7件のデータが見つかりました
 

25年を経て繰り返されたレベル7原発事故

記事|2011-04-20 13:07

史上最悪の原発事故だった“チェルノブイリ”から25年、わたしたちはいま、おそらくチェルノブイリよりも深刻な事故を経験しています。

2011/4/08 チェルノブイリ原子力発電所事故から25年 ――今でも農産物汚染続く

プレスリリース|2011-04-08 2:30

チェルノブイリ原子力発電所事故から25年 ――今でも農産物汚染続く

福島市でのお話会の報告

ブログ鈴木かずえ | 2011-08-22

写真: イリーナ・ラブンスカ 核・エネルギー担当している鈴木かずえです。 8月20日、福島の福島テルサでお話し会「チェルノブイリから学ぶ イリーナ・ラブンスカ 研究員をかこんで」を開きました。 急な催しだったのにもかかわらず福島県の福島市を中心に、伊達市、会津からもおこしいただき、36人ほどが参加してくださいました。 「チェルノブイリ事故が起こったとき、私は妊娠5か月でした。 どこにも逃げるところがありませんでしたので、アパートにこもっていました。...

あなたの知らないチェルノブイリの15のこと。

ブログエネルギーチーム 高田 | 2016-04-25

30年前の、1986年4月26日の早朝。 チェルノブイリ原発4号機が爆発しました。 "人類の歴史上、もっとも深刻な環境破壊”と国連が呼ぶ、悲劇の始まりでした。 チェルノブイリ原発事故は、原子力産業が「決して起こることはない」と主張していたことでした。   チェルノブイリ原発から放出された放射性物質は長期間存在しつづけ、原発事故の被害は30年経ったいまでもつづいています。 いまでも、何百万人もの人々の生活に影響を及ぼしているのです...

Chernobyl, 25 years later

出版物|2011-04-03 2:30

Chernobyl, 25 years later

Pilot investigation of food products contamination by caesium-137 in selected areas...

出版物|2011-04-02 2:30

Pilot investigation of food products contamination by caesium-137 in selected areas of Ukraine affected by the Chernobyl catastrophe in 1986

チェルノブイリ原子力発電所事故から25年

ビデオ|2011-04-26 10:00

今も続く農産物汚染 チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故により、大量の放射性物質が放出され、周辺の国と人々に多大な影響を及ぼしました。 事故から25年経った現在でも、高レベルの放射線­が検知され、数種類の農作物において汚染が続いています。

1 - 77の結果。