50件のデータが見つかりました
 

福島第一原発

ハブ|2011-03-16 12:00

東北地方太平洋沖地震に関連する情報とグリーンピースからのメッセージをこのページでお知らせしています。

とめよう再稼働 -オンライン署名

アクション|2013-11-26 17:00

いま、日本ではすべての原発が止まっています。 このまま二度と動かさないために、あなたの署名とご意見が必要です。

福島第一原発

ハブ|2011-03-16 12:00

東北地方太平洋沖地震に関連する情報とグリーンピースからのメッセージをこのページでお知らせしています。

ドイツ政府の原子力政策の現状と今後

記事|2011-04-13 15:30

2011年4月13日 於:衆議院第二議員会館 多目的会議室 勉強会 「ドイツ政府の原子力政策の現状と今後について」

配布資料 「海洋調査の申請に関連する日本政府の対応について」

記事|2000-05-01 0:30

2011年5月1日 記者会見 「海洋調査の申請に関連する日本政府の対応について」

海洋調査の申請に関連する日本政府の対応

記事|2011-05-01 0:30

2011年5月1日 記者会見 「海洋調査の申請に関連する日本政府の対応について」

2017/09/15 グリーンピース、本日クラウドファンディング開始ー ー「福島原発事故をめぐる政府の帰還政策は人権侵害」 国連勧告を目指して、被害者をジュネーブへ

プレスリリース|2017-09-15 12:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、「原発事故被害者10万人の声を代弁する福島のお母さんを国連に送りたい」(注1)と題して、東京電力福島第一原発事故により故郷からの避難を余儀なくされている女性(園田さん:注2)を、10月にスイス・ジュネーブで行われる国連人権理事会の普遍的定期的審査(UPR)事前セッションに送るプロジェクトの支援を求め、本日9月15日からクラウドファンディングを実施します。原発事故から6年半が経った現在、なお放射線レベルが高い地域へ...

2017/09/28 グリーンピース、11日間でクラウドファンディング250万円目標達成ー ー「福島のお母さんを国連に送りたい」800人に支えられ、原発事故被害者の実情を...

プレスリリース|2017-09-28 16:00

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、東京電力福島第一原発事故により故郷からの避難を余儀なくされている女性(園田さん:注1)を、10月にスイス・ジュネーブで行われる国連人権理事会の普遍的定期的審査(UPR:注2)事前セッションに送るプロジェクトの支援を求め、9月15日からクラウドファンディングを実施し、短期間で当初の目標額を大幅に上回るご寄付をいただきました。深く感謝申し上げるとともに、皆さまの当問題への関心をしっかりと受け止め、原発事故被害者の実情...

『遠い日常:福島・飯舘村の民家における放射線の状況と潜在的生涯被ばく線量』

出版物|2017-03-15 13:00

本報告書は、2016年11月に飯舘村の北部、南部、中心部の7軒の民家で実施した放射能汚染レベルの調査結果をまとめ、生涯(70年)被ばく量を推計した「No Return to Normal」の日本語版です。

「格差ある被害 原発事故と女性・子ども」

出版物|2017-03-07 13:00

本報告書は、日本の文化的・社会的・経済的な状況を背景とし、特に弱い立場に置かれる女性や子どもに東京電力福島第一原発事故が与えた影響について、既存の研究からの視点と理論を紹介するものです。 東京電力福島第一原発事故からこれまで6年間の日本政府の対応が、数多くの人権侵害を引き起こし、特に社会的弱者であり、かつ放射能の影響をより強く受ける女性と子どもに深刻な被害を及ぼしたと指摘しています。

1 - 1050の結果。

ページごとの結果
10 | 20 | 50