Green My Apple:アップル社をエコに変えたサクセスストーリー | 国際環境NGOグリーンピース
アップル社を変えたGreen My Apple

サクセスストーリー アップル社を変えた: Green My Appleキャンペーン

green my apple
© Greenpeace / Kurt Prinz

斬新なデザインと革新的なアイデアで時代をリードするアップル社。
でもその製品が環境破壊を引き起こしていたら、とても残念なことだと思いませんか?

「Green My Apple(私のアップルをグリーンにして!)」をかけ声に、世界中のユーザーがネット上に集合。
インターネット時代だからこそ実現したこのキャンペーンは、地球とユーザーにやさしい製品を作り出しました。

近年増加傾向にある、パソコンや携帯電話の電子ゴミ。
その多くは、中国やインドなどアジアの国々で処理されています。
そして製品に使われる有害な化学物質が、解体作業に携わる地域住民の健康や、周辺環境を悪化させる大きな原因になっています。

電気製品の廃棄現場
© Greenpeace

解体場で目にする電機メーカーの製品を詳しく調べると、もっとも危険な有害物質であるBFRs(臭素化難燃剤)とPVC(ポリ塩化ビニル)が、世界的にシェアを拡げているアップル社の製品から検出されたため、グリーンピースは世界のMacファンに「アップルをグリーンにしよう!」と呼びかけることにしました。

グリーンピースが作成したアップル社のウェブサイトそっくりのキャンペーンサイトはたちまち話題になり、アップル社のCEOにメッセージを送ったり、デザインコンテストがあったり、自由でクリエイティブなキャンペーンに45,000人もの人たちが参加してくれました。

そして2007年5月、ついにアップル社はBFRsとPVCの使用を2008年までに廃止することを発表。
世界のMacファンが喜びを分かち合いました。
Green My Apple キャンペーンは、グリーンピースと皆さんで作り出した、すばらしい成果です。

今後とも、グリーンピースの活動へのご支援を、よろしくお願いします。

 

 

最新情報

 

企業 × NPOベストカップルに選ばれました

ブログ| 高田(気候変動/エネルギー担当) | 2011-02-03

こんにちは! 気候変動とエネルギーについて担当している高田です。 過激な団体と称されることの多いグリーンピース。だが、企業への働きかけで、環境負荷の低い製品開発に寄与した実績があることは意外に知られていない――。雑誌 オルタナの2月号 の特集「企業 × NPOベストカップル」に、グリーンピースの「グリーンフリーズ」と「環境にやさしい電機メーカーランキング」キャンペーンが取り上げられました。 「環境にやさしい電機メーカーランキング」は、世界の電機メーカー18社を対象...

環境にやさしい電機メーカー: お買い物ガイド

ブログ高田(気候変動/エネルギー担当) | 2011-01-20

こんにちは、気候変動とエネルギーについて担当している高田です。 いまの時期、ボーナスやお年玉(?!)で最新パソコンや話題のスマートフォンを手に入れようと、カタログを見比べている方も多いのでは?  そんな方にグリーンピースがおすすめしたいのが、 「環境にやさしい電機メーカーランキング」 です。 世界の電機メーカー18社を対象に、各社の有害化学物質、電子機器ゴミ、エネルギーについての取り組みをランキング。過去4年間、四半期ごとに発表し、日本企業も6社含まれています。...

1 - 22の結果。

トピックス