191件のデータが見つかりました
 

米国原子炉メーカーの圧力で消えたメーカー責任

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2015-10-09

【佐藤潤一の事務局長ブログ】 先日、安倍晋三首相は、四国電力伊方原発3号機について「(再稼働後に)万が一事故があった場合は政府が責任をもって対処する」と述べた。 民間企業の事業において、事故があった場合に政府が責任を負うというのは、納税者である国民全体が責任を負うと言っているようなものだ。全員の責任は全員の無責任につながる。 原発を運転して利益を得る電力事業者や原子炉メーカーが本来追うべき責任を負わなければ、安全対策への動機...

辺野古スキャンダル発覚、金にまみれた事業にNOを!

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2015-10-19

【佐藤潤一の事務局長ブログ】 今朝、朝日新聞の一面トップ記事で、沖縄県辺野古・大浦湾沖の米軍基地建設に関連して、金にまつわるスキャンダルが報道された(1)。 国が進める新基地建設工事を環境面から監視する専門委員会の委員3人が、就任決定後の約1年間に、移設事業を受注した業者から計1,100万円の寄付金を受けていたというのだ。 すでに、そのうちの委員一人は、受領が不適切だとして委員辞任を検討しているという。 ...

命の海、辺野古ー悠久の時がつくった海を5年で壊すのですか

ブログ事務局長 佐藤潤一 | 2015-10-29

今朝、沖縄防衛局が辺野古の新基地建設の工事を再開したと発表。その工事の再開を止めようと多くの市民が集り、現場は騒然とした。 しかし、実際に工事が始まったのは護岸工事に必要な仮設工事の一つだけで、まだ海の埋立工事がはじまったわけではない。 その工事の工期は、今日2015年10月29日から、2020年10月末までの5年間だという。 何千年・何万年の時を経て築きあげられてきた辺野古・大浦湾の生態系をたった5年で壊してしまうのか。 ...

家族で楽しむ収穫体験@吉田農園【イベントレポート】

ブログ食と農業チーム | 2016-08-31

農薬に頼らない自然と共存する農業を応援するために、生産者と消費者をつなぐ機会をつくりたい。そのための一歩として、台風10号が接近中の8月28日、東京都三鷹市の吉田農園で「都会でできるオーガニックな暮らし 家族で楽しむ収穫体験」を開催しました。 当日ご参加くださったのはお子様連れを含めた20名の皆さま。 少し涼しい薄曇りの下、400年続く畑で、家族三代で有機農業に取り組む吉田さんの引率のもとで夏野菜を収穫したり、 ...

沖縄のジュゴンを守ろうー「虹の戦士号」、辺野古に向けて出航!

ブログ高田 | 2015-10-28

こんにちは、急遽エネルギー担当から「虹の戦士」に転身した高田です。 私はいま、グリーンピースが所有する帆船「虹の戦士号」に乗るために、韓国にきています。 自然と平和を守りたいと行動を続ける沖縄のみなさんの活動に加わるために、「虹の戦士号」は今日、韓国の仁川港を出港し、沖縄に向けて航海をはじめました。 3週間滞在した韓国で「虹の戦士号」は、日本にも程近い釜山にあるコリ原発での原子炉増設の危険性を知ってもらい、計画の撤回を求めて抗議行動を実施。その様...

【緊急】寄付で沖縄・辺野古の新基地に反対を:一人でも多く辺野古に 

ブログ広報 関本幸 | 2015-02-09

こんにちは、広報の関本です。 グリーンピース・ジャパンでは、「辺野古の新基地建設に反対したい」と考える人々の現地での活動を実現するため、希望者に沖縄までの交通費一部を支援する活動を始めました。 いま、沖縄・辺野古の海で、新基地のための埋め立て工事が再開されていることを知っていますか? 米軍キャンプ・シュワブ沿岸では、新基地建設に向けた作業が続き、2月1日には大型作業船によって数トン級のコンクリートブロックが6個、5日には少なくとも2個が海底に沈められた...

