最新プレスリリース

報道関係に配信する資料を集めたページです。
プレスリリースの他、声明、報告書など報道関連資料を随時掲載いたします。

報道関係者の方で、プレスリリースのメール受信、配信停止、メールアドレス変更をご希望の方は、こちらのページのフォームからご連絡ください >>

「グリーンピース・インターナショナル本部 プレスリリース(英語)」
http://www.greenpeace.org/international/en/press/releases/

最新情報

 

2016/10/25 絶滅危惧種 太平洋クロマグロの保護措置を求める署名 3,757人分を水産庁へ提出

プレスリリース|2016-10-25 13:01

国連の総合協議資格を有する国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース・ジャパン)は、本日2016年10月25日(火)水産庁と面会し、絶滅危惧種である太平洋クロマグロの保護措置を求める署名3,757人分を提出しました。この署名は、日本政府(水産庁)に対し1.「太平洋クロマグロの産卵期の禁漁」、2.「太平洋クロマグロの巻き網漁の規制導入」を求めるものです。署名の参加方法はオンライン上で、期間は約2カ月(2016年7月19日〜9月11日)にわたり全国から参加者が集ま...

2016/10/18 共同声明:IWC66スロベニアに向けて

プレスリリース|2016-10-18 10:30

10月20日から28日にかけスロベニアで開催される国際捕鯨委員会(IWC)の第66回総会に向けて、私たち、イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク、国際環境保護NGOグリーンピース・ジャパンを含む国内NGO16団体は、以下のことを日本政府に求めます。

2016/10/05 グリーンピース声明:規制委は、安全よりスケジュール優先 ーー関電美浜3号機の新規制基準適合審査合格に抗議

プレスリリース|2016-10-05 13:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日5日、原子力規制委員会が 、関西電力美浜原発3号機(福井県)の新規制基準適合審査書案を正式決定し、新基準を満たしているとしたことを受け、以下の抗議声明を発表しました。老朽原発で、新規制基準の適合審査に合格したのは同電力会社の高浜原発1、2号機に次いで3基目です。

2016/09/21 オンライン署名『命の楽園をまもって』9月21日開始〜「国際平和デー」、辺野古新基地建設と高江ヘリパッド建設の中止を求めて〜

プレスリリース|2016-09-21 12:00

国際環境 NGO グリーンピース・ジャパンは、国連が定めた平和の記念日「国際平和デー」の本日21日、平和への希求と、辺野古新基地建設及び高江ヘリパッド建設の中止を求めて、『命の楽園をまもって Voices from Eden』オンライン署名を開始しました。

2016/09/16 辺野古訴訟判決で国側が勝訴ーー問われる地方自治と民主主義

プレスリリース|2016-09-16 16:30

16日、沖縄県名護市辺野古の埋め立て承認取り消しを巡る違法確認訴訟で国側の勝訴を受け、市民団体は民主主義と地方自治の危機であると強く批判しました。

2016/09/10 グリーンピース・ロシア森林火災消火活動チーム、武装覆面集団により襲撃

プレスリリース|2016-09-10 21:00

国際環境NGOグリーンピースは、9月9日、グリーンピース・ロシアの森林火災消化活動チームが、ロシア南部の活動拠点で、武装した8人の男性に夜間に襲撃され医療機関で手当を受けていることを発表しました。

2016/09/05 グリーンピース声明:九州電力は鹿児島県民の声に応えて川内原発の即時一時停止をーー九州電力へ抗議文を送付

プレスリリース|2016-09-05 13:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日、九州電力が、鹿児島県の三反園訓知事による川内原発1、2号機の運転の即時一時停止と再点検を求める要請には応じないと正式に回答したことを受けて、下記の声明を発表するとともに、九州電力の瓜生道明社長に抗議文を送付しました(注)。

2016/09/05 お詫び:九州電力川内原発に関する報道向け資料について

プレスリリース|2016-09-05 11:15

お詫び:九州電力の川内原子力発電所に関する報道向け資料について、9月3日正午から4日16時半頃まで、ウェブサイト上に誤ったプレスリリースが日本語と英語で掲載されていました。お詫び申し上げます。

2016/09/02 グリーンピース声明:太平洋クロマグロ資源保護先送りに強い懸念 日本政府提案の太平洋クロマグロ緊急漁獲規制、合意に至らず ーWCPFC(中西部太平洋マグ...

プレスリリース|2016-09-02 12:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、2016年8月28日(月)から9月2日(金)まで開催されていたWCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)第12回北小委員会の閉幕を受けて、本日声明を発表しました。本会議で議論の焦点とされた太平洋クロマグロの保護管理措置に関して、日本政府が提案する緊急漁獲規制は、他の参加国に受け入れられず合意に至りませんでした。また、長期回復計画も具体的な進展がないまま閉幕しました。

2016/08/29 絶滅に瀕する「太平洋クロマグロ」救済のため 共同声明をWCPFC北小委員会に提出 〜グリーンピースとピュー・チャリタブル・トラスト、2年間の漁獲停止を提言〜

プレスリリース|2016-08-29 9:20

国連の総合協議資格を有する国際環境NGOグリーンピースは、米民間助成団体のピュー・チャリタブル・トラストと共に、本日8月29日(月)より開催されるWCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)第12回北小委員会(注1)に対し、共同声明を発表しました。2014年に絶滅危惧種に指定された「太平洋クロマグロ」の乱獲を終わらせるため、全ての商業的漁獲を2年間停止する措置を直ちに実施するよう要請しました。

91 - 100636の結果。