シリーズ第1回:海の現状について

シリーズ第2回:漁業現場で起きていること

シリーズ第3回:資源管理

シリーズ第4回:ラベル表示でどこまで分かる?①

シリーズ第5回:ラベル表示でどこまで分かる?②

シリーズ第6回:私たちにできること

 

こんにちは、海洋生態系担当の田中です。

これまで「海・漁業・流通のいま」シリーズでは、海から魚がどんどん姿を消している最も大きな原因は魚の獲り過ぎであること、持続可能に魚を獲り続けるためには資源管理のルールを皆で守る必要があるのに、ルールを守らない企業・漁業者が後を絶たない現状についてお話ししてきました。

子どもたちや孫たちの世代の先まで、ずっと魚のある暮らしを引き継いでいくためには、持続可能な漁法で獲られた魚を選んでいくことが必要です。

私たちにとって魚はとても身近な食材です。でも、食卓に並ぶ魚が、どこから、どのようにやってきたのか知っていますか? 通常、私たちが魚を買うときに、その魚の情報を知る唯一の手がかりは商品のラベルだけです。では、ラベルの表示はどれだけの情報を私たちに教えてくれているのでしょうか? 私たちは、「持続可能に獲られた」魚を選ぶことができているのでしょうか?

ラベル表示その①:国産? 海外産?

国産の場合、「国産」の文字を表示する必要はありません。その代わりに漁獲水域名(魚を、海のどこで獲ったか)の表示が義務付けられています。では、そもそも国産とはなんでしょう? 国内生産品の定義は「日本籍船の漁獲物」のことを指します。日本籍船とは、船の国籍登録が日本であるということ。つまり、日本籍を持っている船が日本から遠く離れた海で獲ったものであっても「国産」の扱いになります。たとえば、日本船が南太平洋の島しょ国周辺でメバチマグロを漁獲した場合、商品のラベル表示は「太平洋 メバチマグロ」となり、国産扱いの商品です。

では、逆に「海外生産品」とはなんでしょうか。日本以外の国・地域に船籍のある船が獲ったもののことです。この海外生産品には漁獲水域名の表示義務がなく、原産国名の表示のみが義務になっています。では、「原産国」とはどういう意味でしょうか。消費者庁によれば、原産国は世界税関機構(WCO)の協定に基づいて下記のように定められています。

 「一の国又は地域の船舶により公海並びに本邦の排他的経済水域の海域及び外国の排他的経済水域の海域で採捕された水産物」については、当該船舶が属する国が原産国である ※1

 つまり、船で獲る魚の場合、どこで獲った魚であっても船籍のある国が原産国になります。たとえば、台湾船が南太平洋の島しょ国周辺で獲ったメバチマグロはラベル表示では「台湾 メバチマグロ」となります。これではその魚が実際にどこで獲られたものか知ることができません。

※1 消費者庁  http://www.caa.go.jp/foods/qa/seisen01_qa.html#a32

 ラベル表示②:水揚げ港? 漁獲水域?

先ほど、国産品には漁獲水域名の表示が義務付けられているとお話ししました。でも、じつは「水域名の記載が困難な場合は、例外として水域名に代えて水揚げ港名又はその属する都道府県名を記載すること」ができます。※2 漁獲水域名とは、魚を獲った場所のこと。水揚げ港とは獲った魚を運び、陸に上げた港のことです。スーパーマーケットに行くと、水域名ではなく都道府県名で表示がされている魚をたくさん目にしませんか。「例外として」という言葉が使われていても、具体的にどのような事項が例外に当たるのか示されなければ例外は機能しません。

たとえば「千葉県 メバチマグロ」という表示がなされている場合、それは「日本船籍がどこかで獲ったメバチマグロを、千葉県に属するどこかの港に水揚げした」という情報を私たちに提供しているに過ぎず、それが千葉県沖で獲られたものかは今の基準では分かりません。

※2 水産庁  http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/hyouzi/seisen.html

 

もちろん、自発的に正確な情報を記載し、消費者に正しい情報を提供しようと努めている方たちもいます。その一方、規則の甘さを利用して、許可のない海域で違法に獲られた魚が、どこで獲られたものなのか分からないよう偽装され流通する事態も実際に起きています。

私たちは魚を選んで買っているようで、じつは選ぶに足る情報を十分に提供されていません。私たちは知らずに違法に獲られている魚や過剰に獲られている魚を買って食べているかもしれないのです。

次回も、流通とラベル表示のお話です。

 

海の現状と問題は、まだ多くの人に知られていません。手遅れになる前に一人ひとりができることをしていくために、海の問題を周りの方に広めてください。わかりやすく海の現状を説明しているリーフレットを無料でお届けします。

お申し込みはこちらから

スーパーマーケットに「魚を選んで買えるように十分な情報を提供してください」という消費者の声を届けてください。

オンライン署名はこちら