虹の戦士号、福島のいまを世界へ

ブログエネルギーチーム 高田 | 2016-04-11

こんにちは、グリーンピースのエネルギープロジェクト、「エネレボ」のリーダー、高田久代です。 2月上旬に日本にやってきたグリーンピースのキャンペーン船、虹の戦士号。約2カ月の活動を終えて、次の活動地・韓国へと旅立って行きました。 虹の戦士号は、世界各地で起きている、深刻な環境問題の現場に赴き、その現状を世界に伝えるための船。 今回の使命は、東京電力福島第一原発事故から5年となる今年、いまも続く事故の被害に 日本中、世界中から ...

虹の戦士号ってどんな船? 船上ライフ編

ブログエネルギー担当 関口 | 2016-03-30

みなさん、こんにちは。マモさんことエネルギー担当関口です。 先日お届けしたトリビア編につづいて 、今日は一般公開にさきがけて虹の戦士号の中や暮らしについて密着しますね。   ギャングウェイからどうぞ 岸壁と船をつなぐ橋のことを、シップ・クルーたちはギャングウェイとよびます。初めてここを渡った時はなんか胸がドキドキしたのを覚えています。   ちなみにこのギャングウェイはクレーンを使って上げ下ろしします。  ...

6年目の3.11 - たたかいは続いている

ブログ事務局長 米田祐子 | 2017-03-10

2011 年 3 月 11 日。東日本大地震の発生、海岸沿いの街に大きな被害をもたらした大津波。そのショックの最中に舞いこんだ、東京電力福島第一原発が制御不能になったというニュースーー。震災から 6 年が経過する本日、犠牲になられた方々に哀悼の意を表します。 忘れないでいること 多くの方の運命が、この日、永遠に変わってしまいました。家族、友達、同僚、知り合いを亡くし、住む場所を失い、土地や仕事や財産を失い、慣れ親しんだ街や地域社会は面影もなく、あ...

想像できますか?市民が声をあげられない世界を

ブログ事務局長 米田祐子 | 2017-05-15

森林保護を訴える権利に、大企業がどのように圧力をかけているか 大切なものをまもるために声をあげる私たちの権利が、さまざまな形で危険にさらされています。世界中の政府による圧政ばかりではなく、狡猾な企業による費用のかかる訴訟などによって。 現在、グリーンピースは大きな裁判に直面しています。 それは森林破壊を続けているカナダ最大の伐採企業レゾリュート社 が、 グリーンピースなどによる森林保護の活動を妨害するため損害賠償 を求めた訴訟です。 ...

カナダ北方の森をまもる16の(かわいい)理由

ブログブログ担当 林 | 2017-05-23

カナダ北方の森には、美しい景色が広がり、壮大な野生動物が生息しています。しかし、巨大伐採企業のレゾリュート社は、森林をまもるために立ちあがった人々を脅し、声を押さえつけようとしています。 グリーンピースがサステナブルな森林利用に切り替えるように働きかけると、レゾリュート社は、グリーンピース・アメリカ、グリーンピース・カナダ、グリーンピース・インターナショナルを総額 3 億ドルを要求する裁判を起こしました。   古くから森と共に生きてきた先住民のコミュニテ...

早くも500人突破!世界中から”声"、集めてます

ブログキャンペーン担当 林 | 2017-05-26

カナダ最大の伐採企業レゾリュート社に ”声”を届けるアクション、早速 500 人突破 しました! 500 人突破記念のプレゼント、アーティストがカナダの森をイメージして描いた壁紙を 無料ダウンロード できます!無料ダウンロードはこのブログの下から ↓ なんで”声”を集めているの? カナダ最大の伐採企業レゾリュート社が、 絶滅の危機に瀕している動物たちが暮らす、太古の森 を切り開いています。 関連ブログ:カナダ北方の森をまもる...

SDGs×Youthに参加してみた

ブログTakaya Shirato | 2017-06-17

こんにちは、ボランティアの白土です。   5月27日、若者を対象とする国連のイベント 「第1回SDGs×Youth 知ろう。語ろう。見つけよう」に参加してきました。個人の感想として、この場を借りてレビューさせていただきます。   2020年に東京オリンピックを控え、気候変動の分野ではそれ以降の目標について、国際的な取り組みが進められています。 これからの社会を担っていくYouth世代の一人として、2030年までの大きな目標である、SDGsについて知ろうと思い参...

