356件のデータが見つかりました
 

11万6000人の底力

ブログjun | 2007-10-10

今回の沖縄で心に残ったもの。 まず、沖縄市のすぐ地先、しかも殺風景な堤防の内側に広がるサンゴ(ヒメマツミドリイシ)の大群落。次に、辺野古の米軍キャンプシュワブ沖に浮かんだ長島から見下ろす大浦湾のみごとなリーフ(ユビエダハマサンゴが主体)と、辺野古の座り込みキャンプに陣取る男女長老たちの存在感。そして9月30日、高校教科書「集団自決」検定問題をめぐる県民大会に集まった11万6000人の底力――。 エスペランサ号の一般公開レセプションがあって、県民大会には...

だいじょうぶノーベル平和賞?

ブログjun | 2010-10-04

NHKが今夜(10月3日)、NHKスペシャルの枠でスクープドキュメント『“核”を求めた日本――被爆国の知られざる真実』を放映した。 http://www.nhk.or.jp/special/onair/101003.html   1960年代後半、佐藤栄作政権が非核三原則を国是化する裏で、中国の核保有に対抗して日本も核武装する構想が、ドイツとの秘密協議もまじえながら進んでいた。長いあいだの疑惑に、ようやく証言と証拠が出てきたことを歓迎したいし、NHK取材班の...

沖縄へ

ブログjun | 2007-09-25

今週後半から沖縄へ――。北限のジュゴンたちが生きられる海洋生態系を守ろうと、グリーンピース最大のキャンペーン船エスペランサ号とともに、辺野古ヘリポート基地建設ありきの環境アセスメント方法書無効を訴えるためだ(すでに世界中から約3万人のメッセージが届いた!)。沖縄本島在住の方々は、9月29日・30日両日、那覇港で行うエスペランサ号のオープンボート(一般公開)にもぜひどうぞ! 下記の受け付けページから26日午後3時まで申し込みできます。 http://www...

クジラ肉裁判判決を受けて

ブログjun | 2010-09-09

グリーンピース・ジャパンのサイトや報道などでご存知のとおり、9月6日の青森地裁判決は懲役1年、執行猶予年の有罪を言い渡す不当なものだったため、佐藤と鈴木は即日控訴しました。 日本の司法の限界を示す残念な結果でしたが、控訴プロセスとともに、国際人権規約の第一選択議定書(国連に対する個人通報制度)を批准する国内手続きも進みそうなので、"人権の秘境"状態に風穴を開けることができるかもしれません。 下記に昨日配信のメールマガジン「GREENPEACER」の関連部分を引用...

神国日本の……

ブログjun | 2010-08-15

久しぶりに“余談”らしくと読書感想文を書きためていたら、ちょうど8月15日にふさわしい本を寄贈いただいたので、まずは早川タダノリ著『神国日本のトンデモ決戦生活』(合同出版)の紹介から。 先の大戦下のチラシや広告、新聞・雑誌などの出版物から、題名どおりの集団洗脳体制を客観的に炙り出す好著。改めて一次資料を眺めると、腹が立つより哀しくも笑えてしまう。 たとえば一貫して気合が入っているのが月刊誌『主婦之友』で、ついにザラ紙モノクロ刷りとなった敗戦1カ月前...

参院選候補に辺野古アンケート!

ブログjun | 2010-07-07

私はグリーンピース・ジャパン事務局長として、ジュゴンの棲む辺野古の海を守るために日米NGOが連携するJUCON (Japan-US Citizens for Okinawa)と、沖縄での9万人県民大会に合わせて東京で1200人の「NO BASE OKINAWA」キャンドル人文字を成功させた「沖縄に基地はいらない 全国同時アクションTokyo」に参加してきましたが、この2つのネットワークとWORLD PEACE NOWが共同で、参院選の全立候補者(選挙区・比例区)を対...

クジラ肉裁判、結審!

ブログjun | 2010-06-12

(6月9日配信のメールマガジンGREENPEACER最新号巻頭言に加筆)http://www.greenpeace.or.jp/info/mail/mailmagazine_html   調査捕鯨船団での組織的なクジラ肉横領を東京地検に告発してから2年あまり、6月8日に青森地方裁判所でグリーンピース・ジャパンの佐藤潤一と鈴木徹の公判が結審を迎えました。   裁判官が「表現の自由」と並んで「横領の有無」を論点に含めたにもかかわらず、検察官は論告求刑のな...

