356件のデータが見つかりました
 

その1)北極への準備編 ホッキョクグマに注意 其の壱

ブログ | 2010-06-06

北極ウェブが始まり、これからどんな情報をみなさまへお伝えしていくことになるか、想像するだけでわくわくします。と同時に、氷が消えた海で行われる資源争いの現状に遭遇したときには、悲しくともしっかり広く事実を伝えていこうと、気持ちが引き締まります。 北極調査に参加するグリーンピースのスタッフに配られた注意事項に「ホッキョクグマ」の項目がありました。「スバールバル諸島には、人口よりもホッキョクグマの数のほうが多いので、建物の外に出るときには適切な防備をするように」と。...

Ustream「週刊グリーンピース」で北極の環境調査を紹介!

ブログ | 2010-07-15

グリーンピース・ジャパンのUstreamプログラム、「週刊グリーンピース」で、北極海の環境調査を紹介しました。今日のランチタイムの生放送を見のがした方、 こちらからどうぞ!   メソコスムのことも図解で説明しています! http://www.ustream.tv/recorded/8263253

いざ、北極の環境調査へ

ブログ | 2010-06-01

みなさま、こんにちは。5月24日、北極圏の気候変動の影響などについて調べるためグリーンピースの船エスペランサ号が科学者とともに出航しました。わたくし金繁(かなしげ)も6月6日、「ホッキョクグマの王国」と呼ばれる北極圏のスバールバル諸島スピッツゲルマン島から乗船し、現地レポートをお送りします。 この調査は全4行程4カ月にわたる航海で、消えゆく氷の様子、氷が消えた海で繰り広げられるトロール漁業による乱獲、CO2増加による海水の酸性化について実施します。現地で何が起き...

GM作物を開発する企業のことば

ブログsachiyo | 2009-01-22

今日は、遺伝子組み換え作物をごり押しするモンサント社のことばを紹介したいと思います。 モンサント社の企業広報部長フリップ・アンジェル(Philip Angell)氏がニューヨークタイム・マガジン(1998年10月25日)の「Playing God in the Garden」の中で言ったコメントの抜粋です。 (英文) "Monsanto should not have to vouchsafe the safety of biotech food. Our...

遺伝子組み換えを斬る!!

ブログsachiyo | 2009-01-14

ちょっと遅ればせながら…… 明けましておめでとうございます。今年の干支は丑。 皆さんはどんな新年を迎えられましたか? 私は、「 クローン牛年内に食卓へ? 」というニュースに目を見張り、今年も緊張感を持って食の安全をうったえるキャンペーンをしていかないと! という気持ちを再度、新にする年明けでした。 遺伝子組み換え技術は、いのちを人工的に組み換え、これまで生態系に存在しなかった生命体を作り出すことを可能にします。しかし私たちは遺伝子を組み換えることによる「いのちの開発...

今晩放送予定!NHKクローズアップ現代「食卓に迫る遺伝子組み換え作物」

ブログsachiyo | 2008-11-28

昨夜開催したGMO-FREEビジネス・フォーラムではたくさんの記者の方や食品メーカー企業の方々とお話する機会ができ、とっても有意義なフォーラムとなりました。詳しくは後日追ってブログを書くとして、今日は、今晩放送予定の、NHKクローズアップ現代「食卓に迫る遺伝子組み換え作物」についてご案内します。 数週間前、「遺伝子組み換え」について特集番組をつくっているということでNHKから取材依頼があり、グリーンピースがどうして遺伝子組み換えに反対しているのか、また遺伝子組み換...

ついに明日開催! GMO-FREEビジネス・フォーラム

ブログsachiyo | 2008-11-25

遺伝子組み換え作物が食品の原料として私たちの知らないところで使われ、食卓にのぼるようになりました。そんな中、開催されるグリーンピース主催のビジネス・フォーラム「GMO-FREEは今度最大のビジネスチャンス」では、安全・安心な原料をこれからも確実に確保していきたいと関心を高める食品メーカーが集まるフォーラムになります。 ここでは、遺伝子組み換えでない原料を確保できると断言するCert ID(サートアイディ)ブラジルの代表取締のアグスト・フレイレ氏をお招きし、実...