開発のジレンマ SDGsはいったい誰のため?

ブログインターン河津 純子 | 2017-06-30

こんにちは、インターンの河津です。 6月21日、Human Rights Now主催の勉強イベント 第1回 国際人権法と持続可能な開発目標(SDGs)に参加してきました。講師は、国際人権法と国際環境法を専門にするニューヨーク州弁護士、Christopher Cade Mosley先生。多様なキャリアをお持ちの参加者とともに、開発を「人権」という視点から学びました。 アメリカの大学で政治学を学んでいる私は、もともと途上国の開発支援に興味があり留学しました。社...

環境をまもるために、「価値」を変える

ブログサポーター窓口 金海 | 2018-07-24

こんにちは。サポーター窓口の金海です。    環境をまもるために、あなたがしていることは何ですか。 節水。節電。ゴミを減らす。環境にやさしい商品を選ぶ。署名に参加したり、企業に意見を伝えたり。問題について、ソーシャルメディアやインターネットでひろめたり。 ひとりひとりがすぐにできることは、たくさんあります。   でも、個人ではちょっと難しいこともあります。 グリーンピースは、その「ちょっと難しいこと」で、世界的大企業 80...

核兵器をなくしてもっと安全な世界を

ブログ広報担当 土屋 | 2018-09-26

9月26日は、国連の定めた「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」です。今から一年ほど前、核兵器の開発・保有・使用を禁止する核兵器禁止条約の採択が行われ、10月には「ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン」がノーベル平和賞を受賞したことは記憶に新しいと思います。 いま、核兵器禁止はどこにいる? 核兵器禁止条約は、2017年7月7日に122の国連加盟国によって採択され、廃絶に向けた道筋を示すものです。条約を発効するためには、50カ国による批准が必要で...

「もう勘弁してください」は誰が言うべきか、沖縄県知事選と解散総選挙 

ブログ| 事務局長 佐藤潤一 | 2014-11-17

「もう勘弁してください」は誰が言うべきか。 昨日の沖縄県知事選挙で、沖縄県辺野古への基地移設反対を訴えた翁長雄志氏が、現職候補に約10万票の差をつけて圧勝した。 あの綺麗な海を泳ぐジュゴンやウミガメ、そして海底で物言わず棲み続けるサンゴたちもこの結果を喜んでいるにちがいない。 当選確定後、翁長氏は「『もう勘弁してください』との(沖縄県民の)切実な思いが今回の選挙にはあったと思う」と語った。しかし、本来「もう勘弁してください」と素直に負けを認め、基地...

菅直人元首相、グリーンピースの「虹の戦士号」に乗船

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2016-02-26

【佐藤潤一の事務局長ブログ】 「紙一重で、5000万もの人が福島第一原発の250km圏内から逃げなければいけなくなるような、重大な危機に直面したのです。」 これが、今から5年前に発生した東京電力福島第一原発事故当時に日本の首相だった菅直人議員が、グリーンピースの船「虹の戦士号」から福島第一原発を見ながら語った言葉でした。そして以下のように続けています。 「それだけの大きなリスクのある原発を、これ以上使い続ける必要はありません。将...

グリーンピースもG7へ!その目的は…

ブログエネルギーチームリーダー 高田久代 | 2016-05-27

こんにちは、G7伊勢志摩サミットに行ってきました、エネルギーチームリーダーの高田です。会場にはたくさんの報道関係者とともに、市民団体(NGO)も詰め掛けました。グリーンピースも、海外のスタッフ、日本のスタッフのチームで、サミット初日の26日から現地に駆けつけました。現地の様子を報告します。   グリーンピースが参加した目的は? G7のような世界各地で行われる国際会議、国連の総合協議資格ももつグリーンピースはたびたび参加しています。そ...

