21件のデータが見つかりました
 

【ハッピーランチガイド】安全・安心な給食はどこ?

アクション|2015-09-29 12:00

【ハッピーランチガイド】安心・安全な給食はどこ? 全国1000の私立幼稚園が参加した「ランチの安全安心度」アンケート結果を発表!

ダウンロード

【ハッピーランチガイド】安心・安全な給食はどこ? 全国1000の私立幼稚園が参加した「ランチの安全安心度」アンケート結果を発表!

ネオニコチノイド系農薬の使用禁止と、残留基準の規制緩和反対を求める署名 ―もう後がない! ネオニコはここでくい止める!

アクション|2014-10-01 11:00

いま、野菜や果物への農薬の残留基準が大幅に緩和される危機に直面しています。厚生労働省や農林水産省が、ネオニコチノイド系農薬の一種クロチアニジンの食品中における残留基準値の大幅な緩和を検討しています。 2014年3月までに集まった市民の反対の声(署名12,739筆、パブリックコメント1,656件)で、緩和案をいったん止めることが出来ましたが、現在「再審議」の途中です。 しかし、再審議の経過を見る限り、規制緩和に歯止めがかからないことが懸念されています。いまいちど、私たち消費者が声をあげる...

【ハッピーランチガイド】安全・安心な給食はどこ

アクション|2015-09-29 12:00

【ハッピーランチガイド】安心・安全な給食はどこ? 全国1000の私立幼稚園が参加した「ランチの安全安心度」アンケート結果を発表!

ダウンロード

【ハッピーランチガイド】安心・安全な給食はどこ? 全国1000の私立幼稚園が参加した「ランチの安全安心度」アンケート結果を発表!

食と農業の未来像 〜エコロジカル農業(生態系農業)〜

記事|2015-10-16 12:00

私たちに、健康的な農業と豊かな食生活を約束してくれるのは、有機農業や自然農法などの”生態系農業”です。自然と生物多様性を大切にし、古くからの知恵と最先端の農業技術をかけあわせた農法です。巨大企業ではなく、人々と農家、つまり消費者と生産者を中心におき、コミュニティのつながりを深めます。

「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」にご参加を!

アクション|2015-04-08 14:00

グリーンピースは「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」を開始し、生態系に調和した農業が一般的となる社会をめざしていきます。ひとりひとりの力をあわせて、子どもとミツバチに優しい未来を作りましょう。

日本は農薬大国!?  農薬を使う理由は?

ブログnarisawa | 2013-11-22

ミツバチの大量死の一因として知られているネオニコチノイド系農薬。最近ではミツバチの盗難も問題になってきています。ヨーロッパで進む規制とは逆に、日本では残留基準値の引き上げが検討されていると先日の ブログ で紹介しましたが、 みなさん、農薬を使う背景について考えてみたことありますか? まずそもそも日本は世界でも有数の農薬使用国って知っていましたか?  日本の一般的な農法では、1週間に一度は農薬を散布しているそうです。その農薬を使う理由の一つが、虫食いのない...

2013年の「世界最悪の企業」を決める投票開始 ――パブリックアイ・アワード2014

ブログBee happy | 2013-12-13

環境と人権を無視した無責任な企業に与えられるパブリックアイ・アワードの投票が、今年も始まりました。 ■パブリックアイ・アワード(The Public Eye Award)とは? スイスのダボスで毎年1月に行われる世界経済フォーラムの年次会合にあわせて、スイスの「Berne Declaration」というNGOが2000年から開始した賞で、グリーンピースも2009年から選考委員として参加しています。 この賞の目的は、企業の社会的責任を果たしていない「世界最悪...

世界最悪企業2013が決定: 北極圏の石油掘削事業がシロクマを危機に追いやる

ブログbee happy | 2014-01-28

世界最悪企業2013が決定: 北極圏の石油掘削事業がシロクマを危機に追いやる   2014年1月23日、スイスで開催された世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に合わせて、「2013年の世界最悪企業」のランキングが発表されました。 世界中からおよそ28万人がインターネットを通じて投票した結果、北極圏での石油掘削事業を進めているロシアの巨大国営天然ガス「ガスプロム」が9万5279票を集めて1位になりました。   ...

ネオニコチノイド系農薬問題――世界のメディアはどう伝えているのか?

ブログbee happy | 2014-01-25

2013年12月、ヨーロッパで3種類のネオニコチノイド系農薬(クロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサム)の使用・販売が一時禁止されました。 続いて、2013年12月17日、欧州食品安全機関(EFSA)が、このネオニコチノイド系農薬(アセタミプリド、イミダクロプリド)に人間の脳や神経の発達に悪影響を及ぼす恐れがあるとの見解を出しました。 [1] 世界はどう伝えているのか この欧州食品安全機関の見解について、世界のメディアはどのように伝えて...

2月3日に厚生労働省に申し入れ&交渉行きます――残留農薬(ネオニコ系)の規制緩和の凍結を求め

ブログbee happy | 2014-01-31

2月3日に厚生労働省に申し入れ&交渉行きます ――残留農薬(ネオニコ系)の規制緩和の凍結を求め 来週2月3日(月)に、ダイオキシン・環境ホルモン国民会議、反農薬東京グループ、日本有機農業研究会、グリーンピース・ジャパンのNGO4団体で、ミツバチへの悪影響が懸念されているネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの使用について適用拡大・緩和しようとしている厚生労働省に対し、即時凍結を求め申し入れと交渉をしてきます。 みなさんにご参加いただいた、規制緩和に反対す...

残留農薬を増やさないで! 厚労省との緊急交渉の報告&署名を2月13日まで引き続き集めます!

