先週水曜日の早朝、驚くべきニュースが耳にはいってきました。

ブラジル政府の環境省がアマゾンの最後の手つかずの川の一つ、タパジョス川に建設予定の巨大ダムの認可を取り消すというのです!

私は息がとまりそうになりました。

心臓の鼓動が普通の速さに戻るのを待って、グリーンピースの同僚やムンドゥルク族のリーダーに電話をかけて、ニュースを確認しました。

そして今日(現地時間8月4日)、正式に発表されました。

ブラジル環境省は、タパジョス川の巨大ダム建設を中止したのです!

世界中で署名してくれた一人ひとりのみなさんと、このすばらしいニュースを分かち合いたい気持ちです。タパジョス川の先住民族・ムンドゥルク族の人々と一緒に、声を上げてくれて、本当にありがとうございます。

私たちは、ブラジル政府は遅かれ早かれ、巨大ダム建設が、タパジョス川の環境や先住民族の生活に大きな影響を与えることを、認めざるをえないだろうと確信していました。

そして今、環境省の決断により、巨大ダムの建設認可のプロセスは前に進めなくなったのです。

世界中から120万人もの人々が、ムンドゥルク族の人々と一緒に立ちあがり、タパジョス川のダム建設に反対してきました

さらに、国立先住民財団(FUNAI)やパラー州の州検察官など、ブラジル国内の団体も、巨大ダムが建設されればムンドゥルク族の故郷が奪われてしまう、それは違憲行為である、として、環境省がダム建設の認可を取り消すことを勧告してきました。

ムンドゥルク族の土地の一部、サワレ・ムイブ(Sawre Muybu)地区は、先住民の土地として公認されるプロセスの途中にありますが、ダムが建設されてしまえば、水の底に沈んでしまっていたかもしれないのです。

この素晴らしいニュースの余韻に浸っていたい気持ちですが、その一方、タパジョス川やほかのアマゾンの川を水力ダムから守るために、まだまだするべきことがあります。

タパジョス川をはじめ、アマゾンの熱帯雨林を流れる多くの川の流域で、42の巨大ダムの建設が計画されています。

熱帯雨林とそこに住む動植物の命を守ることがどれだけ大切かを考えていない、攻撃的な経済モデルの一端がそこにはあらわれています。

これまでにアマゾンで建設されたダムは、その土地のコミュニティに悪影響を与え、環境を破壊し、関連した会社は汚職のスキャンダルで窮地に陥っています。

私たちは、これらのダムを一つひとつ、中止していかなければなりません。

キャンペーンはまだまだ終わりではありません。

アマゾンの森と川を守るため、先住民族の人々とも手を携えながら、活動を続けていきます。みなさんも、ぜひ引き続き応援をお願いします。

ダニクレイ・アギアル Danicley Aguiar

グリーンピース・ブラジル アマゾンキャンペーナー

キャンペーンの詳細はこちら

関連記事:Environmental licence for São Luiz do Tapajós hydroelectric dam denied(英文)


 グリーンピースは、政府や企業から一切お金をもらっていません。独立した団体だからこそできるこうした活動で、市民の知らないところで進む環境破壊を暴き、政府や企業に働きかけています。グリーンピースの活動を、ご寄付という形でも活応援して頂けませんか?

寄付する

<<こちらもおすすめ>>

小売店からオーガニックのエネルギーが動きだす!

「ルール通りの農薬管理」の落とし穴

“農薬ありき”の農水省が、オーガニックの足を引っ張っている

調査結果を発表!「有機食品を増やす予定なし」ってどういうことですか?

同時にOK!電力会社スイッチとソーラーパネル設置:じぶん電力【電力会社レポート】

いま、グリーンピースが福島県沖海洋調査をする理由

日本一の原発集中地域・関西地方&福井県で活動する理由

【関西電力】再稼動は危険なギャンブル

【東京電力】汚染水の海洋放出は禁止を

裁判でがんばる。動かさない。

20年延長?原発はそんなにもたない

携帯電話の機種変更よりも簡単で拍子抜け【電力会社スイッチ体験談#1】

「マグロがいる海がいい」ですよね?

マグロが絶滅したらやばい、3つの理由

ハッピー「ワールドオーシャンズデイ」!世界の海でステキな変化が

ライターについて

グリーンピースは、環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOです。世界中の300万人以上の人々からの寄付に支えられ、企業や政府、一般の人々により良い代替策を求める活動を行っています。ぜひ私たちと一緒に、行動してください。

グリーンピース・ジャパン

Comments

あなたの返答を残す

Discussion

Close