汚染をなくす

汚染をなくす

炎を上げて燃える電気製品の廃棄物
© Greenpeace / Lai Yun

私たちは毎日、大気に包まれ、水を飲み、食べ物を食べて過ごします。
その空気や、水や、食べ物をはぐくむ地球全体が汚染されていたら、私たちの体も日に日に汚染されていきます。

日本の優秀な工業製品や技術は世界に認められ、今や世界中に輸出され、また海外で日本企業が生産や企業活動を行っています。
でもその製品に有害化学物質が含まれていたり、古くなった製品の回収や再利用が進んでいなかったり、また工場や企業の活動が環境を配慮していなければ、国内の汚染が進むのはもちろん、汚染も製品と一緒に世界中に広めてしまいます。

このセクションでは、いかに汚染をなくして住みよい地球を作るか、日本の果たす役割を中心に提案しています。

最新情報

 

2016/07/05 ナイキ、エスプリなどが有害化学物質全廃の業界最下位グループに グリーンピース、『デトックス・キャットウォーク』発表 ~グローバル衣料品ブランドの有害化...

プレスリリース|2016-07-05 13:30

国際環境NGOグリーンピースは本日7月5日、大手衣料品ブランドを展開する企業19社の有害化学物質全廃への取り組みを比較した世界ランキング『デトックス・キャットウォーク』を発表しました(注1、2)。

2014/02/17 グリーンピース、高級ブランドの子供服からも有害化学物質を検出――新報告書で、ヨーロッパとアジアで購入した27点の調査結果を発表

プレスリリース|2014-02-17 16:30

【イタリア】 国際環境NGOグリーンピースは、ミラノファッションウィーク開催中の本日2月17日、イタリア、フランス、中国などヨーロッパとアジアの国々で購入した27点の高級ブランドの子供服を調査した結果、ヴェルサーチ、ルイ・ヴィトン、ドルチェ&ガッバーナなどファッションショーでもおなじみの高級ブランドの服から、ファストファッションの製造過程で使用されているものと同種類の有害化学物質が検出されたと発表しました。(注1)(注2)

2013/10/31 ユニクロが有害化学物質全廃の業界トップグループに――グリーンピース、「デトックス・キャットウォーク」発表~グローバル衣料品ブランドの有害化学物質全廃へ...

プレスリリース|2013-10-31 14:00

国際環境NGOグリーンピースは本日10月31日、「デトックス・キャットウォーク」と題した大手衣料品ブランドを展開する企業24社の有害化学物質全廃への取り組みを比較した世界ランキングを発表しました(注1)。

2013/1/9 ユニクロ、2020年までに有害化学物質全廃をグリーンピースと合意 日本企業で初、情報開示でグローバルリーダーに

プレスリリース|2013-01-09 9:00

アジア最大の衣料品ブランドであるユニクロを展開する株式会社ファーストリテイリングは、国際環境NGO グリーンピースが世界中で実施している「デトックス・キャンペーン」を受けて、本日1月9日、同社のグローバルサプライチェーン(供給網)全体において、全ての有害化学物質の使用・排出を2020年までに全廃すると発表しました(注1)。これは日本企業で初めての合意となり、世界で12社目(注2)となります。

1 - 44の結果。

トピックス