Japan Staff Blog

グリーンピース日本事務所のスタッフがつづるブログです。
日々の裏話や苦労話から、最新情報まで、豊富な話題でお届けします!

  • ツイート
     

    みなさんこんにちは、食と農業担当の関根です。

    いま、ミツバチに有害な新たなネオニコ系農薬が解禁されそうになっています。なぜ、害があるとわかっているのに、つぎつぎと解禁されていくのでしょうか。

    その理由のひとつは、ミツバチへの毒性は、農薬が承認されるまで「秘密」にされているから...

     

    ミツバチへの毒性は非公開

    農薬メーカーが、農薬を承認(登録)してもらうためには、毒性や効果について、動物実験や残留試験などのたくさんのデータを農林水産省に提出します。

    農薬の残...

    >詳細を読む
  • みんなが笑顔に戻れる日まで

    投稿日 - 2017-03-29 14:22

    ツイート
     

    こんにちは、エネルギーチームのケンドラ・ウルリッチです。

    明後日331日は、福島原発事故で被害を受けたたくさんの人々にとって、大きな分岐点となります。

    この日を持って、避難区域以外から避難した方々への唯一の支援である住宅支援が打ち切られます。そして飯舘村、川俣町、そして浪江町、翌1日には富岡町の、避難指示が解除されます。*1年後には、この地域の住民へ賠償が打ち切りとなります。

    *帰還困難区域を除く

    「もう安全なんじゃないの?」

    「避難指示が解除になるのだか...

    >詳細を読む
  • ツイート
     

    みなさん、こんにちは。グリーンピース・ジャパン広報の関本です。

    国際女性デーの翌日、39日に「みんなで話そう、女性と環境」トークイベントを開催しました。

    環境汚染や開発の現場から女性の人権について考えるために開催したこのイベント。フォトジャーナリストとして世界で取材を続ける林典子さんを迎え、グリーンピース事務局長の米田祐子が話をうかがいました。都内の会場には女性だけでなく、男性の参加者も含めて約30人が参加してくださいました。

     

    原発事故2週間後の福島

    林さ...

    >詳細を読む
  •  みなさんこんにちは、食と農業担当の関根です。

    ヨーロッパから画期的なニュースがとびこんできました。欧州連合(EU)の運営を担う機関である欧州委員会が、3種類(イミダクロプリド、クロチアニジン、チアメトキサム)のネオニコチノイド系農薬の使用を全面的に禁止する案を提出する見通しだ、と英国紙ガーディアンが報じたのです。[注1]

    EUでは2013年12月に、花に寄ってくるミツバチへの害を避けるため、作物の花が咲いている間の散布を禁止していましたが、秋まきの小麦や、開花前に収穫するタマネギなどには...

    >詳細を読む
  • みなさんこんにちは、食と農業担当の関根です。

    新たなネオニコ系農薬スルホキサフロルの残留基準値が決められようとしている今、日本政府の決め方は「科学的ではなかった」ことが明らかになりました。

    3月8日、国会の衆議院農林水産委員会で、“日本の残留基準がゆるい”という問題が取り上げられました。質疑を行ったのは岡本充功議員(民進党)(動画のリンクは下記[注1]をご覧ください)

     

     

    スルホキサフロルの残留基準値案を取り上げ、日本の基準値案が国際基準よりも高い、なぜそのような差が生じてくるのか、...

    >詳細を読む

1 - 51005の結果。