最新プレスリリース

報道関係に配信する資料を集めたページです。
プレスリリースの他、声明、報告書など報道関連資料を随時掲載いたします。

報道関係者の方で、プレスリリースのメール受信、配信停止、メールアドレス変更をご希望の方は、こちらのページのフォームからご連絡ください >>

「グリーンピース・インターナショナル本部 プレスリリース(英語)」
http://www.greenpeace.org/international/en/press/releases/

最新情報

 

2016/12/1日本の民間銀行のダコタ・アクセス・パイプラインへの関与を明るみに : 350.org Japanとの#NODAPL合同アクション

プレスリリース|2016-12-01 13:30

日本の民間銀行のダコタ・アクセス・パイプラインへの関与を明るみに : 350.org Japan・国際環境NGOグリーンピース・ジャパン#NODAPL合同アクション

2016/11/22 グリーンピース声明:規制委は強度不足問題を矮小化と批判ーー 日本の原発に「規格超える炭素濃度のおそれなし」との評価を受けて

プレスリリース|2016-11-22 12:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日、第45回原子力規制委員会において、フランスの原子力安全局で確認された原子炉容器等における炭素偏析の可能性に係る調査の結果について、規制委が日本の原発について「製品中に規格で定められた炭素濃度を超えるような部分が残っているおそれはないと評価できる」としたことを受けて、以下の声明を発表しました。

2016/11/21 『お魚スーパーマーケットランキング6』発表

プレスリリース|2016-11-21 11:00

〜不動の1位は通算5回目のイオン、2位は初参加のコープネット事業連合に、回答のあった12社のうち9社(75%)が明文化された調達方針を持たず〜

2016/11/21 グリーンピース声明:COP22、各国の新たな決意のもと閉幕、強いリーダーシップを示した国も

プレスリリース|2016-11-21 10:00

国際環境NGOグリーンピースは、11月7日から18日までモロッコ・マラケシュで開催された国連気候変動枠組み条約第22回締約国会議(COP22)の閉幕を受けて、下記の声明を発表しました。

2016/11/18 抗議声明:南極海鯨類捕獲調査に反対する

プレスリリース|2016-11-18 19:00

イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

2016/11/16 グリーンピース、鹿児島県に要請書提出 川内原発における鋼材強度不足の可能性を指摘、独自の検証求める

プレスリリース|2016-11-16 16:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日、鹿児島県原子力安全対策課と面談を行い、九州電力川内原発1、2号機の重要設備の鋼材の強度不足の可能性について指摘するとともに、独自の検証を行うことを求める知事宛ての要請書を同課に手渡しました。

2016/11/10 グリーンピース声明:日印原子力協定署名に反対ーー協定は核拡散の脅威を広げると警告

プレスリリース|2016-11-10 14:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、日本、インド両政府が11日、日本からインドへの原子力発電所関連の技術や資機材や技術の輸出を可能とする原子力協定に署名する予定であることを受けて、グリーンピース・インドと共同で、以下の声明を発表しました。日本が核不拡散条約(NPT)未加盟国と同協定を結ぶのは初めてで、背景には、東芝の米子会社ウェスチングハウス・エレクトリックがインドで原子炉6基を建設予定で、2017年6月にも正式契約を目指していることがあります。グリーンピース・ジャパンとグリーンピー...

2016/11/04 グリーンピース声明:歴史的な「パリ協定」発効、出遅れた日本政府は野心的な取り組みで挽回を

プレスリリース|2016-11-04 17:00

国際環境NGOグリーンピースは、気候変動対策の国際的枠組みである「パリ協定」が本日発効したことを受け、以下の声明を発表しました。来週7日から18日までモロッコのマラケシュで開催されるCOP22(第22回国連気候変動枠組み条約締約国会議)は、パリ協定発効後初の締約国会議となります。

2016/11/01 グリーンピース声明:電力会社の報告は不十分ーー原発鋼材、 強度不足の疑い残る。規制委は、より踏み込んだ検査の指示を

プレスリリース|2016-11-01 15:30

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、国内の電力会社11社が昨日、日本の原発鋼材について「強度不足の可能性はない」とする調査結果を原子力規制委員会に報告したことを受けて、以下の声明を発表しました。本件は、フランスの原発で強度不足の鋼材が使われていた問題を受けて、規制委が昨日までに、日本の電力会社に鍛造鋼を使用する部材の調査と評価を提出するよう指示していたものです。

2016/10/25 グリーンピース報告書『日本の原子炉に導入された一次冷却系部材、炭素異常に関するレビュー』発表

プレスリリース|2016-10-25 15:30

グリーンピース報告書『日本の原子炉に導入された一次冷却系部材、炭素異常に関するレビュー』発表ーー日本製鋼材の安全性に疑問、国内全原発での検査を

81 - 90636の結果。