356件のデータが見つかりました
 

IWC報告3 「クジラの冤罪事件」

ブログ | 2009-06-26

3日目には、日本の調査捕鯨の評価についての議論がありました。 日本代表団は、昼休みに任意で行った北西太平洋での調査捕鯨に関するパワーポイントプレゼンテーションで、この調査捕鯨によって得られたデータがIWC科学委員会で高く評価されていると締めくくりました。 しかし午後に行われた本会議では、日本の調査捕鯨をめぐるIWC科学委員会の評価について賛否が分かれました。とくに、そもそも非致死的(捕殺を含む)調査を続ける理由が弱いこと、また調査目的に...

第4回公判前整理手続き報告 「証拠開示はサービスです」か……

ブログsato | 2009-06-21

6月17日に第4回公判前整理手続きがありました。前回の公判前整理手続きを受けたブログ報告でも書きましたが、今回の協議内容のメインは検察側の証拠開示です。   本題に入る前に、ちょっとその仕組みを紹介します。   日本の刑事裁判では、検察側が容疑者(起訴された後は被告人)を起訴するまでにどのような証拠(物品、供述調書、電話記録などなど)を集めて起訴したのか、弁護側はその全貌を知ることができません。ようするに検察側は、被告人を公判で有罪にするのに十...

断絶の「壁」から、保護する「壁」へ

ブログsato | 2009-06-16

最近の新聞で、メキシコと米国の国境に建設された「壁」についての記事を読みました。ブッシュ前大統領のころ、メキシコからの移民の流入をより厳しく防ぐ目的で建設されたものです。記者がその壁の異様さを説明していました。 私は1998年、米国との国境に接するメキシコのチワワ州に約1年間滞在したことがあります。米国への不法入国の実態と、チワワ州南西部に住むネイティブアメリカンであるタラウマラ族(ララムリ)の文化を現地で調査するためでした。 米国から国境を越えて私が向かったのは...

知る権利はゆずれない

ブログjsato | 2010-09-03

今年の 2 月にクジラ肉裁判の公判がはじまり、すでに 6 ヶ月が経過。全 7 回の公判を経て、いよいよ 9 月 6 日に判決を迎えます。判決を前にこれまでの裁判を被告人の視点で総括してみました。     「窃盗」裁判から、「調査捕鯨」「国際人権」裁判へ   全 7 回の公判では、私たち被告人だけではなく、捕鯨船の管理会社である共同船舶の幹部、調査捕鯨船団の現役船員、さらには元船員である内部告発者、そして日本の刑事裁判で...

第三回公判前整理手続のポイント!

ブログsato | 2009-05-26

2009年5月15日、青森地方裁判所で第3回目の公判前整理手続が行われました。 「公判前整理手続」とは、日本では長期化の弊害が指摘されていた刑事裁判を短期間で行うために、裁判が開かれる前に裁判官、検察官、弁護人、被告人が集まって裁判の内容(争点など)を整理するプロセスです。ちょうど今月はじまった裁判員制度と組み合わせるものですが、整理手続きだけ前倒しで導入されています。ただし私たちの場合は起訴が去年だったため、裁判自体に裁判員は参加しません。 ...

いよいよ2月15日に初公判!

ブログjsato | 2010-02-05

ツイッターも開始しました いよいよ2月15日に初公判!  逮捕・起訴から1年半以上が経ちましたが、ようやく初公判が2月15日に決定しました。  1月15日に行われた最後の公判前整理手続きで、わたしたちが最低限必要であると主張してきた以下の証人について、その希望通りに裁判所が採用決定するという画期的な展開になりました。 1、 調査捕鯨船を管理する共同船舶株式会社の幹部  2、 わたしたちが確保した箱の持ち主とされる船員 ...

調査捕鯨はほかの事業に比べて重要?

ブログsato | 2009-12-16

「調査捕鯨」は水産庁の“天下り”“利権”のショーケース (8) 行政刷新会議の見直し基準に調査捕鯨をあててみる その4 前回までに、「鯨類捕獲事業(いわゆる調査捕鯨)」が行政刷新会議の事業見直し基準の1つ目「事業目的が妥当であるか、財政資金投入の必要性があるか」、2つ目「手段として有効であるか」、3つ目「手段として効率的であるか」とどのように関係するかについて書いてきました。今日は最後の基準、「限られた財源の中、ほかの事業に比べて緊要であるか」について考え...

調査捕鯨は事業として効率的か?

ブログjsato | 2009-12-03

「調査捕鯨」は水産庁の“天下り”“利権”のショーケース (8) 行政刷新会議の見直し基準に調査捕鯨をあててみる その3  前回まで、「鯨類捕獲事業(いわゆる調査捕鯨)」に行政刷新会議の事業見直し基準の一つめ「事業目的が妥当であるか、財政資金投入の必要性があるか」と、二つめ「手段として有効であるか」を適用するとどう判断されるべきかについて書いてきました。今回は、調査捕鯨が「手段として効率的であるか」を考えてみます。 手段として効率的であるか ...

調査捕鯨の手段の有効性を考察する

ブログjsato | 2009-11-28

「調査捕鯨」は水産庁の“天下り”“利権”のショーケース (7) 行政刷新会議の見直し基準に調査捕鯨をあててみる その2   前々回は、行政刷新会議が事業見直しの基準として定めている項目の一つめ「事業目的が妥当であるか、財政資金投入の必要性があるか」に当てはめて、調査捕鯨について書きました。今回は「手段として有効であるか」という項目で考えてみます。 日本の「鯨類捕獲事業」は、「致死的な(捕殺をともなう)調査」という手段を通じて鯨類の生態系調査を行い、そのデータに...

事業仕分け作業で調査捕鯨への融資断たれるか?

ブログjsato | 2009-11-17

11月13日、行政刷新会議の事業仕分けにより、調査捕鯨の実施主体である財団法人日本鯨類研究所(鯨研)へ多額の融資を行っている財団法人海外漁業協力財団の基金について、「(平成)22年度所要額を除いて国庫に返納」との判定が出ました。 今回の事業仕分けでは、調査捕鯨への融資に直接切り込むことはありませんでしたが、その融資元の基金が事業仕分けの対象になったことで、いままで厚いベールに隠されていた調査捕鯨へのカネの流れが明らかにされるでしょう! ...

141 - 150356の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50