最新プレスリリース

報道関係に配信する資料を集めたページです。
プレスリリースの他、声明、報告書など報道関連資料を随時掲載いたします。

報道関係者の方で、プレスリリースのメール受信、配信停止、メールアドレス変更をご希望の方は、こちらのページのフォームからご連絡ください >>

「グリーンピース・インターナショナル本部 プレスリリース(英語)」
http://www.greenpeace.org/international/en/press/releases/

最新情報

 

2015/05/21 プレスリリース:グリーンピース、オンライン署名 「わかりやすい電気の“原材料”表示を求める署名」 消費者への電源構成開示などを求めて5月21...

プレスリリース|2015-05-21 13:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、「わかりやすい電気の“原材料”表示を求める署名」を 5 月 21 日(木)より実施します。2016年4月から電力自由化が始まり、一般家庭でも地域に関係なく電力会社を選べるようになります。本署名では、消費者が電力会社を選ぶために必要な情報として、従来の電気料金や電力使用量に加え、電気の“原材料表示”とも言える発電方法を表す「電源構成」などを、全ての電力会社が分かりやすく表示するよう経済産業省、消費者庁及び電力会社等に求めるものです。電力システム改...

2015/05/19 グリーンピース声明: 厚生労働省の判断は「子どもや妊婦への脅威」 --ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンおよびアセタミプリドの食品残留基準の大幅緩和...

プレスリリース|2015-05-19 11:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、厚生労働省がネオニコチノイド系農薬クロチアニジンおよびアセタミプリドの食品残留基準の大幅な緩和が告示したことを受けて、下記の声明を発表しました。

2015/05/15 プレスリリース:グリーンピース初、『Change.org』 で「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」 5月15日(金)より署名開始...

プレスリリース|2015-05-15 15:09

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、「No Bees, No Food. 『子ども・ミツバチ保護法』を求める署名」をオンライン署名サイト『Change.org』で、本日5月15日(金)より開始します。本署名は、4月8日(水)よりグリーンピース・ジャパンのウェブサイトで実施しており、ネオニコチノイド系農薬の禁止と生態系と調和した農業の強化を幅広く訴えるために『Change.org』のプラットフォーム上で、同じ内容を展開します。

2015/05/14 グリーンピース声明、安保法制関連法案の閣議決定を受けて ――戦後70年、放棄すべきは平和憲法ではなく戦争だ

プレスリリース|2015-05-14 19:04

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区)は、本日5月14日、安保法制関連法案の閣議決定を受けて、下記の声明を発表しました。

2015/4/13 『消費者のための「電気のラベル表示」を』 ブリーフィング・ペーパーを発表 ~全ての電力会社に「電源構成」などの情報開示・表示義務化を求めて~

プレスリリース|2015-04-13 13:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日4月13日、『消費者のための「電気のラベル表示」を』ブリーフィング・ペーパーを発表しました(注1)。本ブリーフィング・ペーパーは、食品などの“原材料表示ラベル”のように、電力会社の電気料金請求書などに「電源構成」、「二酸化炭素排出量」、「放射性廃棄物量」の表示の義務化を、行政機関と、新電力を含めた全ての電力会社に提案しています。2016年4月の電力小売全面自由化を1年後にひかえ、消費者が電力会社を選択するためには、情報の開示ならびに表示が必要不...

2015/03/25 いのちの海とサンゴ礁を守れ 辺野古新基地建設に反対するNGO緊急共同声明 ~日本政府は沖縄の民意に耳を傾け、作業の中止を~

プレスリリース|2015-03-25 15:00

辺野古・大浦湾に広がる長い年月をかけて形成された美しいサンゴ礁と青い海。マングローブ林、干潟、海草藻場、砂場、泥場、サンゴ礁が連続し、やんばるの森から流れ込む河川により、豊かな海洋生態系が作りあげられています。最近発見された規模の大きなアオサンゴ群集や、日本では絶滅のおそれが最も高い哺乳類であるジュゴン(環境省、絶滅危惧IA類)が生息するなど、たいへん生物多様性に豊む沿岸域です。沖縄県の自然環境の保全に関する指針では、辺野古・大浦湾海域は、評価ランク Iの「自然環境の厳正な保護を図る区域」...

2015/3/20 農林水産省に署名9,235筆を提出--ネオニコチノイド系農薬の使用禁止と食品残留基準規制緩和の取消し求め

プレスリリース|2015-03-20 15:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは20日、農林水産省がネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの食品中における残留基準の更なる緩和を検討している事に対して、即時取消しと更なる農薬使用の禁止を求める署名9,235筆を集め、林芳正農林水産大臣宛てに提出しました。

2015/03/16 【2015春/統一地方選挙 特別企画】 地方選挙から変える! グリーンピース✖︎マガジン9 コラボ企画ブックレット 『女性が動けば変わる。』 無料プレ...

プレスリリース|2015-03-16 12:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区)と一般社団法人マガジン9(東京都新宿区)は、4月12(日)と26日(日)に行われる統一地方選を前に、3月 18日(水)から4月26日(日)まで、 両団体のコラボレーション企画から生まれたブックレット『女性が動けば変わる。』を無料でプレゼントする企画を実施します。希望者は『マガジン9』のウェブサイトで申し込むことができ、グリーンピース・ジャパンのプロジェクト『グリーン・ウィメンズ・ネットワーク』にメンバー登録することが条件となります。

2015/2/26 「新規制基準≠世界最高水準」火山灰リスクへの対応不十分、鹿児島県は再稼働同意の見直しを 〜グリーンピース委託レポート『川内原発と火山灰のリスク』発表〜

プレスリリース|2015-02-26 14:10

国際環境NGOグリーンピースは、本日2月26日、委託レポート『川内原発と火山灰のリスク』を発表し、原子力規制委員会(規制委)の定めた「原子力発電所の火山影響評価ガイド」が国際原子力機関(IAEA)の定めた「火山安全ガイドライン」を満たしていないこと、そして九州電力が川内原発1,2号機(鹿児島県)の再稼働審査にあたって大規模火山噴火に伴う火山灰などの影響を過小評価していることを明らかにしました(注1)。また、規制委と九州電力による川内原発の火山灰への安全対策は、アメリカの原子力規制委員会に比...

2015/02/20 グリーンピース、オンライン署名 「Save the Dugongs沖縄・辺野古のジュゴンを守ってください」 新基地建設中止を求めて2月20...

プレスリリース|2015-02-20 17:00

国際環境 NGO グリーンピースは、「Save the Dugongs沖縄・辺野古のジュゴンを守ってください」オンライン署名を 2 月 20 日(金)よりグローバルに展開します。日米両政府が米軍普天間飛行場の代替として、海を埋め立てて新基地建設を計画している辺野古の海域は、絶滅が危惧されるジュゴンに象徴される生物多様性豊かな海です。本署名の提出先はキャロライン・ケネディ駐日米国大使で、辺野古の海の環境保護と新基地建設の反対を求めて、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、東南アジアのグリ...

1 - 10451の結果。