ツイート
 

みなさん、こんにちは。食と農業担当の石原です。

知っていますか?普通の農家さんの半分以上が「有機農業に取り組みたい」と考えていること。

農林水産省が2007年に発表したアンケート調査(注1)では、49.4%の農家さんが「条件がととのえば有機農業にしたい」と答えています。今後取り組むことを決めている農家さん(2.2%)を合わせたら半分以上!

ちなみに、現在有機農業に取り組んでいる農家さんは全体の4.9%です。

これは8年前の調査とちょっと古いので、農林水産省(農業環境対策課)によると、「現在はもっと増えているだろう」とのお話。最新の結果もぜひ知りたいっ!

でも、「条件がととのえば」「条件」とはなんなのでしょう?

必須条件は…「販売先があること!」

必要な条件としていちばん多かったのは、生産コストに見合う価格で取引してくれる販売先があること。つまりスーパーや生協などのお店が、適正な価格で有機を買ってくれる、と約束することです。

有機農業や無農薬の農業はどうしても手間がかかり、それに見合う値段で売れることはとても大切。

さらに、グリーンピースが実施したアンケート調査では、約70%の消費者が「身近なスーパーで有機野菜の品揃えが足りない」と感じていて、さらにその70%が「選べるなら有機を選びたい」と答えています。(注3)

この、約5割の農家さんと約7割の消費者。生産者も消費者も有機にしたいポテンシャルはとても高いことがうかがえます。

それなのに、イオンやイトーヨーカドーなど、最大手のスーパーでも有機農産物の取り扱いは全体のわずか5%。1%に満たないスーパーもあります。農家さんや消費者のニーズにスーパーが応えられていない状態なのです。(注4)

 

有機をめざす農家さんのための支援は?

条件として次に多かったのは、収穫量や品質を確保できる技術の確立。

農薬にたよらず生態系の力を最大限利用して害虫をコントロールしたり、化学肥料を使わないで腐葉土や有機肥料で土を豊かにしたり、そして収穫量も必要なので、技術の確立は重要です。

そして同時に、農法を変えるリスクに対するサポートも不可欠です。

たとえば生協では、農家さんの有機農業への転換をサポートしているのだそう。(注4)同じく農産物を大量に仕入れて販売するスーパーにも、農家さんの支援に力をいれてもらいたい!

というところですが、イオンやイトーヨーカドーでも、プライベートブランドのための自社農場での支援にとどまり(注4)、まだまだ不十分と言わざるをえません。

 

スーパーや生協が変われば、有機はもっと増える!

半分以上の農家さんが「有機にしたい」、そして、70%の消費者が「有機を選びたい」と考えているのですから、農家さんと消費者をつなぐスーパーが、その気持ちに気づいて、有機の取り扱いを増やしてくれれば、日本でももっともっと、有機が増えていきます。

スーパーや生協を変えるには、そこでお買い物をするわたしたち消費者の思いを、届けて、有機を選びたい消費者がこんなにいるよ!ということをアピールすることが一番、効果的です。

みんなで、スーパーに「有機の取り扱いを増やして!」と声をあげましょう。

「有機を増やして!」 いますぐ署名 >

ツイート
 

<<関連記事>>

調査結果を発表!「有機食品を増やす予定なし」ってどういうことですか?

ただ今、インド洋をパトロール中!

生物多様性の日に贈る、地球上のかわいい生きもの7選

「子ども・ミツバチ保護法」へ次の一歩!2万3千人を超える署名を提出しました!

経産省も調査に乗り出した!クリーンな電力会社がもっと探しやすくなる


注1)
農林水産情報交流ネットワーク事業
全国アンケート調査有機農業をはじめとする環境保全型農業に関する意識・意向調査結果  H19年
注2)

注3)
ブリーフィングペーパー『Go オーガニックランキング』 ー消費者が求める⾷の安全と⽣態系農業への⼩売店の責任
注4)
有機農産物と農薬に関する 消費者意識調査