78件のデータが見つかりました
 

発行物

ハブ|2018-01-01 15:00

グリーンピースのレポート、出版物を紹介するページです

『原発事故の写像ー浪江町と飯舘村における放射線調査』

出版物|2018-03-01 13:00

本報告書は、グリーンピース・ジャパンが2017年9月から10月にかけて、飯舘村、浪江町の避難指示が解除された地域、および浪江町の帰還困難区域で行った放射線調査結果をまとめたものです。民家や森、道路などで、合計数万カ所もの地点を測定しました。

Reflections in Fukushima: The Fukushima Daiichi Accident Seven Years On

出版物|2018-03-01 13:00

This comprehensive survey report by Greenpeace Japan in the towns of Iitate and Namie in Fukushima prefecture, including the exclusion zone, revealed radiation levels up to 100 times higher than the international limit for public exposure. The...

有機農産物を身近にするために ~過去2年で消費者の意識と小売店の取り扱い方針はどう変化したか~

出版物|2018-05-15 15:31

本報告書は、2016年から2018年にかけてグリーンピース・ジャパンが、有機農産物を全ての人にとって身近なものにするために行ってきたキャンペーン活動を振り返り、消費者の意識と小売店の取り扱い方針について与えた影響について、まとめた資料です。

環境に優しい電子機器企業ガイド

出版物|2017-11-29 14:56

本ガイドは、スマートフォン、タブレット型端末、ノートPCといった電子機器製品を製造・販売するグローバルIT企業17社の環境への取り組みを評価した「Guide to Greener Electronics 2017」の日本語版です。

2017年 年次報告書

出版物|2018-03-29 14:00

国際環境NGOグリーンピースの取り組み」2017年度の活動報告と財務報告

Investors warned of climate risk from Japanese banks’ financing of coal power

出版物|2018-04-25 18:00

Greenpeace Briefing: Swimming Against the Tide, Japanese Banks and Climate Change

ブリーフィング ペーパー: 『日本全国で「稼動原発ゼロ1年」達成―「自然エネルギー革命」を次のステージへと加速する起点の日に』

出版物|2014-09-10 15:00

関西電力 大飯原発(福井県)の4号機が2013年9月に停止して以降、日本全国の原発48基が停止し続け「稼動原発ゼロ1年」を9月15日に迎えたことを受けて、ブリーフィングペーパー『日本全国で「稼動原発ゼロ1年」達成』を発表しました。

ブリーフィング ペーパー:「原発にもメーカー責任をーー原子力損害賠償体制のあるべき姿とは」

出版物|2015-10-09 19:30

原発にもメーカー責任をーー原子力損害賠償体制のあるべき姿とは

『爪痕:チェルノブイリと福島 終わらない原発事故』

出版物|2016-03-11 12:15

本報告書はチェルノブイリ原発事故から30年、東京電力福島第一原発事故から5年を機に、二つの事故を振り返り、終わらない汚染、住民への健康と社会的な影響についての科学的調査と、グリーンピースによる現地調査および聞き取り調査をまとめ、今、わたしたちや政府がなすべきことを明らかにしたものです。

『循環する放射能:東京電力福島第一原発事故の生態系への影響(抄訳)』

出版物|2016-03-30 17:00

本抄訳は、東京電力福島第一原発事故やチェルノブイリで放射線の影響を受けた地域での独立の科学調査の文献とグリーンピースによる放射線調査結果をもとに、放射線の環境への影響をまとめたレポート「Radiation Reloaded:Ecological Impacts of the Fukushima Daiichi Nuclear Accident 5years Later」の概要版となっています。(全13ページ)

『2030年エネルギーミックスの現実度チェック: 破綻する⽇本の原⼦⼒発電』

出版物|2016-05-27 15:00

本ブリーフィングペーパーは、⽇本が 2030 年に達成しようとしている、⾮常に⾼い原発⽐率と、2030年までに温室効果ガスを2013年比で26%削減するという温暖化対策⽬標の実現可能性について論じ、⽇本のエネルギー政策が危機的状況に陥っていることを⽰したものです(全14ページ)。

『循環する放射能:東京電力福島第一原発事故の生態系への影響』

出版物|2016-11-14 16:00

本報告書は、東京電力福島第一原発事故やチェルノブイリで放射線の影響を受けた地域での独立の科学調査の文献とグリーンピースによる放射線調査結果をもとに、放射線の環境への影響をまとめた「Radiation Reloaded:Ecological Impacts of the Fukushima Daiichi Nuclear Accident 5years Later」の日本語版です。

『脱原発をチャンスにーードイツ原発立地自治体のエネルギー革命(ヴェンデ)』

出版物|2016-12-26 16:00

本報告書は、原発閉鎖が決まったドイツの自治体の状況を取材し、まとめたものです。

2016年 年次報告書

出版物|2017-03-29 14:00

「国際環境NGOグリーンピースの取り組み」2016年度の活動報告と財務報告です。

レポート「有機農産物と農薬に関する消費者意識調査」

出版物|2016-03-23 15:08

本レポートは、有機農産物と農薬に対する消費者の意識について、全国20代〜60代の男女1000人を対象に実施した世論調査の結果です。

レポート「遺伝子組み換え失敗の20年〜遺伝子組み換え作物をめぐる7つの『神話』と現実〜」日本語版

出版物|2016-01-14 15:08

日本語版発行:2016年1月14日 本レポートは、グリーンピースEUで発行されたレポート「Twenty Years of Failure: Why GM crops have failed to deliver on their promises」の和訳版です。

[でんきのほんと でんきのこれから 2017改訂版 ] できました!

