最新プレスリリース

報道関係に配信する資料を集めたページです。
プレスリリースの他、声明、報告書など報道関連資料を随時掲載いたします。

報道関係者の方で、プレスリリースのメール受信、配信停止、メールアドレス変更をご希望の方は、こちらのページのフォームからご連絡ください >>

「グリーンピース・インターナショナル本部 プレスリリース(英語)」
http://www.greenpeace.org/international/en/press/releases/

最新情報

 

2015/06/25 声明:グリーンピース声明:東京電力は福島第二、柏崎刈羽の廃炉決断を――東京電力株主総会出席に向けて

プレスリリース|2015-06-25 16:34

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日6月25日、東京電力株式会社の第91回定時株主総会に株主として出席します。発言が許されれば、東電株主運動の脱原発議案に賛同を表明し、その一歩として、福島第二原発、柏崎刈羽原発の廃炉を決断すべきであることを経営陣に直接訴えます。同時に、下記の声明を発表しました。

2015/06/24 声明:農林水産省は今すぐ有害な農薬の禁止を −−農林水産省によるミツバチ被害調査結果を受けて 同日、新レポート「Plan...

プレスリリース|2015-06-24 18:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、農林水産省が三年計画のミツバチ被害調査の二年目にあたる「平成 26 年度蜜蜂被害事例調査結果」(注1)を6月23日に発表したことを受け、下記の声明を発表しました。

2015/6/22 グリーンピース、産卵マグロを守る新キャンペーン 「マグロの赤ちゃんを守って!SAVE MY BABY」開始 〜国内企業20社に産卵期太平洋クロマグロの...

プレスリリース|2015-06-22 10:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、産卵期の太平洋クロマグロの取り扱いについて5月20日から6月5日にかけて国内大手スーパーマーケット5社・デパート5社・水産会社5社・鮮魚会社5社(注1)にアンケート調査を実施し、11社(注2)から回答を得た結果を本日発表しました(注3)。本調査により「資源管理は行政や調達先任せ」とするサプライチェーンの負の連鎖が浮き彫りとなりました。それを受けてグリーンピースは同日、産卵期の太平洋クロマグロを守るためのキャンペーン「マグロの赤ちゃんを守って!SAV...

2015/06/18 グリーンピース、ケネディ駐日米国大使宛てに国際署名「沖縄・辺野古のジュゴンを守ってください」5万3,260筆を提出~辺野古の新基地建設中止を求め~

プレスリリース|2015-06-18 10:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは18日、沖縄県の翁長雄志知事がキャロライン・ケネディ米国駐日大使と19日に初会談することを受けて、辺野古の海の環境保護と新基地建設の中止を求めて2月20日から6月15日まで実施した『Save the Dugongs沖縄・辺野古のジュゴンを守ってください!』国際署名53,260筆を米国大使館に届けました。

2015/06/17 プレスリリース:電力会社の発電方法を表す「電源構成」の表示義務を求め 経産省/エネ庁、全電力会社などに署名11,556筆を提出

プレスリリース|2015-06-17 13:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは17日、資源エネルギー庁の「電力システム改革小委員会 制度設計ワーキンググループ」(以下、WG)が電気事業者の消費者への説明義務事項を議論していることに対して、電力会社の発電方法を表す「電源構成」などの消費者への情報開示と表示義務を求める「わかりやすい電気の“原材料”表示を求める署名」11,556筆を集め、宮沢洋一経済産業大臣などに宛てて提出しました。また、電力会社10社にも署名と要請書を郵送しました。

2015/6/8 【共同声明】G7サミット閉幕:日本、2015年パリ合意に貢献する意思を示せず(CAN-Japan)

プレスリリース|2015-06-08 23:00

G7サミット閉幕:日本、2015年パリ合意に貢献する意思を示せず

2015/6/2 【共同声明】温室効果ガス排出削減目標の政府原案は受け容れられない(CAN-Japan)

プレスリリース|2015-06-02 23:00

~日本は「1990年比40~50%削減」を掲げるべき~

2015/05/19 グリーンピース声明: 厚生労働省の判断は「子どもや妊婦への脅威」 --ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンおよびアセタミプリドの食品残留基準の大幅緩和...

プレスリリース|2015-05-19 11:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは本日、厚生労働省がネオニコチノイド系農薬クロチアニジンおよびアセタミプリドの食品残留基準の大幅な緩和が告示したことを受けて、下記の声明を発表しました。

2015/05/14 グリーンピース声明、安保法制関連法案の閣議決定を受けて ――戦後70年、放棄すべきは平和憲法ではなく戦争だ

プレスリリース|2015-05-14 19:04

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区)は、本日5月14日、安保法制関連法案の閣議決定を受けて、下記の声明を発表しました。

2015/4/13 『消費者のための「電気のラベル表示」を』 ブリーフィング・ペーパーを発表 ~全ての電力会社に「電源構成」などの情報開示・表示義務化を求めて~

プレスリリース|2015-04-13 13:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日4月13日、『消費者のための「電気のラベル表示」を』ブリーフィング・ペーパーを発表しました(注1)。本ブリーフィング・ペーパーは、食品などの“原材料表示ラベル”のように、電力会社の電気料金請求書などに「電源構成」、「二酸化炭素排出量」、「放射性廃棄物量」の表示の義務化を、行政機関と、新電力を含めた全ての電力会社に提案しています。2016年4月の電力小売全面自由化を1年後にひかえ、消費者が電力会社を選択するためには、情報の開示ならびに表示が必要不...

1 - 10455の結果。