国際環境NGOグリーンピース・インターナショナルは本日9月20日、インドネシアの森林破壊に関する調査結果のレポートを発表し、パーム油生産者や世界的ブランドを展開するユニリーバ、ネスレ、コルゲート・パルモリーブ、モンデリーズ・ジャパンなどが、過去3年のうちに、シンガポールの国土の約2倍の面積にあたる熱帯雨林を破壊したことを明らかにしました。

こちらは、レポート『The Final Countdown: Now or never to reform the palm oil industry』エクゼクティブサマリー日本語版です。

森を壊すパーム油にさよなら

森を破壊するパーム油を使うのをやめるように大企業に…

参加する ×