じつは原子炉メーカーが嫌がるインドへの原発輸出 

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2013-05-30

昨日、安倍首相がインドのシン首相と原発輸出を前提に原子力協定の交渉再開を合意した。 東京電力福島第一原発事故の現場では、増え続ける放射能汚染水の問題など綱渡りが続き、多くの被害者が生活再建の目途を立てられずにいる。その一方で、安倍首相は『世界で最も安全な原発を提供できる』と海外に原発を売り込んでいるわけだ。 言語道断とはこのことを言うのではないか。     インドへの原発輸出はリスクが高い 実は、インドには原発事故の際、原子炉メーカー...

中国漢方薬草から違法・高濃度の残留農薬を検出

ブログ| 農薬 | 2013-06-24

(*この記事本文は6月24日に掲載されたものですが、7月1日の新たな調査結果を踏まえて内容を更新してあります) 今回は中国の漢方薬草の残留農薬の問題です。 漢方と言えば、もちろん健康のために服用されるものですよね。 しかし、その漢方の原料に有害な農薬が含まれているとしたらどう思いますか?   中国国内で違法な6種類の農薬を検出 今日(6月24日)、グリーンピースは中国国内で漢方薬草(クコ、ハニーサックル、菊、サンシチニ...

“成長”が目的化する社会の危険性

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2013-05-24

シリーズ 「 NGO の役割を再考する」 第 3 回 “ 成長 ” が目的化する社会の危険性   「世界で勝って、家計が潤う」? 安倍政権は「世界で勝って、家計が潤う」というスローガンのもとに、原発などのインフラ輸出を拡大する「成長戦略」の柱を誇らしげに掲げた。 40年前に戻ったのかと錯覚するようなスローガンだ。多額の税金( ODAなど )を費やし、海外のインフラ建設を日本企業に受注させる「ばらまき外交」の復活を...

ヨーロッパのハチに朗報!「ハチ大量死」農薬の追加規制が決まる

ブログ|ネオニコチノイド | 2013-07-17

こんにちは。 ヨーロッパのハチに朗報です。 16日、欧州委員会がハチ大量死との関連が指摘されてきた「フィプロニル」という農薬の規制を決定したのです! これで、EU加盟国全体でフィプロニル農薬の使用が制限されることになります。 欧州委員会で投票にかけられた 今回の規制案 は、以下の図のように27加盟国中、英国、チェコ、スロバキアが棄権(グレー)、ルーマニアとスペイン(オレンジ)が規制に反対を投じましたが、23か国(グリーン)が規制に賛成...

モンサントの遺伝子組み換え作物、EUから“ほぼ”撤退!

ブログ|遺伝子組み換え | 2013-07-19

またまたヨーロッパから良いニュース。 あの多国籍バイオ化学メーカーのモンサント社が、EUにおいて新規の遺伝子組み換え作物の承認申請を撤回すると発表したのです。 その理由は、「実際に栽培される見込みが少ない」とのこと。 グリーンピースも世界各地で、遺伝子組み換え作物をなくすキャンペーンを続けていますが、今回のニュースは消費者、生産者、NGOなどが反対の意思表示を続けた成果です。   EUで遺伝子組み換え作物の商業栽培が行われているのは、同...

インドネシア大統領がグリーンピースと協力

ブログインドネシア | 2013-06-10

こんにちは! インドネシアからのニュースです 6月7日、インドネシアのユドヨノ大統領が、ジャカルタに寄港したグリーンピースの「虹の戦士号」に乗船し、グリーンピースと協力してインドネシアの生物多様性を保護していくと約束しました。 <虹の戦士号を訪れたユドヨノ大統領(右)と、グリーンピース・インターナショナル事務局長クミ・ナイドゥ(左)> インドネシアの熱帯雨林保護を強く訴えてきたグリーンピースに対して、2010年には「虹の戦士号」の入港を拒否...

