356件のデータが見つかりました
 

たくさんのメッセージありがとう

ブログakiko | 2006-11-06

こんにちは!グリーンピースで遺伝子組み換え(GM)問題を担当するアキコです。 毎朝メールボックスを開けると『トゥルーフード・ガイド』をウェブサイトから注文してさった方からの心のこもったメッセージがたくさん届いていて、「よぉし、遺伝子組み換え食品をなくしていくように、今日も頑張るぞー」と、気合が入ります。今日はこんなメッセージがありました。 「既に、食べたくないのに知らず知らずのうちに口にしてしまっているようで、結構ショックです。日常の食料品の選択にぜひ...

4万部突破!

ブログakiko | 2006-11-11

4万385部!みなさま、ご注文ありがとうございます。 『トゥルーフード・ガイド』の注文部数が4万部を超えました。すでにお手にとっていただいた方々から「友達にもあげたい」、「遺伝子組み換え問題の授業で使いたい」、「患者さんにも配りたい」、と、次々と追加注文も届いています。 「注文したのに~」と、お待たせしているみなさんには、ごめんなさい。 グリーンピースのスタッフも、早く届くようにと、毎日、朝から夕方遅くまで発送作業に頑張っています。だ...

グリーン商品が増えました!

ブログakiko | 2006-11-14

ニチロさん、どうもありがとうございます! 今日、事務所に株式会社ニチロ広報室長の朝倉氏がお見えになりました。そしてグリーンの商品が増えました。 『トゥルーフード・ガイド』の第1号では、 ニチロさんの商品5品 はレッド欄に掲載されていて、さらに×がついています。これは、グリーンピースの調査に書面で回答がなかったことを示しています。 でも、今日からニチロさんの商品のうちスープ以外は グリーンになりました! これで、安心してお買い物できる商品が増えま...

どこからでも「トゥルーフード」検索!

ブログakiko | 2006-11-16

あなたのページからも検索できます。 『トゥルーフード・ガイド』のご注文、お問い合わせ、いつもどうもありがとうございます!今日はこのようなコメントをいただきました。 「フード・ガイドを孫達のために活用したいです、小冊子が無料では申し訳ないので小額ですが寄付をするつもりです。このような情報は消費者が最も知りたいものです。将来の日本人の食糧と文化を守るために国内農産物を守って欲しいです。」 どうもありがとうございます!グリーンピースの活動は...

砂糖も表示なし?!

ブログakiko | 2006-11-23

油もしょうゆも表示してないから、選べない 砂糖の原料にもなる「テンサイ」。最近になって、除草剤をかけても枯れない遺伝子組み換えテンサイが、表示対象になりました。日本ではこれまでに3種類の遺伝子組み換えテンサイの食品や飼料への使用が認可されています。 テンサイは、砂糖大根(シュガービート)とも呼ばれ、国産のものは北海道で栽培されています。もちろん、北海道産のテンサイは、遺伝子組み換えではありません。 農水省の担当者に聞いてみたら、世界的にも遺伝子組...

みなさんからのメッセージにこめられた想い

ブログakiko | 2006-11-28

「子どもたちが食べるお菓子だから、安心な素材で作ってほしい」 クリスマスシーズンを目前に、グリーンピースのホームページにみなさんからの願いがこめられたメッセージが集まってきています。どうもありがとうございます。 ・みなさんからのメッセージ グリーンピースは、遺伝子組み換え生物の環境への放出を阻止するため、世界中で活動を展開してきました。除草剤をかけても枯れないダイズやナタネ、虫を殺すトウモロコシなどが野外で栽培されることによる環境への悪影響は計...

ついに5万部突破!!

ブログakiko | 2006-11-29

いつでもどこでも、日本中で『トゥルーフード・ガイド』 大好評の『トゥルーフード・ガイド』は、学校給食の現場から、保育園、小学校、中学校、高校、大学、各種専門学校から、図書館、病院、接骨院、そして各分野のNGOやグループから、注文が殺到し、5万部に達しました。みなさま、どうもありがとう! 「食に不自由さを感じない生徒たちが多い中、自分で商品を見極める大切さを学んで欲しいと考えています。家庭科の授業で教材として使用させていただきたいと考えております」 ...