ブログBEE HAPPY | 2014-02-03

こんにちは。 ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの使用、基準の大幅な引き上げや、散布する農産物の拡大が提案されている問題について、基準の大幅な引き上げなどの即時凍結を求めるために、今日2月3日、NGO5団体で厚生労働省に緊急交渉に行きました。行ったのはグリーンピース・ジャパン、ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議、反農薬東京グループ、日本有機農業研究会、ネオニコチノイド系農薬中止を求める ネットワークで、厚生労働省の医薬品食品局食品安全部の2人の課長補佐と交...

聞いてください。市民の声――厚労省との申し入れで見えたパブコメの行方

ブログbee happy | 2014-02-07

ネ オニコチノイド系農薬クロチアニジンの残留基準の引き上げ案に対するパブリックコメント(パブコメ/意見公募)は、厚生労働省によると、異例の1000件以上集まったそうです。 過去の残留農薬の基準に関するパブコメでは、多くて10件程度とのことですから、どれほど関心が高いかわかります。 ではこのパブコメの意見はどうなるのでしょうか…。2月3日にグリーンピースが他4団体とともに厚生労働省と 交渉 したときに、聞いてみました。 厚労省の担当者の答えは… ...

ネオニコ系農薬に反対する署名にお寄せいただいたメッセージ

ブログbee happy | 2014-02-10

こんにちは。 グリーンピースではいま、厚生労働省が進めている、ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの食品中における農薬の残留基準値の緩和に反対する署名を集めています。開始からおよそ3週間で、すでに11000人を超える署名をお寄せいただいていますが、ほとんどの方がメッセージも書き込んでくださっています。 そこで、一部をご紹介させて頂きます。(抜粋) 自身で危険を判断することも除去することもできない子供たちに、安全な食べ物を与えるのが大人...

署名12,739筆!ネオニコに反対する署名とメッセージを厚労省に提出しました。

ブログ食と農業 | 2014-02-18

こんにちは。 多くの方に参加して頂いたネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの残留基準の緩和に反対する署名は、4週間弱の間に12,739筆が集まり、先ほど、厚生労働大臣宛に提出してきました。短い期間に署名に参加し、また広めてくださった大勢のみなさん、ありがとうございます!署名には8割以上の方が、メッセージを書いて下さっていました。提出にあたっては、その中からいくつかを口頭で紹介したあと、ひとつひとつのメッセージを注意深く読んで、残留基準の緩和を即時凍結するよう求め...

農薬に関するパブコメ募集中! 公開性をもとめる意見を送ろう

ブログ食と農業 | 2014-03-01

こんにちは。 Normal 0 0 2 タイトル:農薬に関するパブコメ募集中! 公開性をもとめる意見を送ろう     こんにちは。   農薬の「登録制度」の変更について、パブコメが募集されています。 締め切りは 3 月 4 日です。   日本では、農薬は農薬取締法のもとで「登録」されると、農薬として...

ミツバチの大量死に関係するフィプロニル、処理された種子もEUで3月から使用禁止に

ブログ食と農業 | 2014-03-06

こんにちは。   ネオニコチノイド系農薬と並んでハチ大量死との関連が指摘されてきた「フィプロニル」という農薬。 この農薬に種を浸す「種子処理」の一部禁止が去年の12月31日からEU加盟国全体でスタートしていたのですが、今月(3月)からさらに、処理された種子をまくことも規制がはじまりました! フィプロニルもネオニコチノイド系農薬と同様に植物に浸みこむ性質をもつ「浸透性農薬」の一つ。EU加盟国では、ハチを保護するために、ネオニコチノイド系...

ミツバチがいなくなったら、いったいどうなるの?

ブログbee happy | 2015-02-06

こんにちは。 下の写真を見くらべてください。ミツバチがいなくなったら、これだけの野菜や果物が、棚から消えてしまう恐れがあるんです。   ミツバチの役割 私たちが毎日食べている野菜や果物の実りに、ミツバチがとても大きな役割を果たしている事を知っていますか? ミツバチは、花の蜜を集めるだけではなく、私たちの毎日の食事に欠かせない果物・野菜を栽培する農業の現場において、果実を実らせるための受粉も行っています。 ...

日本で規制緩和が進むネオニコチノイド系農薬。米オレゴン州では規制へ

ブログBEE HAPPY | 2014-01-21

こんにちは。 日本で使用が増え、残留基準値も緩和が進んでいるネオニコチノイド系農薬。 アメリカのオレゴン州では昨年の暫定的な規制措置につづき、今年2014年から表示義務が始まりました。 菩提樹(ボダイジュ)などのシナノキ属の木の開花シーズンには、ネオニコチノイド系農薬は散布してはいけない、という表示をしなければ、オレゴン州内では今年から販売・配布できなくなりました。     ★     始まりはミツバチの大量死 ...

2014/2/3 ネオニコチノイド系農薬の残留基準値の規制緩和の即時凍結を求め ――NGO5団体と厚生労働省に申し入れ

プレスリリース|2014-02-03 15:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは3日、ミツバチなどへの悪影響が懸念されているネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの使用について適用拡大・残留基準の緩和しようとしている厚生労働省に対し、NGO団体(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議、ネオニコチノイド系農薬中止を求めるネットワーク、反農薬東京グループ、日本有機農業研究会)と共に、残留基準の引き上げの即時凍結を求め、要請書を提出し、申し入れを行いました。(注1)

2014/02/18 署名12,739筆を厚生労働省に提出――ネオニコチノイド系農薬の食品中への残留基準の規制緩和に反対

プレスリリース|2014-02-18 18:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは18日、厚生労働省がネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの食品中における残留基準の大幅緩和を検討している事に対して、即時凍結を求める署名、12,739筆を集め、厚生労働大臣宛てに提出しました。

1 - 2021の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50