最新プレスリリース

報道関係に配信する資料を集めたページです。
プレスリリースの他、声明、報告書など報道関連資料を随時掲載いたします。

報道関係者の方で、プレスリリースのメール受信、配信停止、メールアドレス変更をご希望の方は、こちらのページのフォームからご連絡ください >>

「グリーンピース・インターナショナル本部 プレスリリース(英語)」
http://www.greenpeace.org/international/en/press/releases/

最新情報

 

2018/05/17 Environmental NGOs respond to statement by Sumitomo Mitsui Financial Group...

プレスリリース|2018-05-17 17:30

May 17 2018 Tokyo, Japan -- The following is a joint statement issued by a group of Environmental NGOs ー 350.org Japan, Japan Center for a Sustainable Environment and Society (JACSES), Greenpeace Japan, Rainforest Action Network, FOE Japan,...

2018/05/17 緊急声明:三井住友FG石炭火力与信方針の「さらなる厳格化を検討」発言を環境NGOが注視

プレスリリース|2018-05-17 17:00

三井住友フィナンシャルグループ(以下:三井住友FG)の國部毅社長が5月14日に行われた決算会見において(注1)、石炭火力発電事業への融資方針に関して「石炭火力発電は気候変動への影響が大きいことから、同事業への与信方針についてはさらなる厳格化を検討している」と記者団に発言したことが報じられている。同様に、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の平野信行社長も石炭火力発電事業への融資方針に関するコメントを述べている。みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)からはこれに関連する発言はが...

2018/05/09 Japanese financial institution takes first step towards divestment from coal

プレスリリース|2018-05-09 16:30

May 9, 2018 Tokyo, Japan -- In response to the Dai-ichi Life Insurance Company’s announcement on coal power plant finance restriction, a group of Environmental NGOs, Japan Center for a Sustainable Environment and Society (JACSES), Friends of the...

2018/05/09 緊急声明:第一生命の海外石炭火力発電プロジェクトファイナンス撤退決定を環境NGOが歓迎 ~日本の金融機関として初

プレスリリース|2018-05-09 16:00

第一生命保険が、海外石炭火力発電事業へのプロジェクトファイナンスに新規融資しない方針を決定した。私どもが把握している限り、日本の金融機関として初の石炭関連事業からの融資撤退方針の策定であり、先進的な取り組みとして歓迎の意を表したい。

2018/04/27 グリーンピース、日本生命の石炭プロジェクト新規投融資停止検討を歓迎

プレスリリース|2018-04-27 16:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区)は、本日27日、日本生命保険相互会社が、気候変動への影響を踏まえ、石炭火力発電所の建設プロジェクト向け融資の新規投融資停止を検討中と26日に明らかにしたとの報道を受け、歓迎するとともに、以下の声明を発表しました。

2018/04/11 NGO共同声明:ワシントン条約を遵守し、イワシクジラの流通を停止することを求めます

プレスリリース|2018-04-11 12:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、本日4月11日、NGO14団体と共に、ワシントン条約を遵守し、イワシクジラの流通停止を求める下記の声明を発表しました。

2018/04/11 Joint Statement NGOs call on Japanese Government to: Comply with CITES...

プレスリリース|2018-04-11 12:29

Tokyo, April 11, 2018 - Greenpeace Japan, together with other 14 NGOs issued a joint statement to call on Japanese Government to comply with CITES and stop distributing Sei Whale meat.

2018/04/10 NGOs Sound the Alarm on Japanese Banks’ Continued Coal Financing

プレスリリース|2018-04-10 11:00

Tokyo, April 9, 2018 - 350.org Japan, joined by Rainforest Action Network (RAN) and Greenpeace Japan, drew attention to Japanese banks' persistent coal financing through a series of announcements ahead of the Responsible Investor Asia 2018 (RI...

2018/04/09 世界に広がる金融の脱炭素化 引き続く邦銀の石炭への投融資にNGOが警鐘

プレスリリース|2018-04-09 18:00

4月10日より東京証券取引所で開催される、「RI(責任投資)アジア2018(Responsible Investor Asia 2018)」に先駆けて、環境NGO レインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)、 国際環境NGOグリーンピース・ジャパンおよび国際環境NGO 350.orgの日本支部(350.org Japan)の3団体は、世界の金融機関や投資家、事業会社の間で急激に広まっている「脱炭素化」への動きに対して、日本の銀行が遅れをとっていることについて喚起を促しました。 ...

2018/03/29 『お魚スーパーマーケットランキング7』発表 ーー個別の取り組みは進展も、絶滅危惧種は販売継続。 揺らぐ持続可能性の定義

プレスリリース|2018-03-29 14:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は本日29日、国内大手スーパーマーケット15社の「持続可能な魚介類の調達方針」を調査した『お魚スーパーマーケットランキング7』(注1)を発表しました。調査の結果、持続可能な魚介類の調達の柱となる調達方針を策定し、公開しているのは、イオン、イトーヨーカドー、コープデリの3社のみでした。前回の調査後、新たに調達方針を策定・導入したスーパーマーケットはなく、全体的に大きな進展はありませんでした。

11 - 20689の結果。