今週土曜日!遺伝子組み換えじゃないパーティー

ブログakiko | 2006-11-30

国産&手作り料理、ライブもありま~す! 遺伝子を組み換えられて除草剤がたっぷりかかったダイズが、アメリカから日本に入ってきてしまってから、10年もたってしまいました。あれからずっと消費者は「遺伝子組み換え食品なんて食べたくない」って言い続けてきたけれど、いまでも日本では遺伝子組み換え原料を使った加工食品がお店にあふれています。 食べたくないけど、表示してないからわからない。 だから、遺伝子組み換えかどうか、選べない。 ...

「遺伝子組み換え食品いらない」って言い続けようパーティー

ブログakiko | 2006-12-03

グリーンピースサンタも登場 昨日、東京の千駄ヶ谷で、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンの10周年記念シンポジウムと、100%遺伝子組み換えじゃない パーティー が開かれ、全国各地からたくさんの人が集まりました。 グリーンピースは、クリスマスなどお菓子の消費が増える年末のパーティーシーズンを前に、遺伝子組み換え原料を使っている菓子製造メーカーに、遺伝子組み換え原料を使わないお菓子への取り組みを呼びかけることにし、 『トゥルーフード・ガイド』...

いよいよボランティア・デー

ブログakiko | 2006-12-09

日曜日はグリーンピース・ジャパンのボランティア・デーです グリーンピースといえば、ボランティア。一言でボランティアと言ってもやることはいろいろあるのです。私がグリーンピース・ノルディック(北欧)で、ボランティアとして経験したことを並べてみます。 ・     発送作業:サポーターさんに送るニュースレターなどの封筒詰め ・     リサーチ:キャンペーンに必要な情報集め(インターネットや電話を使います) ・     アクション:非暴力な直接行動(これ...

1515のメッセージ、お届けしました!

ブログakiko | 2006-12-20

森永製菓さん、よろしくお願いします。 みなさま、ご協力どうもありがとう!3週間で1515件のメッセージが集まりました。それぞれの願いのつまったカードは、今朝、森永製菓の本社に お届け してきました。 お届けしたのは、送っていただいた手書きのカードと、インターネットで書き込んでくださったメッセージをカードに印刷したものです。グリーンピースに届いたメッセージはすべてお渡ししました。 心のこもった応援のメッセージがたくさんあるので、すべてのカードをちゃんと読...

6万部がみなさまのもとへ

ブログakiko | 2006-12-23

森永製菓さんメッセージまだ届いています 9月の末に発行した『トゥルーフード・ガイド』。すでに6万部がグリーンピース・ジャパンの事務所からみなさまのもとへと発送されました。たくさんの消費者にご活用いただいているようです。どうもありがとうございます! みなさまからいただいたメッセージを紹介します。 「私たちが不安に思っている環境問題を常に一歩先にたって取り組み、情報公開し、誰でも参加できる仕組みで意思表示し声を上げるチャンスを作ってくださるグループ...

来年はもっと「トゥルーフード」を食べよう!

ブログakiko | 2006-12-27

GMO-FREEの年にしよう 「トゥルーフード」とは:    1.  遺伝子組み換え原料を使っていない食べものです    2.  環境とわたしたちの健康をまもることにつながる食べものです    3.  持続可能な農業を支援する食べものです エコプロダクツ2006に行ったとき、 NaturalFood Cafe で食事をしました。看板に大きく、Organic & GMO Free と書かれていたからです。...

2006年は「命」の年

ブログakiko | 2006-12-29

すべての食品会社へのみんなの願い 森永製菓へのみなさんからのメッセージカード、12月19日以降も毎日、グリーンピースの事務所に届いています。今日までに届いた追加の148通は、すべてまとめて森永製菓お客様サービスセンター長さん宛てにお送りしました。合計で1663通!心のこもったお願いをカードにたくしていただき、ありがとうございました! みなさんからいただいたメッセージの中には、森永製菓さんにだけでなく、すべての食品会社、そして私たちみんなに伝えたいという...

