256件のデータが見つかりました
 

「情報が真っ黒にされる時代で良いですか?」 ウェブサイトを24時間黒塗りにして秘密保護法案に抗議

ブログ| 事務局長 佐藤潤一 | 2013-11-28

(12月2日正午よりグリーンピース・ジャパンのウェブサイトで表示される予定のイメージ)   11月26日、特定秘密保護法案が衆議院で可決されてしまいました。 政府が秘密を恣意的に特定し、情報を隠すことができる法案として多くの団体や個人が反対を表明しています。グリーンピースもこの法案が「知る権利」を侵害するとして 廃案を求めています 。 昔も今も、政府が情報を隠すときには書類などを「黒塗り」にしてきました。特定秘密保護法案が成立すれば「さまざま...

原爆投下と原発事故を「被ばく国」の立場から見つめ直す

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2013-08-06

Photo (c) Greenpeace / Jeremy Sutton-Hibbert   グリーンピースは、世界中の国々が核兵器を廃絶することこそが平和への道であると考えます。 広島、長崎への原爆投下から68年。「核の脅威」は、「原発」という言葉に姿を変えて私たちの身近にも存在してきました。東電福島第一原発事故により多くの市民がその事実に気がついてから2年半が経過しましたが、原爆による「被爆国」であり、原発事故の「被曝国」でもある日本が、NPT...

「消費」から「省費」へ、アベノミクスは時代遅れ

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2013-07-30

シリーズ 「NGOの役割を再考する」 第5回 「消費」から「省費」へ、アベノミクスは時代遅れ 参院選の勝利で信任されたと言うアベノミクス。 しかし、物質的に成熟した日本社会において、アベノミクスが期待する「消費増大」は起こるのだろうか? 環境問題は「消費行動」と密接に関係する。そのためグリーンピース・ジャパンの長期的な活動方針を検討するにあたって、人間の「消費行動」の変化を整理する必要があるのではないかと感じていた。 ...

【イベント報告】「ミツバチのいる農と食」あなたにとって身近な野菜はなんですか~アースデイ2014~

ブログ宮地 大祐(ボランティア担当) | 2014-04-24

みなさんこんにちは。 先週末に行われた、アースデイ東京2014にブース出展してきました。 当日は少し肌寒かったのですが、会場となった代々木公園は、その冷え込みに負けないくらいの熱気に包まれていました。 僕たちのブースでは、6名のボランティアさんと共に、「あなたにとって身近な野菜はなんですか?」とアンケート調査及びネオ二コチノイド系農薬の問題の周知・拡散をしていきました。 (開票結果は こちら から。) アンケートを集めた目的は、今後おこな...

『過ちは繰り返さない』、広島から平和へのメッセージ――集団的自衛権に思うこと

ブログ宮地 大祐 | 2014-05-15

*集団的自衛権の行使容認について、安倍首相の有識者会議が5月15日に報告書を提出するといいます。「グリーン」で「ピース」な社会を目指すグリーンピースは、いま、戦争について語り継ぐことが大切だと考えます。これは、広島出身のグリーンピース・ジャパンのスタッフ、宮地大祐が語る「戦争を知らない世代」の平和への思いです。                                                         (資料寄贈:川越 明人さん) ...

北海道のムダなダム建設現場で見た、驚愕の“魚道”?!

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2014-09-29

みなさん、こんにちは。事務局長の佐藤です。 3か月前に 育児休暇を兼ねたサバティカル休暇に入らせていただきました が、9月24日から事務所に戻りました。あっと言う間の3ヶ月でしたが、その間の出来事をいくつかのブログにわけて書かせていただこうと思います。 まずは、早く伝えたい自然を破壊するダムのこと。 貴重なサンル川が破壊されている 9月14日、北海道の北部にある下川町を訪れました。下川町を流れるサンル川が今回の訪問先です。この時期のサンル...

水ではなく、土砂がたまる最悪ダムはこれだ!

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2014-10-08

こんにちは。グリーンピース事務局長の佐藤です。今回も、前回のブログの続きでダムの話題です。 前回紹介したサンルダムの工事現場を訪れた後に、北海道沙流郡平取町にある二風谷(にぶたに)を訪れました。 もともと私は米国とメキシコでネイティブアメリカンの文化や抑圧の歴史を学んできたこともあり、先住民族である北海道のアイヌ民族の歴史に興味があったことと、そこに建設されている「世界最悪のダム」(注1)と呼ばれる二風谷ダムを訪問するのが目的でした。 ...

「もう勘弁してください」は誰が言うべきか、沖縄県知事選と解散総選挙 

ブログ| 事務局長 佐藤潤一 | 2014-11-17

「もう勘弁してください」は誰が言うべきか。 昨日の沖縄県知事選挙で、沖縄県辺野古への基地移設反対を訴えた翁長雄志氏が、現職候補に約10万票の差をつけて圧勝した。 あの綺麗な海を泳ぐジュゴンやウミガメ、そして海底で物言わず棲み続けるサンゴたちもこの結果を喜んでいるにちがいない。 当選確定後、翁長氏は「『もう勘弁してください』との(沖縄県民の)切実な思いが今回の選挙にはあったと思う」と語った。しかし、本来「もう勘弁してください」と素直に負けを認め、基地...

投票に行くだけで満足してはいけない今回の選挙。 12月14日の衆議院選挙は、「未来の選択」

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2014-12-02

【佐藤潤一の事務局長ブログ】 第47回衆議院選挙が公示された。 師走の駆け込み選挙となるが、今回の選挙で問われているものはとてつもなく大きい。 現内閣の環境・平和政策は0点 第二次安倍内閣が進めてきた数々の政策は、「環境保護」、「平和な社会の実現」という観点から考えると、きわめて0点に近い。むしろ状況を悪化させているという点でマイナスをつけるべきだろう。 現内閣の政策と、環境保護、平和を重視する政策とを簡単に比較してみると以下のように...

2014年、年末のご挨拶にかえて

ブログ|事務局長 佐藤潤一 | 2014-12-27

【佐藤潤一の事務局長ブログ】 皆様からのあたたかいご支援、ご協力のおかげで、2014年もグリーンピース・ジャパンは皆さまとともに重大な環境問題に取り組むことができました。 特に、今年から開始したミツバチなどの激減の原因とされるネオニコチノイド系農薬の国内規制を目指したキャンペーンや、原発の再稼働を止めるための活動には、多くの方にご参加いただきました。おかげさまで、ネオニコ系農薬の規制緩和、原発の再稼働の両方において、世論の高まりをうけてをその動きを遅らせ...

71 - 80256の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50