元の木阿弥

ブログjun | 2010-05-29

辺野古へ舞い戻った米軍基地建設計画は絶対に認められない! もっとも許せないのは、外務大臣と防衛大臣同士の2+2合意が先にあって、日本政府としての決定はそれに従うだけという手続きだ。これでは独立した民主主義国家の体をなしていない。まったく文字通りアメリカの属国でしかないことを、首相みずからの口で宣言してしまった。このことこそ総理大臣罷免に値する。(もちろん、総理大臣を罷免させられるポストはないから、選挙などでそれに等しい意思を示せるのは民衆だけ。) ...

バナナ共和国

ブログjun | 2007-09-18

屋久島にいたときは、講演などを頼まれても年に数回、日程や内容を吟味して出かけるのが精一杯だったが、グリーンピースの仕事をはじめてからは月に何度か声がかかる。週日の勤務に全力投球するため、土日はなるべく休むようにしているけれど、断れない場合もある。9月15日(土)に行われたPeace Day Tokyoでは、日本国際ボランティアセンターやアムネスティ・インターナショナル日本と並んで、環境と平和についてスピーチした。その前週の金曜日は『非戦』仲間の田中優さん、イラク戦争前...

鳩山の弱音

ブログjun | 2010-05-05

鳩山首相が沖縄で、ついに本音(弱音?)を吐いた。しかし、民意は絶対についていくまい。埋め立てだって桟橋方式だって、太陽光を遮られればサンゴをはじめ海洋生態系は壊滅する。 基地や核関連施設などに関しては、住民側はNIMBY(Not In My Back Yard=「うちの裏庭にはイヤ!」を貫き通すだけでいいのだと思う。これは正しい「地域エゴ」であって、どこも受け入れなければ、その政策なり方針なりが間違っていることを示せる。 ...

初公判雑感

ブログjun | 2010-02-17

青森での「クジラ肉裁判」初公判を傍聴した。 被告人の佐藤と鈴木は冒頭の罪状認否で、それぞれ堂々と無罪を主張し[ * ]、弁護団もパワーポイント資料を使いながらみごとに論点を整理する1時間半近い冒頭陳述を展開したのに、検察側は「まじめにやれ!」と言いたくなるような脱力ぶりだった。甘く見ているのか、勝つつもりがないのか――たぶん、国策を背景にグリーンピースを成敗(せいばい)するのだから負けるはずがないとタカをくくっているのだろう。それにしても、検察側証人の2人に...

J-WAVEインタビュー

ブログjun | 2010-01-09

J-WAVEの番組Jam the Worldの Cutting Edgeというコーナーでインタビューを受けた。   南極海でシーシェパード(以下、SS)と捕鯨船団が衝突した問題にコメントを求められたが、全然関係のないグリーンピース・ジャパンに聞かれても困るというのが正直な感想。そもそも事実関係そのものが、かたや水産庁、かたやSSの報告だけでは客観性に乏しい。暴力的な応酬では問題がこじれるばかりだ。   世界で一国だけ、クジラ保護区(サンクチュア...

春風献上

ブログjun | 2010-01-04

生きとし生けるものに幸あれ! ――グリーンピースの究極目標である「地球の生物多様性保全」と「公正・公平な持続可能性」を組み合わせれば、そう言い換えることもできる。自然も、その一部をなす人間社会も、本来の豊かさへ向かう年にしたい。問題はいつだって山積だが、危機はかならずチャンスでもあるのだ。   個人的にも、グリーンピース・ジャパンを率いる立場でも、つねづね「みんなと違う」ことを意識したり、積極的に求めたりする傾向が強いけれど、この年末年始は「みんなと...

続:辺野古の基地建設は不可能・不必要!?