「トゥルーフード」で新年のごあいさつ

ブログakiko | 2007-01-02

まずは景気づけに太鼓とお餅で! 明けましておめでとうございます。 早速ですが、1月5日に東京・新宿にて 「トゥルーフード」でお餅つき をやります。ご近所のかたはぜひお誘いあわせのうえ、お出かけください。 私たちの食卓から遺伝子組み換えをなくし、世界で起こっている遺伝子汚染をこれ以上、悪化させないように、グリーンピースは今年も遺伝子組み換えと、食と農業の問題に、世界中で取り組みます。 遺伝子組み換えは、環境汚染。 ...

2007年を「トゥルーフード年」に!

ブログakiko | 2007-01-06

日本のお米をもっと食べよう 三宅太鼓ではじまった、「トゥルーフード」でお餅つき大会 新年をトゥルーフードでお祝いしました! トゥルーフードとは:    1.  遺伝子組み換え原料を使っていない食べものです    2.  環境とわたしたちの健康をまもることにつながる食べものです    3.  持続可能な農業を支援する食べものです 自然豊かな房総の谷津田が育んだ農薬も化学肥料も使っていない、ほんもののお米でお餅つきをしました。参加してく...

トゥルーフード・コンシューマーになろうよ

ブログakiko | 2007-01-12

今年最初のお話会 今朝は東京・文京区の消費生活センターで、17名の女性の方々を前に、遺伝子組み換えの問題と『トゥルーフード・ガイド』についてのお話をしてきました。 普段から食生活には気配りをしていらっしゃるという、グリーンコンシューマーのみなさん。遺伝子組み換え食品の 問題点 や、環境への悪影響に関してもよくご存知で、メモも取ったりしながら、私の話を「うん、うん」とうなづいて聞いてくださいました。 文京区消費者団体連絡会のみなさま、どうもありが...

本当のことが知りたい

ブログakiko | 2007-01-16

食品会社にもっと正直になってほしい よく知られている食品会社のスキャンダルが発覚しました。グリーンピースの『トゥルーフード・ガイド』で、記載されている商品が全て「レッド」として評価されている 会社 です。 「レッド」の評価となった理由は、グリーンピースからの「カノーラ油やダイズ油、しょうゆなど、遺伝子組み換え作物を原料としたもので、現行の遺伝子組み換え食品の表示制度で記載が義務付けられていない原料を使用していますか?」という問いに対して、その会社から...

トゥルーフードなチョコレートを選んでね!

ブログakiko | 2007-02-03

ミニガイドができました。 今週末は2つもイベントがあります。 「アースガーデン”冬”」 と、 「節分!種まき大作戦」 。できたてほやほやの、トゥルーフード・ミニガイド~チョコレート編~を二つの会場で配布しますので、是非、来てくださいね! 詳細はイベント情報サイトで: http://www.greenpeace.or.jp/event/ 遺伝子組み換え原料をいっさい使っていないチョコレートを食べたいのなら、グリーンピースのミニガイドを参考にして...

やっぱりみんな大好きトゥルーフード

ブログakiko | 2007-02-06

チョコレートガイド、大人気 週末のイベントも大盛況でした! チョコレートガイドを見てくださったみなさま、いかがでしたか? ご感想などありましたら、メッセージページに書き込んでください。参考にさせていただきます。 このページ から私たちへのメッセージが送れます。 どうぞご利用ください。

本当のところを話して!

ブログakiko | 2007-02-07

若い人たちだって知りたい 新人ラジオDJさんたちのスクールで、遺伝子組み換えのお話をさせていただきました。 「本当のことを話してやってください」とは、私の話を始める前にスクールの先生から言われた言葉です。 みなさん、遺伝子組み換え問題をとてもよく予習していらしたようです。私が一通りの話をさせていただいた後、たくさんの質問を受けました。 たとえば、生物特許のこと、カナダの遺伝子組み換えナタネ汚染裁判のこと、ヨーロッパと日本の表示制度の違い、外...

おいしいチョコレートはやっぱりおいしい

ブログakiko | 2007-02-21

遺伝子組み換えじゃないチョコのお話 おいしいチェコレートを作って食べるイベントをやります。 遺伝子組み換え原料をいっさい使っていないトゥルーフードなフェアトレードのチョコレートと、遺伝子組み換えじゃない国産の大豆を使ったおいしいチョコレートをみんなで作ります。 どうぞお誘いあわせのうえ、お仕事帰りにでも立ち寄ってください。ライブもありますよ~!詳しくは イベント情報コーナー を見てね。 それからもうひとつ。 ...

