こんにちは、エネルギー担当の高田です。

鹿児島県の九州電力 川内原発の再稼働を、伊藤知事が承諾しようとしています。

あれだけの原発事故があったのだから、きっと万全の体制なんだろう、教訓は生かされているんだろう、と思いますよね。でも、現状は、残念ながらまったく違うんです。

例えば、もしも原発事故が起きたとき、どうやって住民を被ばくさせないように守るのか、肝心の避難計画は穴だらけ。津波危険地帯が一時集合場所になっていたり、そもそも原発から30キロ以遠の地域は避難計画すらない状態です。

 

写真:鹿児島県庁の正面入り口横に地元住民がテントを設置、24時間の座り込みを行っています。

福島の教訓を、生かしてほしい

グリーンピースは福島県で、東京電力 福島第一原発事故の影響を調査し、その結果を10月31日に鹿児島県に提出しました(詳細はこちら)。

再稼働の判断をする前に、福島原発事故の影響をぜひ改めて直視して欲しいと思ったからです。全国のみなさんからの17,619筆の「とめよう、再稼働」署名も合わせて、伊藤知事あてに提出しました。

60万人の全市避難?

福島県飯舘村は、第一原発から約40キロ離れた美しい農村でした。東京電力の福島第一原発事故で、6000人の村民全員が避難対象となり、3年7カ月たった現在でも、放射線量が非常に高く、全村避難が続いています。

鹿児島県の県庁所在地、鹿児島市は川内原発から40キロ圏。県庁のある中心地は約45キロの距離にあります。飯舘村の例を考えれば、鹿児島市の60万人の住民が長期間の避難をする可能性を否定できる人はいないでしょう。


再稼働前に、避難計画作る予定なし

でも、グリーンピースが10月31日に県庁を訪れ、鹿児島県危機管理局原子力安全対策課に、鹿児島市全体の避難計画について確認したところ、現在、原発30キロ圏外の避難計画はなく、「再稼働前にそうした計画を作る予定もない」とのことでした。万が一のとき、計画もなく、どうやって60万人もの住民の安全を守れるのでしょうか。

 

いまならまだ間に合います――原発事故を繰り返さないこと

残念ながら、福島原発事故は防ぐことができませんでした。

でも、今なら、日本で第二の原発事故が起こらないようにできます。

住民の命と暮らしを守る立場にある伊藤知事に、福島原発事故の教訓を生かし、川内原発の再稼働を認めないことを、ぜひ届けてください。

原発事故を繰り返さないために、一緒に行動しましょう。

 

鹿児島に、あなたを必要としている人々がいます


写真:鹿児島県庁の正面入り口横に設置したテント前でメディアに応える地元の方

地元鹿児島では、住民の方々が再稼働反対を訴え、10月31日から10日間の24時間座り込みを開始。
県庁の正面入り口真横にテントを設置し、様々な困難をこえて、行動を続けています。

激励に立ち寄るだけでも、力になります。
ぜひ、応援に駆けつけてください。とくに7日金曜日の朝が重要です。

以下、座り込みを行う「反原発・かごしまネット」より呼びかけ転載です。

ーーーーーーーーーーー
多くの人が反対しているということを、具体的に可視化させる必要があります。

★ 時間を作って、ぜひお越しください。
   泊まることもできます。毛布4、シュラフ(寝袋)2はありますが、マイ・シュラフをお持ちいただいた方がいいかと思います。

11月5日(水)6日(木)7日(金)は再稼働を決定しようという鹿児島県臨時議会が開かれます。
毎朝9:00から集会を行います。そのあと、議会傍聴へ移ります。

重要なのは11月7日(金)です。9:00から集会をします。ぜひ、総結集をお願いします。
ーーーーーーーーーーー
鹿児島県庁へのアクセスはこちら。

 


 

ぜひ、とめよう再稼働オンライン署名にご協力ください。

フェイスブックグループ 「YES! 脱原発」に参加して、いっしょに再稼働をとめましょう。

 

 

【関連ブログ】

>>川内原発の再稼働審査書は不合格です。あなたにできる3つのアクション

>>祝! 原発ゼロ1年――あなたの疑問におこたえします

>>川内原発再稼働を止めている人たちにあってきました

>> 川内原発おとなりの市で人口過半数が再稼働反対で署名

>>大飯原発差し止め判決を世界に!英訳できました

>> 原発ゼロ9か月を伝えよう!地元でも半分弱が知りません。川内原発地元住民意識調査

>> 原発事故!そのときあなたは逃げられる?川内原発編

>> #とめよう再稼働 14,360筆+あなたの声、手渡しました。鹿児島編

>> もう一度、週末鹿児島へ行ってきました。とめよう川内原発再稼働

>> 週末は鹿児島へ! とめよう川内原発再稼働

>> 原発メルトダウンまで20分--避難時間は2日半!?

>> くまモンも40km圏! 鹿児島の川内原発を止めておくべき4つの理由

>> いいね!原発ゼロ6か月。各地で再稼働をとめているグループとつながろう

>> 鹿児島の川内原発——住民の安全守る準備なく、再稼働?

【関連項目】 原発フリーの明日>>