表示されない日本の不安な原料

ブログsachiyo | 2008-09-20

BSE問題が起きて吉野屋から牛丼が消えたのは記憶に新しいように感じますが、また食の安全を揺るがす事件が起きました。汚染米です。日本の文化や歴史を支える私たちの食卓の中心であるお米、日本の米に起こった史上最悪の事件でした。 「事故米」や「汚染米」と呼ばれているこの問題のお米は、残留農薬値が最高で基準の6倍だったり、カビが生えていたりする汚染米が混ざっているお米――これが学校給食や飲み物の原料として5年以上前から(9月18日現在の情報)流通していたという恐ろしい...

抽選でエコグッズが当たるアンケート実施中!

ブログsachiyo | 2008-08-20

あなたの食品表示に対する信頼度を教えてください。 中国製ギョーザ中毒事件や相次ぐ偽装事件など度重なる食品の安全性にまつわる悪いニュース。ここまで食品の偽装が度重なると、表示そのものの信頼性が疑わしく何を信頼して良いかわからなくなります。消費者はいままで以上に、食品表示や記載されている原材料を気にしながら食品選びをしているとメディアは伝えています。 9月中旬に召集される臨時国会での最重要課題のひとつは、消費者庁関連法案など消費者総合対策。具体的には消...

食料サミット(FAO主催6月3日~5日inローマ)を終えて見えてきたこと

ブログsachiyo | 2008-06-08

世界中で多くの市民が穀物の価格高騰に悲鳴をあげ、私が把握しているだけでもすでに22カ国で食糧不足が引き金となって暴動が起きた。この世界的な「食糧危機」に対処すべく世界食糧機構(FAO)がこれまで事務官クラスで話し合っていた各国間会議を、今回、首脳を呼んでの食糧サミットとしたことは現在の問題の深刻さを語っている。   日本から福田首相も参加して6月3日から5日まで開かれたこの会合だったが、残念なことに、利権がからんだ各国の主張が続き、問題を解決するに足る強い...

オーストラリアから強いNO! GMO!! メッセージ

ブログsachiyo | 2008-06-04

西オーストラリア州知事「遺伝子組み換え食品は独立の安全性審査機関が審査するまで、いったん販売をやめるべき」と訴え オーストラリアでは、西オーストラリア州のアラン・カーペンター知事が最近、「遺伝子組み換え作物は、独立機関による審査がその安全性を明らかにするまで、販売ルートに乗せるべきではない」と発言したことが話題になっています。西オーストラリア州は遺伝子組み換え作物の作付けを州全体で禁止している州です。知事はさらに遺伝子組み換え食品については、州単位ではなく、...

食卓に忍びよる「遺伝子組み換え食品」-トウモロコシ編

ブログsachiyo | 2008-04-25

遺伝子組み換えの問題は、野外栽培での環境汚染のほか、食品表示法が曖昧なため消費者に充分その危険性が伝わらないことにあります。 食品メーカーは表示の義務として「遺伝子組み換え原料を使わない方針」を持っていても、遺伝子組み換えを含む可能性がある「 不分別原料 」を多く使っています。表示がないから私たちは選らばないということが出来ず、その結果遺伝子組み換え食品を知らずに食べているのが現状です。 表示されない対象になっている原料には、油や大豆レシチンなどの乳化剤に加...

クローン牛、残留農薬、遺伝子組み換え・・・

ブログsachiyo | 2008-04-10

「食品」の定義 「食品」というひとことを聞いて、みなさんはなにを思い浮かべますか? さつまいものような農作物? 煮物のような家庭料理? お菓子のような加工食品? それともレストランで注文するパスタなどでしょうか? 食べる品と書く食品の「食」は「人に良い」と書き、基本的に人に良い、つまり体に良いもの、栄養となるものが「たべもの」であるべきだと私は思います。遺伝子組み換えの問題には、「なにが起こるかこの先まったく予想がつかない」というリスクが常に見え隠れし...

