こんにちは。海洋生態系担当の花岡和佳男です。

 太平洋クロマグロ国際会議、始まる

初期資源の4%しかもう海に残っていない「本マグロ(太平洋クロマグロ)」、いつ絶滅危惧種に指定されてもおかしくない状態です。

海には初期資源の4%しか残っておらず、さらに漁獲量の98%もが、海に卵をうむ前に漁獲されています。

このままでは本当に、海からも食卓からも「本マグロ」が姿を消してしまいます。

この魚の国際漁業規制について話し合われる国際会議、WCPFC第10回北小委員会が、9月1日から4日間、福岡で開催されます。もし今回の国際会議で適切な対応が合意されないようであれば、禁漁措置しか資源回復への道はない……そういう深刻な状態です。

今年も私、グリーンピースを代表してこの会議に参加して、ロビー活動や現地からの情報発信を行います。

 

GREENPEACE  X  WWF  X  PEW

さて、本日私たちは、WCPFC第10回北小委員会の開催を前に、国際環境NGOであるWWF(ご存知パンダのマーク)とPEW(アメリカに本部を置く団体)と一緒に、東京で国内外のメディアを対象とした合同記者会見を開きました。

太平洋クロマグロにおいて世界最大の漁業国であり、一大市場国でもある日本の責任は、とても大きいもの。漁業規制においては、水産庁がようやく重い腰を上げ、少し前進を始めましたが、流通や消費サイドからの動きは未だにとても限定的

一昨日にグリーンピースが発表したスーパーマーケット調達調査の結果も紹介しながら、太平洋クロマグロの資源状態や漁業管理について説明し、行政やマーケットの取り組み強化や、国際協力の緊急必要性を訴えました。

 グリーンピースのポジション・ペーパー

 

漁業規制を求めるのは漁業者や流通業者たち

「漁業規制は漁業者から職を奪うのでは?」というご意見をよく聞きますが、実際に規制の必要性を訴えているのは、多くの沿岸の漁業者さんや流通業者さん。

本来はたくさん獲って売って儲けたいと思う方々がこんな訴えをするほど、事態は深刻ということです。

 

 

水産庁もこれまでより頑張っている?

未成魚(子どもや赤ちゃんのマグロ)の漁獲量を2002₋2004平均の半分にしようとする国際合意に向け、水産庁が国内外で積極的に動いています。

もちろん持続性の確保にはこれだけでは大きく足らないのですが、それでもこれまでと比較すると、かなりの前進です。

来週の会議で、水産庁の提案に国際合意を得られることは最低条件の一つに過ぎません。その先にどれだけ進めるか、注目です。

 グリーンピースのポジション・ペーパー

 

足らないのはマーケット・イニシアチブ

世界一大市場国である日本にいま最も欠けているのは、そのマーケット側からの問題解決へ向けたイニシアチブ。

問題山積みの未成魚(子どもや赤ちゃんマグロ)や産卵親群(妊婦さんマグロ)が当たり前のように薄利多売され、しかも消費者に十分な情報が提供されないまま売られています。

このままでは、スーパーがお客さんを共犯として巻き込む形で、この魚の資源を枯渇させてしまいます。

詳しくはこちら