事務局長ブログ

グリーンピース・ジャパン事務局長 米田祐子のブログです。
事務局長としての意見の他、普段の活動報告では伝えきれないグリーンピースの考え方、活動の裏側をご紹介しています。

  • シリーズ 「NGOの役割を再考する」

    第6回 消費税Up、「消費」より「省費」型ビジネスモデルをブームに

     

    第185臨時国会が昨日召集され、安倍首相が所信表明演説を行った。成長の原動力として企業を優遇する一方で、消費税は10月1日に発表した通りに8%に上げるという。

    企業を優遇することで景気が回復し、それにともなって「消費」も拡大するという将来像を描いているのだが、本当にそうなるのだろうか。

    むしろ消費税が上がることによって、「大量消費」型の社会から、ムダな「消費」を省きながら豊かな生... >詳細を読む

  • 「秘密保護法案」に意見を!

    投稿日 - 2013-09-17 18:57

    2週間だけの隠れた意見募集

    「秘密保護法案(特定秘密の保護に関する法律案)」をご存じだろうか?

    現在、政府はこの法案の概要に対する意見を募集しているが、問題が多い。

    まずは、そもそも3連休を含む2週間という極めて限られた意見募集期間が、隠したいという意図を象徴している。

    法案の内容を見ても、特定の情報に関して、政府の裁量で「秘密事項」を定めることができたり、その「秘密」を漏らしたりする行為の厳罰はもちろん、報道機関や市民団体などが取材・調査行為を通じて「秘密」を得ようとする行為や発言までも... >詳細を読む

  • Photo (c) Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert

     

    グリーンピースは、世界中の国々が核兵器を廃絶することこそが平和への道であると考えます。

    広島、長崎への原爆投下から68年。「核の脅威」は、「原発」という言葉に姿を変えて私たちの身近にも存在してきました。東電福島第一原発事故により多くの市民がその事実に気がついてから2年半が経過しましたが、原爆による「被爆国」であり、原発事故の「被曝国」でもある日本が、NPT(核拡散防止条約)体勢を脅かしかねないイ... >詳細を読む

  • シリーズ 「NGOの役割を再考する」

    第5回 「消費」から「省費」へ、アベノミクスは時代遅れ

    参院選の勝利で信任されたと言うアベノミクス。

    しかし、物質的に成熟した日本社会において、アベノミクスが期待する「消費増大」は起こるのだろうか?

    環境問題は「消費行動」と密接に関係する。そのためグリーンピース・ジャパンの長期的な活動方針を検討するにあたって、人間の「消費行動」の変化を整理する必要があるのではないかと感じていた。

    そこで、この機会に「消費」をキーワードに、アベノミクスの盲点と、市民社... >詳細を読む

  • 北極石油掘削を進めるシェルへの反対で、欧州最高層ビルに登った

    グリーンピースのメーリングリストに、「今、シェルの北極石油掘削に反対するため、女性6人がヨーロッパで一番高いビルに登っています」との報告が流れて来たのが、昨日の日本時間午後。

    「え!」と思いながら、そのメールにあったライブ中継へのリンクをクリックしてみると、重そうなクライミングギアとヘルメットをかぶって6人の女性が、ビルの壁をよじ登っているではありませんか。

    しかも、地上310メートルもあるというそのビルはガラス張りで、いかに... >詳細を読む

46 - 50109の結果。