今日から百万人署名を始めます!

ブログakiko | 2007-03-01

遺伝子組み換え食品を避けるために 「遺伝子組み換えではありません」と食品のパッケージのどこかに書いてあっても、だからといってそれが遺伝子組み換え原料を使っていないという意味ではない場合があることは、『トゥルーフード・ガイド』をご覧になったみなさんならすでにご存知かと思います。 このことからも明確なように、日本では遺伝子組み換え食品を食べたくなくても、表示を見るだけではそれができないのが現状なのです。 食品表示は、消費者への情報提供の役割を果たすも...

避けよう、遺伝子組み換えトウモロコシ

ブログakiko | 2007-03-14

新事実、発覚 モンサント社の遺伝子組み換えトウモロコシの安全性に問題があることが公表されました。殺虫性を持っているこのトウモロコシはMON863で、日本では食品にも飼料にも認可されているものです。 詳しくは プレスリリース 「食品として認可済みの遺伝子組み換えトウモロコシに毒性発覚」をお読みください。 食べたくないよね、遺伝子組み換え食品 栽培して欲しくないよね、遺伝子組み換え作物 表示されていないから避けることが難しい遺伝子組み換...

広がるトゥルーフードの輪

ブログakiko | 2007-04-14

遺伝子組み換え汚染をなくすために協力し合う有志たち 「トゥルーフード・ネットワーク」 のメールマガジンはもうお読みになりましたか? 遺伝子組み換え問題キャンペーナーの棚橋が、遺伝子組み換え問題の最新情報をまとめてお伝えしています。 ご登録がお済みでない方は こちら から是非どうぞ! さて、今日はグリーンピース・ジャパンの事務所がある東京・新宿で、遺伝子組み換え汚染をなくすために協力し合う有志たちによるマーケットが行なわれます。題して、...

日本でもヨーロッパでも「GMO FREE」

ブログakiko | 2007-04-16

世界中に広がる遺伝子組み換えナシ地域 土曜日の トゥルーフード・マーケット 、盛り上がりました。 署名 もたくさん集まりました。 来てくださったみなさま、ありがとうございました! 今週末(21日と22日)はアースデイですね。今年のアースデイ東京では会場となる代々木公園が 「GMO FREE」ゾーン になります。遺伝子組み換え原料を使っていない「地産地消」の食べものを味わうことが出来るそうですよ。楽しみですね。 グリーンピースも ブース...

はじめまして!

ブログsachiyo | 2007-04-19

ブログに初めて参加します はじめまして!棚橋さちよです。 グリーンピース・ジャパンのメールマガジン「トゥルーフードネットワーク」(月一回配信)の担当をしています。 私も一消費者として、知らない間に忍びよる遺伝子組み換え作物に対する不信感と危機感を感じて活動を続けてきました。このブログで、少しでも日常の活動をみなさんにお伝えすることができれば幸いです。これからどんどん書いていこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。 ...

楽しかったー!!! アースデイ東京2007

ブログsachiyo | 2007-04-23

21-22日と代々木公園で行なわれたアースデイ東京はすごかったです。グリーンピースの出展テントに、たくさんの人に来ていただきました!遺伝子組み換え食品を見分けるクイズに参加された皆様、署名をして下さった皆様、ありがとうございました! 私もボランティアの方たちと一緒にお豆ちゃんロゴのキャンペーンTシャツ姿で、遺伝子組み換え問題の話しを一生懸命させてもらいました。 聞いてくださった方から「勉強になりました」とか、「(食品表示の改正は)大切なことですね」などのコ...

だんだん集まってきています!100万人署名

ブログsachiyo | 2007-05-10

今日は、朝オフィスに来たら署名用紙がはいった封書が二通、届いていました。ありがとう! 私達ががんばれるその糧は、みなさんの応援と励ましの声があるからなのです。今日もしっかり活動します。 署名用紙はグリーンピースのHP上から ダウンロード できますので、コピーしてご近所、お友達にもご協力いただければうれしいです。 ひとつ、お願いです。ご家族などで署名をしていただくとき、お手数ですが住所欄も各人明記してください。 よろしくお願いします。

明治キャンペーンの集計結果

ブログsachiyo | 2007-05-18

「明治製菓さんへトゥルーフードなチョコレートを届けようキャンペーン」の集計結果がでました。 今年2~3月、グリーンピース・ジャパンのウェブ上で行なわれた、明治製菓へのキャンペーンに、合計で781人の方の参加され、728通のメッセージを頂きました。ありがとうございました! 代表のメッセージは吉田真理さん(東京都)に決まりました! 「チョコレートは大人も子どもも一緒に楽しめる娯楽。口の中でとろける甘いチョコはきっといつでも人々の憧れの味。でも、そ...