なぜユニクロはグリーンピースと合意したのか

ブログ| 事務局長 佐藤潤一 | 2013-01-31

なぜユニクロはグリーンピースと合意したのか 2013年1月9日、ユニクロを展開するファーストリテイリング社が、「国際環境NGOグリーンピースと2020年までに有害化学(危険)物質の全廃を目指すことで合意した」と表明した。 「あのユニクロがグリーンピースと?」と驚いた人も多いのではないか。 しかし、世界規模でグリーンピースの取り組みを見ると、有害化学物質全廃を目指す活動だけでも、アパレル業界トップの経営方針を次々に変えている。 ...

北極海でロシアがグリーンピースの船を連行した本当の理由。<12月19日最終更新>

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2013-11-22

<最初の投稿は9月20日ですが、12月19日に記事内容をアップデートしています> 9月20日、ロシア連邦保安局が北極海を保護区にと抗議活動をしたグリーンピースのアークティックサンライズ号を28人の乗組員と2人のジャーナリストごと強制的に連行した。 それから3か月が経過した12月18日、ロシアの現行憲法の20周年を記念しプーチン大統領が提案した恩赦案にグリーンピースの28人の乗組員と2人のジャーナリストが含まれた。それをロシア下院が承認したことで、...

消費税Up、「消費」より「省費」型ビジネスモデルをブームに

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2013-10-16

シリーズ 「NGOの役割を再考する」 第6回 消費税Up、「消費」より「省費」型ビジネスモデルをブームに   第185臨時国会が昨日召集され、安倍首相が所信表明演説を行った。成長の原動力として企業を優遇する一方で、消費税は10月1日に発表した通りに8%に上げるという。 企業を優遇することで景気が回復し、それにともなって「消費」も拡大するという将来像を描いているのだが、本当にそうなるのだろうか。 むしろ消費税が上がることによって、「大...

風と桶屋をつなぐ創造力 - シンガポールの大気汚染、原因は日本のコピー用紙!?

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2013-06-28

シンガポールが大変な大気汚染に悩まされているのをご存知ですか? 実はこれ、隣国インドネシアで発生している森林火災の影響です。    インドネシアはパルプ、パーム油、木材生産などのためにたくさんの熱帯雨林を伐採したり、焼き払ったりしてきました。 特に、泥炭地(でいたんち)と呼ばれる湿地において、自然林を伐採し水を抜き植林地とした土地は火災に脆弱になっています。今回、火災が広がっているのも、このような泥炭地の破壊が起因していると言われます。...

福島を忘れない、原発を過去のものに ――東電福島第一原発事故から3年

ブログ| 事務局長 佐藤潤一 | 2014-03-11

あの日から3年、「忘れてほしくない」 東日本大震災直後、スタッフの安全を確認してからすぐにネット通話ができるSkypeを通じて、オランダにあるグリーンピース本部と連絡をとったのを思い出す。「ニュースでは、原発は大丈夫と言っているが、心配なので緊急対応チームを用意してほしい」と伝えた。その後、津波が町をのみ込む状況がライブ中継され、刻々と状況は悪化していった。 現時点でも誰も把握できていない原子炉内部の実態、溜まり続ける汚染水、そして避難生活を続ける被害者...

ケネディ大使、辺野古のサンゴ破壊も見て見ぬふりですか?

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2015-02-27

【佐藤潤一の事務局長ブログ】 2月22日、 沖縄県辺野古の新基地建設に反対する市民2人が、抗議活動中に米軍警備員によって拘束されるという事件が起きた。この拘束劇が、米軍高官の指示であったという証言が2月25日付けの沖縄タイムスで報道されている。 もし、これが本当であるならば外交問題として、沖縄県知事だけではなく、私たち市民もしっかりと米国に抗議すべきではないか。 拘束されたのは、地元の反対運動のリーダーの 山城博治 ...

シェルが北極海の油田探査を停止!8400億円損の決定が意味することとは?

ブログ事務局長| 佐藤潤一 | 2015-09-29

北極海から嬉しいニュースが飛び込んできた。 28日、英・オランダの石油会社ロイヤル・ダッチ・シェル(以下、シェル)が、米アラスカ州沖の北極海域での石油・ガスの探査活動を停止すると発表したのだ(1)。 グリーンピースは、2012年6月から「北極を保護区に」というキャンペーンをはじめ 、シェルをはじめとする大手石油メジャーに北極圏での油田開発を行わないように訴えてきたが、このキャンペーンの成果が出たことになる。 ...

