事務局長ブログ

グリーンピース・ジャパン事務局長 米田祐子のブログです。
事務局長としての意見の他、普段の活動報告では伝えきれないグリーンピースの考え方、活動の裏側をご紹介しています。

  • SPEEDI検証シリーズ (0)

     

    10月28日、グリーンピースは文部科学省に対して、関西電力の大飯原子力発電所が万が一事故を起こした際の周辺地域への被害予測が行われているかを問うため、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI:スピーディ)による放射性物質の拡散予測の存在を確認する情報公開請求を行った

    また、11月9日には、それ以外の日本にある原発全てにおけるSPEEDIデータの情報公開請求も行っている。

    来週の月曜日が、大飯原発に関する情報公開請求の開示決定期限... >詳細を読む


  • 原子力を推進する電力会社は「スパイ」や「やらせ」が好きらしい

    EDF 

    11月10日、フランスの裁判所は、欧州最大でフランス国有電力会社でもあるEDFがグリーンピースに対してスパイ活動を行ったとして、有罪判決を下した。

    EDFの幹部社員2人などに執行猶予付き懲役刑と、罰金150万ユーロ(約1億6千万円)、さらにはグリーンピースに対して5千ユーロ(約5400万円)の賠償という厳しい判決だ。

    EDFと言えば、原発推進のフランスにおいてその中心的役割を担ってきただけではなく、ヨーロッパ全体にその影響力... >詳細を読む

  • イオン放射能自主検査からみるグリーンピースの企業への働きかけ

    AEON

    昨日、スーパーマーケット業界1位のイオンが「放射能“ゼロ”宣言」を発表した。

    「ゼロ」は現実的に達成するのは難しいと思うが、ゲルマニウム半導体検出器で検出できる限界を少しでも超えたものは販売を見合わせるという姿勢は、これまでとは比べ物にならないほど画期的なものだ。

    政府が定めた「食品の暫定基準値」をスーパー最大手が事実上無視することを決め、消費者のニーズに合わせるとしたわけだから政治的な影響も大きい。

    イオンはさっそく自主検... >詳細を読む

  • 9月15日をもって、グリーンピース・ジャパンの事務局長を退任することになりました。就任から1年余りの短い期間でしたが、内外、様々な方々に支えられて参りました。大変お世話になりました。

     

    日本に住むのは大学在学時以来で、アジア、アフリカで開発・緊急援助の活動に従事してきた私にとって、この1年は自分の母国を再発見する年にもなりました。

      >詳細を読む

    途上国から先進国に活動の場を置くことで、新しい視点を得ました。どんどん変化していく世界経済。特に、IoTやAIなどの技術革新に支えられて、エネルギー分野で...

106 - 109109の結果。