出版物|2018-01-24 14:50

[無料ダウンロード&配布]でんこれ2017年改訂版できました!

ビデオ

マルチメディアハブ|2010-12-22 21:15

グリーンピース紹介ビデオ

ビデオ・写真・資料

マルチメディアハブ|2010-12-15 20:13

グリーンピースが、環境保護と平和をまもるために行っている活動や、守るべき環境を写真、ビデオ、レポートでご紹介します。

『遠い日常:福島・飯舘村の民家における放射線の状況と潜在的生涯被ばく線量』

出版物|2017-03-15 13:00

本報告書は、2016年11月に飯舘村の北部、南部、中心部の7軒の民家で実施した放射能汚染レベルの調査結果をまとめ、生涯(70年)被ばく量を推計した「No Return to Normal」の日本語版です。

「格差ある被害 原発事故と女性・子ども」

出版物|2017-03-07 13:00

本報告書は、日本の文化的・社会的・経済的な状況を背景とし、特に弱い立場に置かれる女性や子どもに東京電力福島第一原発事故が与えた影響について、既存の研究からの視点と理論を紹介するものです。 東京電力福島第一原発事故からこれまで6年間の日本政府の対応が、数多くの人権侵害を引き起こし、特に社会的弱者であり、かつ放射能の影響をより強く受ける女性と子どもに深刻な被害を及ぼしたと指摘しています。

電気をたくさん使っているのは誰?

出版物|2012-11-16 15:00

電力消費の内訳を明らかにし、大口消費者である経済界と、電力消費が今後急増すると予想されるIT・携帯電話などの情報通信分野に着目し、積極的な「省エネ」と「電源責任」を求めるレポートです。

でんきのほんと でんきのこれから2(2012年12月発行)

出版物|2012-12-05 12:00

2011年03月に発行された でんきのほんと でんきのこれからをリニューアルしました。

でんきのほんと でんきのこれからQ&A改訂版(2012年1月発行)

出版物|2012-01-23 1:00

でんきのほんと でんきのこれからQ&A改訂版(2012年1月発行)

2015年 年次報告書

出版物|2016-03-31 17:40

「国際環境NGOグリーンピースの取り組み」2015年度の活動報告と財務報告です。

グリーンピース委託レポート『川内原発における耐震性評価の問題:国際基準と日本基準』

出版物|2015-04-28 19:30

レポート『川内原発における耐震性評価の問題:国際基準と日本基準』

一緒に考えよう!川内原発再稼働のこと ~リーフレット「太陽ふりそそぐ緑の大地と青い海、恵み豊かな九州を子どもたちに」

出版物|2014-10-27 16:00

※好評につき、配布終了させていただきました。ダウンロードしてご利用くださいますようお願いします。

レポート「滴る毒」日本語版

出版物|2014-06-09 15:00

トウモロコシの葉の溢液(いつえき)中におけるネオニコチノイド系農薬の分析

川内原発 再稼動差し止め仮処分裁判・原告団意見書

出版物|2015-01-30 13:30

『原子力規制委員会の原子力発電所新安全基準の適用と国際原子力機関特定安全ガイドSSG-21, 2012に対する適合性』

グリーンピース委託レポート『川内原発と火山灰のリスク』

出版物|2015-02-26 18:30

レポート『川内原発と火山灰のリスク』

レポート「農薬と健康—高まる懸念」日本語版

出版物|2015-06-03 11:59

農薬への曝露と関連する健康への影響について

レポート「花と毒薬」

出版物|2015-02-12 14:00

  

ポスト原子力の3大課題 --国際事例から考える電力会社再生8戦略

出版物|2013-02-06 12:00

いま、日本の電力会社は3大課題に直面しています。

原 発 - 21世紀の不良資産 原子力への投資と東京電力福島第一原発事故

出版物|2012-06-12 14:30

本報告書では、投資家に対して、「福島第一原発を所有する東京電力にどこが融資していたか」、「金融アナリストと格付け機関はどのような早期警告を見逃したのか」、「この先、投資と社会が最良の選択をするための示唆とは」について論じています。

ブリーフィングペーパー 「日本生命と原子力産業」

出版物|2012-05-31 14:30

グリーンピース・戦略ブリーフィングペーパー 2012年5月

福島第一原発事故の教訓 (要約版)

出版物|2012-02-28 12:00

福島第一原発事故の教訓 原子力行政の制度的欠陥  (要約版)

写真

マルチメディアハブ|2010-12-15 21:20

グリーンピースの環境保護と平和を訴える活動を伝えるフォトギャラリー

ブリーフィングペーパー「各社意識調査を比較」

出版物|2012-06-08 2:00

2012 年3 月から現在までに各種機関によって実施された意識調査のうち、原発の今後や再稼働について尋ねているもののうち15 件をまとめたものです。

2013年 年次報告書

出版物|2014-04-08 18:00

「国際環境NGOグリーンピースの取り組み」2013年度の活動報告と財務報告です。

2014年 年次報告書

出版物|2015-03-31 18:00

「国際環境NGOグリーンピースの取り組み」2014年度の活動報告と財務報告です。

リーフレット: みつばちをまもること=畑とごはんをまもること

出版物|2014-04-04 13:00

花から花へと移り、花粉を運ぶみつばちは、私たちの食べる農作物の生産を世界中で支えてくれています。農業の大事なパートナーのみつばちが、今世紀に入ってから、大量に姿を消しはじめてしまいました。

1 - 5078の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50