ツイート
 

前回の国政選挙で投票しなかった人、約5000万人。

有権者の47%が棄権しました。

だから、今回もとても心配をしていたところに、著名な方からの「棄権」の呼びかけがあり、愕然としました。

そんなときに、ツイッターで流れてきたオバマ元大統領が投票を呼びかける言葉。

原典を調べると、ハワード大学の卒業式での演説でのことでした(注1)。

「投票しない言い訳はありません。投票するため命を危険にさらす必要もありません。それは他の人々がすでにあなたのためにしてくれました」

このイルコモンズさんの動画「投票できるということ」には、そんな「他の人々」が映し出されています。

どうか、貴重な一票を棄ててしまわないでください。

そして、その一票を、まわりの方へ、投票を呼びかけることで二票にも、三票にも増やしてください。 

前回の国政選挙での棄権の理由の一位は、「関心がなかったから」

選挙は政治。政治は、くらし、仕事、結婚(同居)、環境、出産、病気、老い、夢… わたしたちのすべてに関係あること。

関心がない、という方に、どうか、そのことを伝えてください。

そして、投票する権利は、決して当たり前に存在しているわけではないことも。

 

緑ゆたかで、戦争のない社会を投票で

グリーンピースは、普遍不党の立場であり、スタッフがグリーンピースとしての立場で、特定の政党、候補者を応援することはありません。

けれども、スタッフが、個人の立場で それぞれの判断に基づいて、選挙ボランティアをすることなどはむしろ奨励されています。

一人ひとりが社会を変える力を信じ、大切に考えているからです。

緑ゆたかで、戦争のない社会をいっしょにつくってくれる国会議員を、この選挙でたくさん増やしましょう。

 

*前日まで、期日前投票ができます。

ツイート
 

 (注1)オバマ大統領のスピーチの原文はこちら


 

グリーンピースは、政府や企業からお金をもらっていません。独立した立場だからこそできる活動で、私たちの知らないところで進む環境破壊や生態系への影響を明らかにしています。寄付という形でも一緒にグリーンピースを応援していただけませんか?

寄付する