明治製菓さんからは、愛のない返答

ブログsachiyo | 2008-04-04

社会的企業責任はいずこへ・・・? 食品衛生法違反で自主回収を行った甘味料「GF2」について、取引したすべての食品メーカーと関連会社名の名前を公開するよう、お願いした手紙のお答え期限が切れました。 それでも、明治製菓さんから連絡は残念ながらありませんでした。 お返事の期日の3月31日まで待っていましたが、その返事がないため翌日、4月1日に以前からこの件に関してお話をしている明治製菓の広報室長に連絡しました。 すると・・・ 「お返事は書面ではしないことと、...

オーストラリア大使館を訪問

ブログsachiyo | 2008-03-11

今日、東京港区三田のオーストラリア大使館を訪ね、オーストラリア大使代理のビル・ウィザーズ公使(農業担当参事官)に面会しました。 公使に、オーストラリアの1州でも遺伝子組み換えナタネの作付けに踏み切れば、汚染のおそれが常についてまわることを「遺伝子汚染レポート」(グリーンピース編集)をもとに説明しました。また、これまでグリーンピースに届けられたメッセージが1900通を超え、消費者には遺伝子食品に対する強い抵抗感があることなどをお話しました。ウィザーズ公使はとて...

明日はTRUE FOOD LIVEです

ブログsachiyo | 2008-03-08

食の安全を脅かす事件が相ついでいますが、今日は、明るい話題をふたつお届けします。 ◆遺伝子組み換えや農薬、食品添加物の問題などが学べる「食育カフェ」が3月4日福岡県赤村赤でオープンしました。企画に携わった中村隆一さんはフェアトレードを行う会社「ウィンドファーム」の代表で、遺伝子組み換え食品表示の法改正を求める署名にも賛同して下さっている方です。 記事を読む: www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/200...

日本のマヨネーズ、マーガリン、ナタネ油を遺伝子組み換え汚染から守るために

ブログsachiyo | 2008-02-29

最後のチャンスです オーストラリアのビクトリア州では明日(2月29日)、遺伝子組み換えナタネ栽培の一時禁止令(モラトリアム)がビクトリア州で期限切れとなります。 日本の食卓に並ぶマヨネーズや油はオーストラリアとカナダから輸入されたナタネで作られています。カナダで実例があったように、遺伝子組み換えナタネは汚染が特に広がりやすいため、遺伝子組み換えでないトゥルーフードなナタネを入手できなくなってしまうかもしれません。この状況を変えられるのは、オーストラ...

バレンタインデー用のチョコっと雑学

ブログsachiyo | 2008-02-14

バレンタインデーにラブ・コール! To チョコレートメーカー 明日は待ちに待ったバレンタインデー。愛する人に、その思いを届ける1年に1回の特別の日。愛する人にチョコレートを渡しつつ、チョコにまつわる雑学でも届けて、アマーク語ってみてはいかが? ■チョコっと雑学1, 表示の裏側 豆腐や納豆の遺伝子組み換え表示はよく目にしますが、その他の食品にも組み換え原料が使われていることは以外と知られていません。その問題の根底となっているのが、わかりずらい...

ピープル・ツリーのフェアトレードチョコレート

ブログsachiyo | 2008-01-31

愛知県でのセミナーの様子をUPしました 愛知県・長久手町で行われたChocolate Revolution IN愛知。レポートの様子を アップ しました! 見てくださいね。 このセミナーの中でも紹介があった、ピープル・ツリーのチョコレートは、遺伝子組み換えのおそれがある大豆由来のレシチンや添加剤を一切使わずに作られるほんもの、つまりTrue Foodなピュア・チョコレートです。 添加物の大豆レシチンが使われる理由のひとつは、チョコレートの製造過程を簡略化す...

豪ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州の2州が危ない

ブログsachiyo | 2007-11-29

オーストラリアのニューサウスウェールズ州とビクトリア州の両州政府は昨夜、遺伝子組み換えナタネ栽培モラトリアム(一時中止)を撤回すると発言をし、波紋を呼んでいます。 西オーストラリア州とタスマニア州が遺伝子組み換えナタネ栽培禁止を求めるなかでの、東側2州の突然の発言は多くの人を驚かせています。 ニューサウスウェールズ州とビクトリア州の両州政府は、遺伝子組み換えナタネの栽培は大きなビジネスチャンスだとしていますが、実態は違います。 ...

101 - 120356の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50