の被害を拡大させる(注1)と警告しました。

2017/06/30 グリーンピース声明:「正義の道への歴史的一歩」東電元会長ら強制起訴ーー初公判に期待

プレスリリース|2017-06-30 10:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日6月30日、東電福島原発事故にかかかわる業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の元会長ら3人の初公判が東京地裁で開かれることを受けて、以下の声明を発表しました。勝俣恒久元会長、および武藤栄氏、武黒一郎氏の両元副社長の3名は、津波の襲来を予見していたにもかかわらず対策を怠り、事故により13名の東電関係者や自衛隊員にけがを負わせ、福島県双葉町大熊病院の入院患者ら44人を避難の間に死亡させたなどとして、起訴されました。

1 - 5319の結果。

トピックス