最新プレスリリース

報道関係に配信する資料を集めたページです。
プレスリリースの他、声明、報告書など報道関連資料を随時掲載いたします。

報道関係者の方で、プレスリリースのメール受信、配信停止、メールアドレス変更をご希望の方は、こちらのページのフォームからご連絡ください >>

「グリーンピース・インターナショナル本部 プレスリリース(英語)」
http://www.greenpeace.org/international/en/press/releases/

最新情報

 

2016/06/28 グリーンピース、関西電力の株主総会でアピール行動 〜原発再稼動は「危険なギャンブル」と批判〜

プレスリリース|2016-06-28 14:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは6月28日、関西電力株式会社の第92回定時株主総会にて関電株主行動の会に参加し、同社に原発の廃炉の速やかな決定と安全な廃炉のために検証委員会を設置することを提案しました(注1)。同時に、会場前で株主に向けてアピールをしました。

2016/06/21 住友化学はネオニコチノイド系農薬から撤退を 株主総会で発言・会場前アピール「脱ネオニコにあなたの一票を!」

プレスリリース|2016-06-21 14:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、住友化学株式会社の第135期定時株主総会会場前で、ミツバチなど生態系に影響があるネオニコチノイド系農薬の製造・販売を継続することはビジネスリスクだと指摘し、その製造中止と生態系農業の推進にビジネスモデルを転換するように求めました(注1)。グリーンピーススタッフとボランティア計13名が会場前に集まり、「脱ネオニコにあなたの一票を! Save The Bees」と書かれたプラカードを掲げ、株主に向けてアピールをしました。また株主に対して、住友化学の...

2016/06/20 グリーンピース声明、規制委老朽原発延長認可を受けて、「40年ルール」を軽視した高浜1、2号機の運転延長認可に抗議

プレスリリース|2016-06-20 15:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日20日、原子力規制委員会が 、関西電力高浜原発1、2号機(福井県)の運転期間延長審査の「審査書案」を提示し、運転期間延長を認可したことを受けて抗議する声明を発表しました。東京電力福島第一原発事故後に運転期間延長審査の審査書案が出され、了承されるのは、今回が初めてです。

2016/06/20 グリーンピース調査、夏野菜の苗4製品から非表示の農薬見つかる ずさんなルールで広がる農薬使用、政府は生態系農業への転換を

プレスリリース|2016-06-20 14:31

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、農薬使用の実態を調べるため、国内の種苗販売店で購入した夏野菜の苗9製品(トマト苗3点、ナス苗3点、ピーマン苗1点、キュウリ苗2点)の分析を2016年5月23日から6月6日にかけて行い、全9製品中5製品からネオニコチノイド系農薬が検出されたことを発表しました(注1)。うち4製品では非表示の農薬が見つかり、いずれも接ぎ木苗から検出されました。サンプルは2015年5月19日から21日にかけ、JA東京むさし(本社 東京都)、株式会社コメリ(本社...

2016/06/13 グリーンピース「高浜原発1、2号機訴訟 応援!フェイスプロジェクト」開始 ——老朽原発廃炉をめざしFacebookプロフィール写真で横断幕を制作、第1...

プレスリリース|2016-06-13 12:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日、関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)の運転延長認可差し止めを求め、「関西電力高浜原発1、2号機訴訟 応援!フェイスプロジェクト」を開始します。

2016/06/07 グリーンピース声明: 厚生労働省によるネオニコチノイド系農薬の食品残留基準緩和決定に抗議 4 食品の残留基準緩和、トウモロコシは現行の10倍以上...

プレスリリース|2016-06-07 16:05

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、厚生労働省によるネオニコチノイド系農薬チアメトキサムの食品残留基準の緩和決定を受け、農薬使用に歯止めのない政策に抗議する下記の声明を発表しました。今回の食品残留基準緩和は全4食品(トウモロコシ、玉ねぎ、アボカド、トマト・ピーマン・なす以外のなす科野菜)に適用され、例えばトウモロコシでは現行の0.05ppmから0.7ppmと10倍以上に引き上げられました(注)。

2016/05/31 グリーンピース「Goオーガニックランキング」発表 〜スーパーマーケット6社・生協の持続可能な農業への行動を評価〜 2020年までに有機商品の拡充を求め...

プレスリリース|2016-05-31 14:20

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、国内大手小売業スーパーマーケット6社(イオン、イトーヨーカドー、成城石井、バロー、ユニー、ライフ)と生協(コープネット事業連合)に対し行ったアンケート調査をもとに、持続可能な農業への取り組みを評価する「Goオーガニックランキング」を発表しました(注1)。アンケート結果から、農産物の取り扱いにおける有機の割合が1%にとどまる企業もあることが分かりました。グリーンピースは、スーパー6社と生協へ2020年までに半分以上の商品に有機の選択肢を導入するよ...

2016/05/27 グリーンピース声明:G7伊勢志摩サミット首脳宣言・ 気候変動/エネルギーを受けて

プレスリリース|2016-05-27 15:00

国際環境NGOグリーンピースは、G7伊勢志摩サミットの首脳宣言(注)を受けて、下記の声明を発表しました。

2016/05/27 G7伊勢志摩サミット閉幕:気候変動・エネルギーに関するNGO共同声明

プレスリリース|2016-05-27 14:00

G7、人類の生存を脅かす気候変動に対処するリーダーシップを発揮できず

2016/05/26 グリーンピース、オバマ大統領の「核兵器のない世界」 ダブルスタンダードを批判〜オバマ氏の広島訪問を受けて〜

プレスリリース|2016-05-26 14:00

国際環境NGOグリーンピースは、本日26日、オバマ米大統領が27日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)終了後に広島の平和記念公園を訪問することを受けて、在任中のアメリカ大統領が初めて広島を訪れる歴史的な訪問として歓迎します。しかしながら、その一方で核保有を拡大するオバマ大統領の姿勢は“ダブルスタンダード”であると批判し、米国が「核兵器のない世界」実現のために大胆に取り組むことを求めます。

1 - 10526の結果。