こんにちは、キャンペーン担当の高田です。

突然ですが、クイズです。

こちらの写真、なんだかわかりますか?


何かの細胞を顕微鏡でのぞいたときのようなきれいな模様ですよね。

 

実はこの写真、インドネシアのある川が汚染されている状況を写したものです。

 

インドネシアのジャワ島を流れるチタルム川は、世界でももっとも汚染されている川のひとつとして知られています。上の写真は、チタルム川にそそぐ上流の川で撮影されました。


チタルム川は、何百万人もの生活を支える重要な川ですが、その汚染は深刻です。

 

川に浮かぶゴミなど、目に見える汚染もひどいのですが、状況をさらに深刻にしているのは、上流に存在する工場からの排水です。

 

チタルム川の上流にある工場の68%は、衣類を生産している繊維工場。
最初にご紹介したピンクに染まる川の写真も、そうした工場のひとつで、PT Gistexという企業の繊維工場の排水を写したものでした。

グリーンピースが現地で排水のサンプル調査を行ったところ、さまざまな有害化学物質が検出されました。

ある排水サンプルの結果はPh14。
Ph14というのは、もっとも強いアルカリ性で、皮膚に触れると火傷をしてしまうほどです。
このことは、この工場ではもっとも基本的な排水処理すら行われずに、汚水が川に垂れ流されていることを示しています。

詳しくは、グリーンピースのレポート 「Toxic Threads: Polluting Paradise」(英語)をご覧ください。


“ギャップ”にご注意ください

みなさんは、このようなインドネシアの川の汚染をどこか遠い国の問題だと思っていませんか? 
しかし、GAP(ギャップ)の服がこのPT Gistexという会社の工場で製造されていると聞いたらいかがでしょうか?

あなたのお気に入りの服が、インドネシアの川や、その川とともに暮らす多くの人々の生活を犠牲にしているとしたら…。

GAPの店頭に並ぶきれいでカラフルな服と、インドネシアの汚染された川の写真にはとても大きな“ギャップ”があります。
でも、服と川は、私たちの目の届かないところで確実につながっているのです。

 

あなたにできること

このような状況を改善しようと、ナイキ、ユニクロ、H&M、Zaraなど世界の17トップブランドがグリーンピースと有害化学物質の全廃(デトックス)を目指して動き出しています。

ところが、GAPはまだ、グリーンピースからの呼びかけを無視し続けています。

きれいな服に汚染は似合いませんよね。
気持ちよくGAPの服を着ることができるように、GAPにデトックスを呼びかけませんか。

 

【あなたにできること】

 1、  ツイートでGAP Japan ( @GAP_jp ) に呼び掛ける

→ 例文: @GAP_jp さん、きれいな服に汚染は似合いません。デトックスお願いします #Detox

2、  フェイスブックで、いまご覧のブログの「いいね!」をおして、どしどしお友達に広めてください

※企業さんはツイッターやフェイスブックでの自社のクチコミを、とても注意してみているのです

 

――――

★ 『デトックス・キャンペーン』については、こちら。

ちなみにユニクロさんは、今年2013年1月、デトックス宣言済み。