今!読売新聞で特集

ブログsachiyo | 2007-05-24

5月22日から読売新聞で「GM食品は今」というタイトルで、遺伝子組み換え問題が取り上げられています。もう、ご覧になった人もいらっしゃるでしょうか。 このシリーズは全5回。今週の土曜日まで続きますので、ぜひみなさんもチェックしてみてください。 シリーズ3回目の今日の新聞には、遺伝子組み換えナタネが運搬中にこぼれ落ち、日本の各地で自生している問題が紹介され、その自生した遺伝子組み換えのナノハナを回収・調査している市民の取り組みが特集になっていました。...

オーストラリアのカノーラ

ブログsachiyo | 2007-06-08

ごぶさたしてしまいました!グリーンピース・オーストラリアへ出張に行っていました。今まで遺伝子組み換えカノーラ(菜種)を栽培していなかったオーストラリアですが、数年ひどい旱魃(かんばつ)が続き、菜種農家さんが遺伝子組み換え作物に切り替えようか・・・考えてしまうような農業経済危機にあります。遺伝子組み換えでないカノーラを守るため、キャンペナー、棚橋、現地の様子をこの目で見てきました。 日本のカノーラの自給率は0.1%を下回り、統計では見えてきません。カノーラ油...

マックファレンさんの事情

ブログsachiyo | 2007-06-16

遺伝子組み換えナタネへの懸念 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の農家マックファレンさんの話しを紹介しましょう。 先祖代々農家を営むマックファレンさんは6代目。先業の小麦生産に加え、28年前からナタネ(カノーラ)の生産もしているベテラン農家です。2000エーカーの畑を持ち、小麦と菜種をあわせて年間1500トン生産していましたが、ここ3年つづいた旱魃(かんばつ)の影響でその生産が10分の1以下になってしまいました。 ...

グリーンピースの夏至アクション

ブログsachiyo | 2007-06-28

今年の夏至は、ボランティアさんと日中、外で号外配りをしました。 この号外は メールマガジン でもお知らせしましたが、地球温暖化に関する内容になっています。この問題をひとりでも多くの人に知ってもらいたいという想いから「日本中に3000万部を配ろう!」という企画。この号外には、ストップ温暖化のために今すぐ出来るアクションも載っていて、自分でも何かできそうな気がしてくる内容です。私たちは、食品表示の法改正を求める100万人署名用紙を今すぐ出来るアクションのひとつとし...

国をあげての遺伝子組み換えフリーゾーン

ブログsachiyo | 2007-07-03

オーストラリアがすごいわけ なぜ私たちがオーストラリアに国を挙げて非遺伝子組み換えナタネつくりをつづけて欲しいのか、その理由はカナダにあります。 遺伝子組み換え作物は、片手で数えられるだけの数社の企業によって支配されていて、彼らの開発した遺伝子組み換え作物の種は商品として扱われています。つまり毎年お金を払わないと使えないのです。とはいっても種はタネ。遺伝子組み換え作物であっても花粉は虫や風、そして人によって運ばれ受粉をします。その時、近縁種との交雑...

遺伝子組み換え作物のこわさ

ブログsachiyo | 2007-07-04

オーストラリアがすごいわけ パート2 昨日の続き: 「どうしてオーストラリアがすごいのか?」 カナダの例を見れば、一目瞭然。一言でまとめれば、たったひとつの畑でも、遺伝子組み換えナタネ栽培を始めてしまうと、汚染の広がりを約束したようなものだということです。(詳しくは昨日の日記を) 日本はナタネをほぼ100%海外からの輸入にたより、その約80%は遺伝子組み換えナタネ。そして、残り18%程は、オーストラリアから供給されている遺伝子組み換えでないナタネ。私たちがト...