グリーンピース船「虹の戦士号」、沖縄へ - 辺野古の海をまもるために -

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2015-10-15

グリーンピースは、沖縄県・辺野古・大浦湾の海を埋め立てからまもるため、グリーンピースの船「虹の戦士号」を11月上旬に沖縄に派遣することを決めました。   沖縄・辺野古の新基地建設問題は、いよいよ正念場です。 13日、翁長沖縄県知事が埋め立て許可を取り消しましたが、政府はその決定を取り消そうと必死です。報道によれば、2, 3週間以内に工事が再開し、貴重な生態系をもつ辺野古・大浦湾の埋め立てがはじまってしまうかもしれません。 「虹の戦士」伝説 ...

東日本大震災、福島原発事故から5年ーー原発事故は終わっていない

ブログ事務局長 佐藤潤一 | 2016-03-11

今日3月11日、東日本大震災、そして東京電力福島第一原発事故の発生から5年がたちました。震災で被災した方々に深い哀悼の意を表します。 私は先月21日、世界中から集まったグリーンピースのスタッフ、科学者や放射線の専門家を含むかけがえのない仲間たちとともに、グリーンピースの船「虹の戦士号」に乗船しました。嶮しく起伏に富んだ断崖絶壁の地形を持つ福島の海岸線を見ながら航行し、帆船の「虹の戦士号」は高い波と強い風に大きく揺れながらも力強く進んでいきました。 ...

祝! アマゾンの森の巨大ダムが建設中止に

ブログダニクレイ・アギアル | 2016-08-05

先週水曜日の早朝、驚くべきニュースが耳にはいってきました。 ブラジル政府の環境省がアマゾンの最後の手つかずの川の一つ、タパジョス川に建設予定の巨大ダムの認可を取り消すというのです! 私は息がとまりそうになりました。 心臓の鼓動が普通の速さに戻るのを待って、グリーンピースの同僚やムンドゥルク族のリーダーに電話をかけて、ニュースを確認しました。 そして今日(現地時間8月4日)、正式に発表されました。 ...

【緊急】沖縄県知事に辺野古埋め立て承認しないようにメッセージを!

ブログ|沖縄 辺野古 | 2013-12-16

こんにちは。 沖縄の貴重な海が米軍基地建設のために埋め立てられようとしているのを知っていますか? そして、2週間以内に埋め立てが承認されてしまうかもしれないのです。 問題となっているのは、沖縄県名護市辺野古の海域。   大きな地図で見る エメラルドグリーンの海が広がるこの海域には、世界で一番北に生息する「北限のジュゴン」が生息しています。絶滅の危機に瀕しているジュゴンだけでなく、この海域に残る貴重な生態系が、基地建設に...

話そう、女性と環境 ー 福島、キルギス 女性たちの強い意志

ブログ広報 関本 | 2017-03-28

みなさん、こんにちは。グリーンピース・ジャパン広報の関本です。 国際女性デーの翌日、 3 月 9 日に「みんなで話そう、女性と環境」トークイベントを開催しました。 環境汚染や開発の現場から女性の人権について考えるために開催したこのイベント。フォトジャーナリストとして世界で取材を続ける林典子さんを迎え、グリーンピース事務局長の米田祐子が話をうかがいました。都内の会場には女性だけでなく、男性の参加者も含めて約 30 人が参加してくださいました。   ...

「地域の宝探しを支援する」国際協力

ブログインターン 河津 | 2017-08-14

こんにちは、インターンの河津です。 6月27日に、公益財団法人 国際開発救援財団(FIDR)主催のFIDRカフェ ~知ること、話すことからはじめよう、国際協力~というイベントに参加してきました。 本当にありがたいことに、インターンとしてこのような多岐分野に渡りイベントに参加する機会を頂いてます♪ 今回の目的 イベントに参加した目的は、国際団体がどのように社会問題を、日本に住む一般市民の方に、メッセージを伝えているのかを知ることでした。...

