食と農と明日のために

~平和で自然を愛する日本が、ミツバチたちにとっては一番危険な、農薬にまみれている国だなんて誰が想像できたでしょう?~

フェアトレードの専門ブランド「ピープル・ツリー」の代表のサフィア・ミニーさんが、グリーンピース・ジャパンが展開している、危険な農薬の使用を減らし、有機農業への転換をもとめて活動しているキャンペーン「食と農の明日のために」に、メッセージを寄せてくれました。



ミツバチたちが地上から姿を消していく。ミツバチにとっての脅威の一つは気候変動で生態系が壊れること。わたしたちがもっとサステナブルで環境にやさしいライフスタイルで過ごすことで、その影響は少なくできると思います。そして、平和で自然を愛する日本が、ミツバチたちにとっては一番危険な、農薬にまみれている国だなんて誰が想像できたでしょう?日本政府もヨーロッパの国々のように、ネオニコチノイド系農薬の規制を早急にはじめなくてはなりません。そのために、ぜひあなたもBEE MY FRIENDキャンペーンに参加して、この地球上で健全な生態系を守る、小さな働きもののミツバチの友だちとして、一緒に守っていきましょう。

サフィア・ミニー(ピープル・ツリー/グローバル・ヴィレッジ代表)


グリーンピースでは、食の安全と農業問題にフォーカスした、フェイスブックグループ「Bee my Friend」を立ち上げました。

最新情報をお伝えし、グループに参加したみなさんからも情報提供・発信をして頂き、グループ内でシェアしてこの問題を広めていこうと思っています。下記のボタンをクリックして、Bee my Friendの一員になってください。



サフィア・ミニー(ピープル・ツリー/グローバル・ヴィレッジ代表)
英国より来日後、91年にNGOグローバル・ヴィレッジを設立。95年にフェアトレードカンパニー株式会社(ピープル・ツリー)を設立。09年フェアトレードへの貢献により、英国政府より大英帝国勲章第5位(MBE)を受勲。著書に『Naked Fashion‐ファッションで世界を変える‐』など。


ピープル・ツリー
アジア、アフリカ、南米の10ヶ国、約150団体が手作りで生産した、自然素材を活かした衣料品やアクセサリー、 雑貨、食品などを扱っている。ピープル・ツリーは、WFTO(世界フェアトレード機関)の認証を受けており、経済的・社会的に 立場の弱い人びとに仕事の機会をつくりだすことで、彼らが自らの手で自立できるよう支援している。また、母体NGO 「グローバル・ヴィレッジ」とともにフェアトレードの普及、啓発活動を行っている。
www.peopletree.co.jp



グリーンピースでは、特に危険性が強くこどもの脳神経や、ミツバチなど生態系への悪影響が懸念されているネオニコチノイド系農薬など規制強化を求めて、働きかけを続けています。

~グリーンピースからお知らせ~
リーフレット「みつばちをまもること = 畑とごはんをまもること」ができました(無料)
お申し込みは、この画像をクリックして受付フォームへ!




<関連記事>

オランダ議会は、すべてのネオニコチノイド系農薬の使用禁止を票決。家庭でも使用禁止に。(2014/4/12)

ネコのノミとりにも? 身近にあるネオニコ商品(2014/4/7)

みんなの声が残留基準の緩和をとめています--クロチアニジンの残留基準の緩和が再審議になりました!(2014/4/7)

ネオニコ系農薬の残留基準が、国会でも問題に。(2014/3/13)

韓国でもネオニコ系農薬の禁止、始まっています! (2014/03/12)

ミツバチの大量死に関係するフィプロニル、処理された種子もEUで3月から使用禁止に(2014/3/6)

立ち上がった生産者たち――ネオニコ系農薬の使用禁止を訴え(2014/03/4)

署名12,739筆!ネオニコに反対する署名とメッセージを厚労省に提出しました(2014/2/18)

ミツバチがいなくなったら、いったいどうなるの?(2014/2/6)

残留農薬を増やさないで! 厚労省との緊急交渉の報告&署名を2月13日まで引き続き集めます!(2014/2/3)