スコットランドはGMO-FREEを継続

ブログsachiyo | 2007-07-24

今日はグットニュースの報告です。 オーストラリア国政府が遺伝子組み換え作物導入への転向を匂わせている一方、スコットランドはまったくそれとは逆の方向へ、つまり環境保護型、持続可能な農業へ力強く歩みだしています。スコットランド政府は遺伝子組み換え作物へのモラトリアムを今後も継続し、GMO-FREE(注1)の政策を今後も継続すると発表しました。これは国民が地産の高品質な作物を選んでいきたいという想いを考慮しての判断。政府は、「スコットランドは四季により変化するすばらしい...

100万人署名へのご参加、ありがとうございます!

ブログsachiyo | 2007-07-27

梅雨明けの報告はまだありませんが、昨日・今日と暑い日が続きますね。雨の日も、晴れの日もグリーンピースのオフィスには皆さまから連日のように、遺伝子組み換え食品表示の法改正を求める署名が届いて来ています。 協力ありがとうございます! 世界のなかで比較してみても、かなりゆるい食品表示法を持つ、日本。食の安全のためにも、また環境保護の観点からも、私たちが毎日消費する食品について遺伝子組み換え原料を見分けられるような食品表示に改善してもらうべく、100万...

オーストラリアのナタネを守るために

ブログsachiyo | 2007-08-09

オーストラリアのトゥルーフードな菜種を守るために、サイバーアクションをスタートしました。ぜひ皆さまも、ご参加ください。 オーストラリアで遺伝子組み換えナタネの一時栽培停止令(モラトリアム)の継続について審問が行なわれます。 詳しくは遺伝子組み換え問題キャンペーンサイトの「 オーストラリアのトゥルーフードな菜種を守ろう 」ページをご参照ください。 ナタネを栽培する4州で遺伝子組み換え作物に関するパブリックコメントが始まっています。そのう...

原爆と終戦の8月

ブログJun | 2007-08-24

なんだかグリーンピースらしくないタイトルでブログをはじめるじゃないか、と言われそうだ。たしかに白黒をはっきりさせるのがグリーンピースのスタイルかもしれないが、それは表向きのことで、内実はいろいろ悩みながら活動しているし、私自身の歩いてきた道も、かなりきわどい綱渡りが多い。というか、たいていはYESとNOの隙間から真実や本音が覗くのだと思う。グリーンピース・ジャパンの建前はメインコンテンツのほうに掲げているわけだから、このブログではそこから漏れる話題を気楽に取り上げてい...

ウクライナでも0.9%表示義務化決定!

ブログsachiyo | 2007-08-28

遺伝子食品表示海外事情 ウクライナ政府は、8月1日付けで遺伝子組み換え食品に表示義務付けを決定し、今年11月に施行することになりました。特に、ベビーフードは遺伝子組み換えを一切認めず、輸入と国内での販売は禁止になります。また、避けられないとされる遺伝子組み換え混入の率はEUと同じ0.9%。 日本では5%までの遺伝子組み換えの混入を許しているので、日本では「遺伝子組み換えでない」と表示があっても、EUのみならず、ウクライナでも「遺伝子組み換え」と表示されてしま...

オーストラリア政府へ意見書を送ろう!

ブログsachiyo | 2007-08-29

今週金曜日、第一次締め切りです。 8月1日から始まったオーストラリア政府へ向けての菜種を遺伝子汚染から守るためのアクション。もうすぐ、一ヶ月が経ちます。そして、今月末は第一次締め切りです。 オーストラリア各州政府は、遺伝子組み換え作物モラトリアムについて、一般からの声を募集しています。その締め切りが今月の31日です。宛先アドレスが、募集締め切りを機に変わりますので、今月31日までに、参加してください。 ...

Back to Nature

ブログJun | 2007-09-01

7月にピースボートの「Peace & Green Boat」という企画で、日本と韓国から300人ずつの参加者と一緒にロシア極東のカムチャツカ、サハリン、ウラジオストックを回った。これについては、グリーンピース・ジャパンのニューズレター『Greenpeace Action』に連載中の事務局長コラム「Deep Green」に少し詳しく書くつもりなので、ここでは深入りしないが、今年で3年目になる日韓の市民運動関係者を中心とした船上交流は、とても刺激的だった。 ...