この類まれな憲法が日本にあることを心から祝う

ブログタマラ・スターク | 2016-05-03

※2016年5月3日掲載記事 ゴールデンウィーク、楽しんでいらっしゃいますか? 今日は、この国の 憲法 が施行されたことを祝う国民の祝日です。 写真:2003年、イラク戦争反対デモ わたしは、カナダで生まれ、今、日本に住んでいる者として、今日が祝うべき日である理由に、思いを馳せずにはいられません。  第二次世界大戦後の1947年、日本は、 平和憲法 を選んだことにより、世界で 特別な存在 となりました。 平和憲法は、...

ハチ大量死の原因はネオニコチノイド系農薬―住友化学は否定するけれど…

ブログ| ネオニコチノイド | 2013-06-19

こんにちは。 突然ですが、ミツバチが激減しているのをご存知ですか?   2007年春までに、北半球の4分の1のミツバチが消えてしまったという報告があります(注1)。 ミツバチが大量に消えてしまった国はフランス・ベルギー・イタリア・ドイツ・スイス・スペイン・ギリシャ・オランダ・スロベニア・イギリス・中国・アメリカ・カナダ・ブラジル・インド・台湾・ウルグアイ・オーストラリア、そして日本。 さまざまな原因が複合的に影響を与えていると言...

ヨーロッパ、米国でも、中国漢方薬草から高濃度の残留農薬を検出

ブログ|農薬 | 2013-07-01

6月24日に、 グリーンピースが中国国内で購入した漢方薬草から高濃度の残留農薬 が検出された件をお知らせしました。 この調査結果のニュースはCNN(注1)、AFP(注2)などが伝えたことで世界中に広がりました。  それから一週間。 今回(7月1日)は、グリーンピースが中国国外で購入した、中国漢方薬草の残留農薬結果について発表しました。 この調査では、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、英国、米国、カナダで購入した漢方薬草36サンプル...

「ねじれ」が嫌な方へ、「創造的対立」のすすめ

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2013-07-03

シリーズ 「NGOの役割を再考する」 第4回  「ねじれ」が嫌な方へ、「創造的対立」のすすめ いよいよ参院選がはじまる。 先日、安倍首相が「国会のねじれを解消し、政治を安定させる」と訴えるのを聞いて違和感を覚えた。対立意見との調整があるからこそ、政治は安定するのではないのか。 また、先週の電力会社株主総会では、脱原発の株主提案がことごとく否決された。その際の経営陣の回答を聞いていると、提案自体が迷惑だと言わんばかりの議事進行や発...

インドネシアの熱帯雨林保護に大きな一歩

ブログ| 事務局長 佐藤潤一 | 2013-02-05

*追記: グリーンピースは、APP社の「森林保護に関する方針」の採用をもって、インドネシアで森林破壊を続けてきたAPP社に対するキャンペーンを一時的に停止しました。しかしこの方針は実行されなければ意味がありません。よってグリーンピースはAPP社が方針通りの森林保護を継続的に実行し、それが第三者によって確認されるまでAPP社との取引を再開・もしくは開始するのは時期尚早だと考えます。詳しくは "Greenpeace Update: Asia Pulp & Paper’s...

7.10選挙に行こう! 政党アンケート、結果発表

ブログプログラム副部長 エネルギーチームリーダー 高田 | 2016-07-05

こんにちは、プログラム副部長の高田です。 7月10日は、参議院選挙の投票日。そこで、グリーンピースが気になること、各政党に尋ねてみました。 グリーンピースは、原発のない自然エネルギーの社会、そして、未来の食卓を支えるサステイナブルな農業や漁業をめざして活動しています。そんな社会をつくるために、政治の力が欠かせません。 選挙は、わたしたち市民がひとりひとりの声を直接、確実に政府に届けられる機会。 この調査は、わたしたちの声を代弁し...

