最新プレスリリース

報道関係に配信する資料を集めたページです。
プレスリリースの他、声明、報告書など報道関連資料を随時掲載いたします。

報道関係者の方で、プレスリリースのメール受信、配信停止、メールアドレス変更をご希望の方は、こちらのページのフォームからご連絡ください >>

「グリーンピース・インターナショナル本部 プレスリリース(英語)」
http://www.greenpeace.org/international/en/press/releases/

最新情報

 

2015/1/16 グリーンピース声明:問われる民主主義、市民の声を聞け ――民意を無視した辺野古海上作業の中止を

プレスリリース|2015-01-16 15:10

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、防衛省沖縄防衛局が名護市辺野古での新基地建設に向け海底ボーリング調査のための海上作業を15日に再開したことを受け、下記の声明を発表しました。

2015/1/5 共同声明:新たな調査捕鯨計画の中止を~非致死的調査こそ、世界への貢献~

プレスリリース|2015-01-05 12:00

イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク、国際環境 NGO グリーンピース・ジャパン

2014/12/18 「電源構成」などの表示を求める消費者が50.8% −− グリーンピース、電力自由化を前に電力料金請求書項目表示について意識調査

プレスリリース|2014-12-18 16:10

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、12月18日、東京電力管内に住む消費者500名に対して行った電力料金請求書の表示項目に関する意識調査の結果を発表しました(注1)。毎月届く請求書(「電気ご使用量のお知らせ」)に、電源別の発電電力量構成比(電源構成)、二酸化炭素排出量、放射性廃棄物排出量が表示されていたほうがよいと思うか聞いたところ、「はい」の回答が50.8%を占め、「いいえ」の9.0%を大きく上回る結果となりました。グリーンピースは、電源構成や発電に伴う二酸化炭素排出量・放射性廃棄...

2014/12/17 グリーンピース声明:規制委は「人と環境を守る」自らの理念に立ち返れ ——高浜原発再稼働、適合審査書案の原子力規制委員会による公表を受けて

プレスリリース|2014-12-17 12:10

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、12月17日、原子力規制委員会が、九州電力の川内原発1,2号機につづいて2例目となる関西電力高浜原発(福井県)3,4号機の再稼働適合審査書案を公表したことを受けて、下記の声明を発表しました。

2014/12/09 グリーンピース声明:日本の民主主義の“終わりの始まり”にしてはいけない ~政府の恣意的な「秘密拡大」に歯止めを、市民は「知る権利」の主張を~...

プレスリリース|2014-12-09 18:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、10日に特定秘密保護法(秘密保護法)が施行されるのを前に、市民の「知る権利」の制限と政府の隠ぺい体質が進むことへの懸念を表し同法の廃止を求めて、下記の声明を発表しました。

2014/12/05 グリーンピース声明:市場の取り組み強化が不可欠――第11回中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)年次会合閉幕

プレスリリース|2014-12-05 11:17

国際環境NGOグリーンピースは12月5日、サモア独立国で1日から開催されていた第11回WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)年次会合が閉幕したことを受けて、緊急を要する熱帯マグロ類の資源管理保護措置の強化に失敗したとし、下記の声明を発表しました。また、刺身用マグロの一大消費国である日本の市場、特に大手スーパーマーケットなどは、国際機関や行政指導に従うだけでなく、予防原則に基づいて『持続可能な魚介類の調達方針』を策定・実施する自発的な取り組みが不可欠であると訴えました。

2014/11/26 ブリーフィングペーパー『司法判断への期待:川内原発再稼働をめぐる2つの訴訟』発表 ~命と環境を守る判決を、11/28川内原発再稼働差止仮処分...

プレスリリース|2014-11-26 13:40

国際環境NGOグリーンピースは、本日26日、九州電力の川内原発(鹿児島県)1,2号機の再稼働差止仮処分裁判の第4回目の審尋が11月28日に開催されることを受けて、ブリーフィングペーパー『司法判断への期待:川内原発再稼働をめぐる2つの訴訟』を発表しました(注1)。

2014/11/25 共同声明:ラムサール条約にもとづく辺野古・大浦湾沿岸域の保全について

プレスリリース|2014-11-25 17:00

ラムサール条約事務局は、2014年10月29日付けで環境省自然環境局野生生物課長宛に書簡を送り、「国際的に重要な湿地」であり、軍事基地建設が進みつつある「大浦湾の辺野古沖」について、環境アセスメントや環境影響の低減措置、基地建設とその運用によりダメージを受ける陸域や沿岸域の修復などについて情報提供を依頼する書簡を送付した。書簡は、サンゴ礁生態系や絶滅危惧種のジュゴンの保護にも触れている。

2014/11/18 グリーンピース声明:水産庁が新たな鯨類調査計画案を発表 ――日本は新計画を撤回し、生態系の包括的な調査を

プレスリリース|2014-11-18 12:30

本日、水産庁が南極海における新たな鯨類調査計画案「新南極海鯨類科学調査」を発表した(注1)件について、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン事務局長の佐藤潤一は以下のとおりコメントしました。

1 - 10431の結果。