無償医療は社会主義?

ブログjun | 2007-09-11

映画館のない屋久島では新作映画を見る機会がなかった。どうしても観たい場合は家族で鹿児島市へ船旅をするわけだが(たかが映画で飛行機は高すぎる)、勇んで観に行った映画がガラガラということも多く、自分たちの感覚と世の中(とくに地方都市)の関心がズレているのを思い知らされたものだ。 今月のおすすめはマイケル・ムーアの『シッコ』(SiCKO)。市場原理主義に乗った医療民営化の行きつく先を、米国の悲喜劇的な事例で描き出していて、いままさにそれを後追いしつつある日本の医療...

バナナ共和国

ブログjun | 2007-09-18

屋久島にいたときは、講演などを頼まれても年に数回、日程や内容を吟味して出かけるのが精一杯だったが、グリーンピースの仕事をはじめてからは月に何度か声がかかる。週日の勤務に全力投球するため、土日はなるべく休むようにしているけれど、断れない場合もある。9月15日(土)に行われたPeace Day Tokyoでは、日本国際ボランティアセンターやアムネスティ・インターナショナル日本と並んで、環境と平和についてスピーチした。その前週の金曜日は『非戦』仲間の田中優さん、イラク戦争前...

ビデオで勉強

ブログsachiyo | 2007-09-20

アメリカ、Kraft(クラフト社)の遺伝子組み換え グリーンピース・カナダの遺伝子組み換え問題担当者からおもしろいアニメーション・ビデオを紹介してもらいました。 おもしろおかしい、アメリカで行われている食品会社クラフト社に対するキャンペーンのショートビデオです。 先ずは、ご覧下さい。 お楽しみあれ! http://www.krafty.org/flash/

また、トラブル カルビーのお菓子

ブログsachiyo | 2007-09-21

カルビーのお菓子『40g 1才からのサッポロポテト つぶつぶベジタブル』に、規格外の製品が混入した可能性から、カルビーは自主回収を始めました。 リンク:カルビーからのお詫びのページ http://www.calbee.co.jp/information_070914.html カルビーは6年前にも日本で安全性が認められていない、遺伝子組み換えジャガイモを売れ筋商品「じゃがりこチーズ」や「じゃがりこ うすしお味」に使っていたことで問題に...

沖縄へ

ブログjun | 2007-09-25

今週後半から沖縄へ――。北限のジュゴンたちが生きられる海洋生態系を守ろうと、グリーンピース最大のキャンペーン船エスペランサ号とともに、辺野古ヘリポート基地建設ありきの環境アセスメント方法書無効を訴えるためだ(すでに世界中から約3万人のメッセージが届いた!)。沖縄本島在住の方々は、9月29日・30日両日、那覇港で行うエスペランサ号のオープンボート(一般公開)にもぜひどうぞ! 下記の受け付けページから26日午後3時まで申し込みできます。 http://www...

「食の安全性に不安」が88.1%も

ブログsachiyo | 2007-09-27

ネット調査会社のマイボイスコムが最近行った「グルメ意識」に関する意識調査によると、88.1%の人が食の安全性に不安を感じていると回答しています。 食品会社の賞味期限改ざん、原材料のニセ表示などがつづくなか、トゥルーフードな食、安全で安心できる遺伝子組み換えでないものが手に入りにくいと思われているからなのでしょうか? また同じ調査で、日常気にしている項目としては、賞味期限、原材料の正しい表示、産地名の明記、それにつづき無添加・...

環境省に魂を!

ブログJun | 2007-09-28

9月27日、辺野古の代替ヘリポート基地建設計画について国内外から寄せられた30,313通の「こんな環境アセスメント方法書は無効です!」を刷り出して、霞ヶ関の環境省へ届けてきた。ほぼ同時に別働隊が、沖縄でも沖縄防衛局(旧防衛施設局)と沖縄県庁に届けた。3万枚のメッセージだから相当な分量だ。詳しくは メイン・コンテンツ をどうぞ。 あらためて驚き呆(あき)れたことが三つある。 (1) 環境影響評価(アセスメント)法の所管官庁なのに、環境省自身はアセスメント...

1 - 50356の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50