191件のデータが見つかりました
 

グリーンピースでの1年を振り返って

ブログyyoneda | 2017-09-12

9月15日をもって、グリーンピース・ジャパンの事務局長を退任することになりました。就任から1年余りの短い期間でしたが、内外、様々な方々に支えられて参りました。大変お世話になりました。   日本に住むのは大学在学時以来で、アジア、アフリカで開発・緊急援助の活動に従事してきた私にとって、この1年は自分の母国を再発見する年にもなりました。   途上国から先進国に活動の場を置くことで、新しい視点を得ました。どんどん変化していく世...

【セミナー告知】6月23日お魚セミナー@神奈川 ~いつまでお魚食べられる?~

ブログ宮地 大祐 | 2013-06-11

みなさん、こんにちは。ボランティア担当の宮地です。 6月23日(日)10時より、かながわ県民活動サポートセンターで開催されるセミナー「いつまでお魚食べられる?~放射能から乱獲まで、いま海でおきていること~」にグリーンピースの海の環境問題を担当している花岡が、講師の一人としてお招き頂き、登壇します。 他の講師には千葉県南房総市の千倉町で水産加工・流通業を営み、3.11以降自社の取り扱う魚介類において、放射能の自主検査を行っている「スズ市水産」の  ...

【お魚セミナー告知】6月29日(土)@埼玉県嵐山

ブログ宮地 大祐 | 2013-06-20

みなさん、こんにちは。 ボランティア担当の宮地です。 海の環境問題を考えるお魚セミナー「放射性物質の行方とお魚への影響」が、6月29日(土)に埼玉県比企郡嵐山町で開催されます。このセミナーに、海洋生態系担当の花岡が講師として登壇します。 主催団体の「子どもの未来を考える会嵐山」は、子どもを放射能汚染から守るために活動している嵐山町のお母さんたちが集まって出来たグループで、その他にも食品の放射能測定を自分たちで行っている団体「森の測定室・滑川」の運営...

【お魚セミナー報告】@嵐山

ブログ宮地 大祐(ボランティア担当) | 2013-07-02

みなさん、こんにちはボランティア担当の宮地です。 埼玉県の嵐山で先月末に開催されたお魚セミナー「放射性物質の行方とお魚への影響」(主催:子どもの未来を考える会嵐山)に、海洋生態系担当の花岡が講師として招かれました。 当日は、60名近い方が来場されて、グリーンピースが行っているスーパーの食品放射能調査、東北沿岸地域の漁業関係者の方の協力を得ながら行っている魚介類や海藻の調査報告、また放射能汚染だけでない海の環境問題として、魚の乱獲・持続可能な資源管理に関し...

アベノミクスが破壊するもの

ブログ| 事務局長 佐藤潤一 | 2013-04-22

シリーズ 「NGO の役割を再考する」 第2回 アベノミクスが破壊するもの 4月22日はアースデイだ。 しかし、今の日本では「地球」のことよりも、「景気」を気にする人の方が多いのが現状だろう。 特に「アベノミクス」という言葉が踊るようになり、景気に一喜一憂する傾向は強まっている感がある。 アベノミクスをさまざまな観点から危惧する人は多い。私もその一人だ。 そこで今回は「経済とNGO(非政府組織)の関係」について再考...

「会社人から社会人」へのシフトを

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2013-04-03

シリーズ 「NGOの役割を再考する」 第1回  「会社人から社会人」へのシフトを   東日本大震災直後、NGO(非政府組織)やNPO(非営利団体)などの市民セクターの役割の重大さが認識された。 震災から2年が経過し、日本社会に市民セクターが本当に根付くためにはこれからが重要だと思う。だからこそ、よりよい社会を実現するためにNGOがどのように貢献できるかをこの機会に再考してみたい。 第1回目は、「社会の利益を優先できる人=社会人」を...

【お魚セミナー告知】7月14日(日)@長野県小諸市

ブログ宮地 大祐(ボランティア担当) | 2013-07-09

みなさん、こんにちは。 ボランティア担当の宮地です。 魚介類の放射能汚染、乱獲や違法漁業など、海の環境問題を考えるセミナー「海から食卓へ広がる放射能汚染」が7月14日10時より長野県小諸市の小諸市文化センターにて開催されます。 このセミナーに、海洋生態系担当の花岡が講師として登壇します。 主催のKid’s Earthさんは長野県東信地域を中心に、子どもたちを放射能の汚染から守る活動をしているママ&パパ有志の団体です。 ...

仏大統領、「原発事故、代償を払う準備はありますか?」 

ブログフランス原発 | 2013-07-16

今日、グリーンピース・フランスは、フランス南部のトリカスタン(Tricastin)原子力発電所が危険な原発であることを指摘するために敷地内に入り、オランド大統領に対して、「原発事故、代償を払う準備はありますか?」とのメッセージを掲げました。 ご存知のように、仏オランド大統領は選挙において2025年までにフランスの原発比率を75%から50%に下げると約束して当選した大統領です。 ところが、その約束に前向きな姿勢を見せず、自然エネルギーの導入も進まな...

Ocean Peoples@代々木公園 にブース出展します。

ブログ宮地 大祐 | 2013-07-25

みなさん、こんにちは。ボランティア担当の宮地です。 8月3、4日に東京・代々木公園でおこなわれる「Ocean Peoples」にブース出展します。 このOcean Peoplesは、海を愛する人たちのためのオーシャン・フェスティバルです。 環境エリア、ステージエリア、フードエリア、マーケットエリアに分かれており、それぞれ、海を感じられるワークショップやトークイベント、海をバックボーンに持つ国内外のアーティストのステージ、ビーチフードやドリンクの販売、水着...

女性がつながり変えていく‐「グリーン・ウィメンズ・ネットワーク」がはじまります ぜひ、ご参加ください

ブログ| 金繁 | 2013-07-26

参議院選挙が終わりましたが、解消されるべきねじれは解消されませんでした。 それは、政治と女性の大きな「ねじれ」です。 今回の参議院選挙で参議院に占める女性議員の比率は18.2%。 衆議院(7.9%)と合わせて1割を少し超える程度で、世界でもかなり下のレベルにとどまります (世界各国との比較は >>こちら  列国議会同盟の調査2012年)。 女性の影響力が大きくなれば、環境問題をより早く解決できる 女性議員が増えるとなにか変わるの?と思われる方も多い...

21 - 30191の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50