ブログjun | 2009-12-15

ジュゴン訴訟についてまとまった記載がないか探したら、12月11日付の琉球新報にこんな新しい展開が報じられていた。前回ご紹介したとおり、現在は米国の文化財保護法にあたる法律に訴えて、第一審の中間判決で辺野古に基地を建設するのは違法との判断を引き出しているのだが、もっと拘束力の強い「種の保存法」での新たな提訴を準備中だという。そして、鳩山首相もこの訴訟の行方を意識しているらしい。 ▼「種の保存法で新訴訟 ジュゴン保護で環境法律家連盟」 ...

辺野古の基地建設は不可能・不必要!?

ブログjun | 2009-12-06

12月2日(水)、国会議員会館で決定的に重要な緊急院内勉強会が開かれた。沖縄の人びとと環境派弁護士たちが米国で、国防長官を相手どって起こしたいわゆる「沖縄ジュゴン訴訟」(英語では提訴当時の国防長官名を残してDugong vs Rumsfeld caseと呼ばれる)の現状報告だ。 核心部分だけ要約すると、すでに米国内法(ジュゴンを天然記念物に含む米国文化財保護法)に照らして建設を違法とする第一審(連邦地裁)中間判決が言い渡されており、現在は最終判決待ち。米政府...

アフリカから国際事務局長新任

ブログjun | 2009-11-21

メールマガジン121号巻頭言から―― グリーンピース・インターナショナルの新しい国際事務局長に、アフリカ出身者としてはじめてクミ・ナイドゥが就任しました。南アフリカ生まれのクミはアパルトヘイト時代に人権活動家としてスタートし、最近は公正な社会実現のために世界111ヵ国以上の市民社会ネットワーク、財団、企業、個人などが結集するCIVICUS(World Alliance for Citizen Participation)事務局長を務めていたので、日本でもご存じの...

政権交代に寄せて

ブログjun | 2009-09-17

「民主主義とは革命の制度化だ」という言葉を思い出させる鮮やかな政権交代でした。「民主党の勝ちすぎも気になるけど、旧政権に対する国民の堪忍袋の緒が切れた結果だろうな……」と複雑な気持ちのところへ、今日誕生する鳩山新首相から、2020年までに温室効果ガスを25%削減する公式発言が出ました。 民主党のマニフェストには、全世界から歓迎されるこの25%削減中期目標のほか、遺伝子組み換えに厳しい食品表示の拡充、国際人権規約の第一選択議定書批准(個人が人権侵害を国連人権委...

カムガエル8月

ブログjun | 2009-08-15

もうすぐ元(もと)がつきそうな麻生首相に「考えろ」と言われなくても、日本人なら国の来し方や行方に思いを 馳せる8月――。日本語「考える」の原義は「カムガエル」(神返る)らしい。もちろんこれは○×明神とかではなく、アイヌ語のカムイと通じる“人間を含む 森羅万象の内なる聖性/尊厳/働き”のこと。お盆だしね。 ヒロシマとナガサキの64回目の原爆忌にちなんで、何かグリーンピース・ジャパンとして正式メッセー ジをとも思ったが(07年には下記を発表した)、残念ながら来...

Rock on!

ブログjun | 2009-05-04

忌野清志郎さんの訃報に接し、あらためてグリーンピースもロック魂に貫かれたNGOだと思う。 RCサクセションの結成が1970年、グリーンピースの発足が71年。日本では全共闘運動の終息とともに「政治の季節」が幕を閉じたとされるが、世界ではむしろ既存権力への異議申し立てが環境や平和や人権の分野に広がっていった。非暴力に徹しながらも、問題提起には思いきりロックでパンクでエッジな方法を探り続けたグリーンピースは、その牽引役だったし、いまもそのスピリットは変わらない。...

Back to Nature

ブログJun | 2007-09-01

7月にピースボートの「Peace & Green Boat」という企画で、日本と韓国から300人ずつの参加者と一緒にロシア極東のカムチャツカ、サハリン、ウラジオストックを回った。これについては、グリーンピース・ジャパンのニューズレター『Greenpeace Action』に連載中の事務局長コラム「Deep Green」に少し詳しく書くつもりなので、ここでは深入りしないが、今年で3年目になる日韓の市民運動関係者を中心とした船上交流は、とても刺激的だった。 ...

161 - 180356の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50