『循環する放射能:東京電力福島第一原発事故の生態系への影響』

出版物 - 2016-11-14
本報告書は、東京電力福島第一原発事故やチェルノブイリで放射線の影響を受けた地域での独立の科学調査の文献とグリーンピースによる放射線調査結果をもとに、放射線の環境への影響をまとめた「Radiation Reloaded:Ecological Impacts of the Fukushima Daiichi Nuclear Accident 5years Later」の日本語版です。

チェルノブイリでの放射線の環境への影響は、今後の東電福島第一原発事故の影響を予測する上で重要です。

グリーンピースは、2011年3月から、2016年3月まで26回にわたり福島などでの放射線調査を行ってきました。2015年には、飯館村の森に着目した調査を行いました。その結果、森に溜まった放射性物質が川に流れ込み、河口を汚染していることがわかりました。

森、川、ダム、湖そして河口への放射性物質の流れを追いながら、環境への影響は、複雑で広範囲にわたるということを明らかにしています。

原発から放出された放射線の影響は今後数十年、数百年と続きます。東京電力が起こした事故により、多くを奪われ、自らを守るために日々さまざまな判断を迫られている東電福島第一原発事故被害者には、正確で包括的な情報を得る権利があります。このレポートは、忍耐と希望と勇気を持って原発事故という困難に立ち向かっている人々に捧げられています。

>ダウンロードはこちらから

日本語版(全訳版、全56ページ)
日本語版(抄訳版、全14ページ)※2016年3月30日発行

>英語版はこちら

被ばくや避難生活を強いるような原発事故が二度と起きないよう、起こさないようにするために、政府や原発を使う電力会社が目を向けない現実を、国内外に伝え続けていくことが必要です。
こうした調査や活動は、個人のみなさまのご寄付で行っております。ぜひ、ご寄付で今回の調査活動へのご支援・ご協力をお願いいたします。

寄付する

トピックス