5件のデータが見つかりました
 

子どもたちの生涯被ばく線量を考えなくていいの?

ブログ鈴木かずえ | 2018-10-02

子どもは放射能の影響をおとなより受けやすい グリーンピース・ジャパンで毎年行っている放射能調査に参加していて、いつも思うのは、「ここ、避難指示解除ってことは、子どもも含めて避難指示解除ってことなんだよな」ということです。 子どもは、おとな男性の2〜3倍くらい、放射能の影響を受けやすいと言われています。 なのに、子どものそうした事情が考慮されることなく、避難指示が解除されています。 グリーンピース・ジャパンでは、国連 子どもの権...

グリーンピースよる放射能調査が必要な3つの理由

ブログ鈴木かずえ | 2018-09-04

// // ]]>     国際環境NGOグリーンピースが、東京電力福島第一原発事故の影響についての最初の放射能調査は、2011年3月27日に開始。東京電力福島第一原発事故が発生してから約2週間後でした。 事故発生直後、チェルノブイリの放射能汚染の調査を行ってきたグリーンピースの専門家などを海外から招き、国際チームを編成しました。 以降、グリーンピースは、毎年継続して東電福島原発による放射能汚染の調査を行っています。 ...

グリーンピース 放射能・放射線・東電福島原発事故関連調査報告書

ブログ鈴木かずえ | 2018-08-22

『原発事故の写像ー浪江町と飯舘村における放射線調査』 2018年3月発行 本報告書は、グリーンピース・ジャパンが2017年9月から10月にかけて、飯舘村、浪江町の避難指示が解除された地域、および浪江町の帰還困難区域で行った放射線調査結果をまとめたものです。民家や森、道路などで、合計数万カ所もの地点を測定しました。 『遠い日常:福島・飯舘村の民家における放射線の状況と潜在的生涯被ばく線量』 出版物 2017年2月発行 本報告書は、2016年11月に...

汚染状況、ほとんど変わらず ーー2018年最新放射線調査@浪江町結果速報

ブログ鈴木かずえ | 2018-11-20

10月11日から10月28日まで、福島県の帰還困難区域、避難指示が解除された区域、さらに東京電力福島第一原発から120キロ離れた新潟県県境に近い地域で放射能調査を行いました。 今回の調査では、グリーンピースのサポーターさんからのご寄付に加え、クラウドファンディングでもご寄付をいただき、資金とさせていただきました。お礼を申し上げます。 くわしい分析の結果は来年3月に発表する予定ですが、速報として、11月7日、新潟県新潟市で報告会を行いました。 ...

水俣と原発 写真展とトーク・水俣の写真家と福島からの避難者のお話 〜写真家ユージン・スミス生誕100年〜

ブログ鈴木かずえ | 2018-11-28

俳優のジョニー・デップさんが映画「MINAMATA」で演じることになった話題の写真家W.ユージン・スミスさんの写真と、グリーンピースの最新の放射能調査の写真が京都で展示されます。 期間中には、ユージンさんのパートーナーのアイリーンさん、グリーンピースの福島調査に同行された福島県浪江町民の菅野みずえさん、京都水俣病を告発する会の小坂勝弥さんのお話し、さらに「ためになる英会話」などのミニコーナーもあります。 ぜひ、ご参加ください。 ...

1 - 55の結果。