6月25日(木)まで、青森で開催。



この数ヶ月間、準備を続けてきたTシャツ展がついに6月5日スタート! 準備期間中には、グリーンピース・チャイナの香港オフィスからFanny、オランダにあるグリーンピース本部からJulesが手伝いに来て、キレイにTシャツを展示してくれました。彼女たちのセンスは驚くほど抜群。しかも、数ミリのズレも見逃さずに直していました。ぜひ、そんな視点からも展示しているTシャツをご覧になってください。6月25日(木)まで開催しています。



T-シャツ展の準備をする香港オフィスのFanny、グリーンピース本部のJules (C)Greenpeace/Jeremy Sutton-Hibbert

さて、5日のオープニング・セレモニーには、多くの報道関係者のほか、グリーンピースをサポートしてくださっている方々が駆けつけてくれました。そして、その場でオリジナルTシャツ作りを披露。手書きのメッセージには「ふーどまいれーじ」と、地産地消を訴えたTシャツができあがりました。


「着て・見て・守る地球----グリーンピースTシャツ展」のオープニング・セレモニー

この「着て・見て・守る地球――グリーンピースTシャツ展」では、その場でオリジナルTシャツが作れるようにもなっています。もちろん、作ったTシャツはその場でお持ち帰りできます!


オリジナルTシャツの作成(C)Greenpeace/Jeremy Sutton-Hibbert

そして、Tシャツ展がスタートして初の週末。たくさんの人が青森コミュニケーションセンターを訪れ、Tシャツを通して環境問題に触れてくださいました。


「未来に向って!」とメッセージを書き込んだオリジナルTシャツ

Save the Paradise Forestという原生林保護のキャンペーンのときに作られたTシャツに、「未来に向って!」とオリジナルメッセージを書き込んだ女性は、野菜はビニール袋ではなく新聞紙で包んでくれるところで購入していますと、自身のエコ習慣を教えてくれました。


「未来に向って!」とメッセージを書き込んだオリジナルTシャツ

みなさんか作ってくださったオリジナルTシャツは、どんどんこのブログで発表していきますので、お楽しみに! まだ作っていない方は、オリジナルTシャツを作りに青森コミュニケーションセンターにいらしてくださいね。


詳しくはこちら