207件のデータが見つかりました
 

Tシャツ展、8月8日まで延長!

ブログkaoru | 2009-06-27

ACCは6月29日から7月14日までお休みします。 今月5日にスタートしたTシャツ展「着て・見て・守る地球――グリーンピースTシャツ展」はおかげさまでだくさんの方に来ていただき、世界中で起きている環境破壊の現状や解決策をみなさんと話し合うこともできました。当初6月25日までの開催だったのですが、ご好評につき8月8日まで延長することにしました! この青森コミュニケーションセンターは、まことに勝手ながら6月29日から7月14日まで休館し、7月15日から再開しま...

「南極海」での捕鯨?? 知らなかった……

ブログkaoru | 2009-06-13

Tシャツから環境問題を学べます! 梅雨入りが近づいているのでしょうか、青森は先週末から雨模様です。 6月5日にスタートした「着て・見て・守る地球――グリーンピースTシャツ展」には、連日の雨にもかかわらず多くの方々にお越しいただき、環境問題に対するメッセージなどを書き込んだオリジナルTシャツを作っていただいています。 ここで、みなさんの作品を少しずつ紹介していきたいと思います! 日本政府が「南極海」で調査捕鯨をしていることを知らなかっ...

Tシャツ展、ついに今日から開催!

ブログmai | 2009-06-05

ずいぶんとブログをお休みしていました。ごめんなさい。  今日からついに「着て・見て・守る地球――グリーンピースTシャツ展」がはじまります。  Tシャツはだれにとっても身近なものだと思いますが、グリーンピースにとってはたくさんの人たちと気持ちをひとつにして活動するのに欠かせない重要な媒体です。創設以来38年間、さまざまなメッセージをTシャツの形にして、環境問題やその解決策を世界中の人たちに伝え、みんなで一緒のTシャツを着て地球を守ってきました。その結果、環境を保...

サポーターの夕べ「トークイベント」を終えて

ブログsachiyo | 2009-03-02

青森にコミュニケーションセンターができてちょうど1ヶ月。青森にお住まいのグリーンピースをご支援くださるサポーターの方々、またグリーンピースの活動に参加してくださっている方々をお招きして、2月25日、サポーターの夕べ「トークイベント」を開催しました。 グリーンピースのスタッフが手づくりしたクッキー、サンドウィッチやいなり寿司をお茶請けに用意して皆さんをお迎えしました。まず今週から始まった海洋環境映像展をご覧いただき、トークイベントとしてグリーンピース・ジャ...

不思議の国ニッポン

ブログjun | 2010-02-28

2月27日、アースガーデン<冬>の特設ステージで、ミュージシャン兼ヨガ・インストラクターのComugiさんを司会に、アムネスティ・インターナショナル日本の事務局長、寺中誠さんと対談した。寺中さんとは昨年6月、カフェスローでサンプラザ中野くんやヒューマンライツ・ウォッチ東京ディレクターの土井香苗さんをまじえたトーク以来、ライブでは二度目だし、『刑罰に脅かされる表現の自由――NGO・ジャーナリストの知る権利をどこまで守れるか?』(現代人文社)の鼎談など、クジラ肉裁判や日本...

聖母子

ブログjun | 2007-12-21

グリーンピースは1971年にカナダで創設されて以来(現在、本部はオランダ)、優れた写真や映像を数多く送り出してきた。さまざまな環境問題の現場に立ち会い、そこで目撃した事実を世界に発信することが主な仕事の一つと心得るからだ。ある意味では、自然界のための“行動する広告代理店”のような役割を果たしているのかもしれない。私はつねづねスタッフに、「うちのライバルは電通と博報堂だからね」と冗談半分の檄を飛ばしている。本能的な同業意識からか、広告業界にはグリーンピースの協力者や隠れ...

人権侵害救済を申し立てました!

ブログjun | 2007-12-18

去る11月9日、グリーンピース・ジャパンは日本弁護士連合会の人権委員会に「人権侵害救済」を申し立てた。「エッ、なんでグリーンピースが人権救済を求めるの?」と思われるだろう。それは、このところ水産庁の捕鯨官僚による事実無根の「テロリスト」呼ばわりが目にあまるからだ。 2001年の9.11事件以降、「テロ」や「テロリスト」と呼びさえすれば、都合の悪いものはなんでも排除できるという思惑が、米国のブッシュ政権から日本を含む各国に伝染した。最近も、防衛利権の追及を受けた...

その1)北極への準備編 ホッキョクグマに注意 其の壱

ブログ | 2010-06-06

北極ウェブが始まり、これからどんな情報をみなさまへお伝えしていくことになるか、想像するだけでわくわくします。と同時に、氷が消えた海で行われる資源争いの現状に遭遇したときには、悲しくともしっかり広く事実を伝えていこうと、気持ちが引き締まります。 北極調査に参加するグリーンピースのスタッフに配られた注意事項に「ホッキョクグマ」の項目がありました。「スバールバル諸島には、人口よりもホッキョクグマの数のほうが多いので、建物の外に出るときには適切な防備をするように」と。...

いざ、北極の環境調査へ

ブログ | 2010-06-01

みなさま、こんにちは。5月24日、北極圏の気候変動の影響などについて調べるためグリーンピースの船エスペランサ号が科学者とともに出航しました。わたくし金繁(かなしげ)も6月6日、「ホッキョクグマの王国」と呼ばれる北極圏のスバールバル諸島スピッツゲルマン島から乗船し、現地レポートをお送りします。 この調査は全4行程4カ月にわたる航海で、消えゆく氷の様子、氷が消えた海で繰り広げられるトロール漁業による乱獲、CO2増加による海水の酸性化について実施します。現地で何が起き...

ついにエスペランサ号を発見!

ブログ | 2010-06-08

空港から街へ向かうバスに乗って数分、靄(もや)のかかるロングヤーベン港に停泊中のエスペランサ号を発見!(港に船はエスペランサ号とほか1隻しか停泊していませんでした。) 沖縄や横浜にも来航し、一緒に活動したこの船に北極で出会うのは、なんだか久しぶりに家族に会うような、じ~んとした気持ちになります。世界中のサポーターの皆さまに支えられてこの船がここにいること、そして世界中から集まったスタッフ、科学者、ジャーナリストを乗せて調査に出発できることに、改めて感動です。

91 - 100207の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50