都知事選と「電源責任」、自然エネルギー100%の東京都を

ブログ| 事務局長 佐藤潤一 | 2014-02-06

いよいよ今週末は東京都知事選挙だ。 都知事選挙をめぐっては、「原発は国で話すべきものだから」という理由で都知事選の争点としてふさわしくないという声があった。東京電力福島第一原発の事故で日本中の人々、企業、そして自然が甚大な被害をうけたことを考えれば「原発が国だけの問題」とすることは論外だ。 むしろこれからは個人、家庭、企業、自治体レベルでどのような電力を使うのかを考える時代がくる。 その象徴として、先週ソフトバンクが、今春から自然エネルギーによる電力...

【5月24日(金)セミナー告知@逗子】 「放射能からこどもを守るためにお母さんができること」

ブログ宮地 大祐 | 2013-05-16

みなさん、こんにちは。 ボランティア担当の宮地です。 5月24日(金)10時より、逗子文化プラザさざなみホールで開催されるセミナー『放射能からこどもを守るためにお母さんができること』(主催:ちびマモ)に、グリーンピースで海の環境問題を担当している花岡が講師として登壇します。 主催のちびマモは3・11以降、子どもたちの心身の健康を守るために何が必要か、それぞれが出来ることを考え、学び、伝えていき、子どもが暮らしやすい逗子・葉山そして世界の実現を目指して活動...

【イベント報告】ボランティアさんとの活動日誌~アースデイ東京2013編~

ブログ宮地 大祐(ボランティア担当) | 2013-04-24

みなさん、こんにちは。 ボランティア担当の宮地です。 僕たちは、先週末に代々木公園で行われた『アースデイ東京2013』にブース出展 してきました。 2 日間とも残念ながらあいにくの雨。春とは思えないほど寒い気候になりましたが、10名以上のボランティアの方々に協力してもらい、豊かな海の生態系と食卓に上がる安全なお魚を次世代に残していくための署名活動を行い、600筆を超える署名を集めることができました。 雨の中にもかかわらず来場者の方に一生懸命、海の問...

【セミナー報告】海の問題をもっと深く考えてみた ~パパ会のみなさんと考える、放射性物質の行方と漁業資源/乱獲の影響~

ブログ宮地 大祐(ボランティア担当) | 2013-04-18

みなさん、こんにちは。 ボランティア担当の宮地です。 先週末に行われたセミナー「海の問題を考える~放射性物質の行方とお魚への 影響~」にお招きいただき、3つのポイントに焦点を置いて、みなさんと一緒に 考えていきました。 ① 福島原発事故後の海洋汚染の実態 ② 乱獲・違法漁業の影響で数が減少しつつある漁業資源 ③ 私たち消費者に出来ること 主催団体の八王子パパ会『Cache-PAPA』は、パパたちが育児に積極的に関わることが当たり前...

【セミナー告知@パタゴニア サーフ東京店】消えゆく豊かな海:放射能汚染・乱獲・沿岸開発

ブログ宮地 大祐(ボランティア担当) | 2013-04-16

みなさん、こんにちは。 ボランティア担当の宮地です。 4月26日(金)に東京・渋谷にあるパタゴニア・サーフ東京で行われるセミナー『消えゆく豊かな海:放射能汚染・乱獲・沿岸開発』のお知らせです。 このシンポジウムには、サーフライダーの視点から保護・活動・調査・教育を行うサーフライダーファウンデーション・ジャパンの松原広美さん。千葉の南房総で獲れる安全かつ新鮮な海の幸を全国に届ける水産仲卸・加工品製造元 スズ市水産から大野登さん。そしてグリーンピースからは、海...

【セミナー告知】4月14日 海の問題を考えるセミナー@八王子

ブログ宮地 大祐(ボランティア担当) | 2013-04-05

みなさん、こんにちは。 ボランティア担当の宮地です。 4月14日(日)に東京・八王子で行われるセミナー「海の問題を考える~放射性物質の行方とお魚への影響~」 (主催:八王子パパ会『Cache-PAPA』)のお知らせです。 このイベントを主催している八王子パパ会『 Cache-PAPA 』は、パパが育児に積極的に関わることが当たり前の世の中になるように活動しているパパたちのグループで、毎月第4土曜日に「パパのしゃべり場」と題したイベントを開催...

51 - 100191の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50